体調がよくなるどころか痩せてきました

● 体調がよくなるどころか痩せてきました。

小泉です。

月に1~2回、メンテナンスでいらっしゃるお客様の事例。

毎回内臓にすごいストレスがかかっているのです。

カラダは全身つながっていることは、何度も説明してますよね^^

なかには、そんなところまで!なんてところも。

当然、内臓と筋肉も、関連性が強いです。

メリックチャートという、内臓や筋肉との関係を表にしたものまであります。

佐野市パーソナルトレーニング

なかなか、表の通りに行くことはないのですが。

調整は2~3回のトレーニングで、ほぼゆがみは解消します。

カラダの軸がとれて、筋肉が正常に動くんですね。

今回のお客様は、毎回乱れているので、おそらく習慣になっているもののなかに、原因があるのだろうと予測しました。

習慣になっているものの代表は、人・物・場所・環境によるストレスです。

これについては、また稿を改めてお話します。

内臓の負担の原因は、メンタルストレスと食生活。

今回は、カラダの状態から食生活に焦点をあてました。

原因は、小麦アレルギー。

食べてすぐあらわれる即効性のものではなく、食べてから数時間~数日たってあらわれる遅発性のもの。

小麦アレルギーの人は、小腸と腎に負担がかかりやすいです。

関連する筋肉や、筋の反射をみると、小麦をカラダが嫌がっているような反応でした。

ついでにチェックすると、乳製品にもアレルギーがありそうな感じでした。

話を伺うとびっくりしたようで、仕事が忙しいとカフェラテやパンで食事を済ますことが多いそうです。

仕事の忙しさと、食事からのストレス。

ダブルパンチで、内臓に負担になっていたのです。

その旨をお伝えし、小麦と乳製品を控えてもらうことにしました。

後日メールをいただきました。

「ほんの数日、小麦と乳製品を控えたのですが、体調がよくなるだけでなく痩せてきました。」

こちらの方は、ダイエットが主目的ではないのですが、それでも効果がでるんですね。

こちらを読めば、ダイエットに成功した方がどんなことをしたのかがわかりますよ!