骨盤をリセットしても、カラダのゆがみは改善しない2つのワケ。

● 骨盤をリセットしても、カラダのゆがみは改善しない2つのワケ。

小泉です。

今年で3回目になりますが、携帯を落としてしまい液晶にヒビが入ってしまいました。

以前使っていたauでは、そんなことなかったのに。

iPhoneは本当に使いづらい^_^;

液晶が元に戻らないかなと、眺めながらこの記事を書いています(笑)

さて本題。

伊勢崎市個別指導の出張ジム
整体やストレッチポールなどで、骨盤リセットや骨盤調整をすると思いますが、身体を整えるだけならそんなに難しくはありません。

自分も整体に通ったり、ストレッチポールを使ってたくさんエクササイズをしましたが、その場ではたしかにカラダは整います。

問題は整った状態が、そんなに長くは続かないこと。

整体師がヘタだったり、ストレッチポールの使い方がよくない・・・だけではありません。

この記事では、骨盤をリセットしても、カラダのゆがみは改善しない2つのワケを考えていきます。

1:骨盤のゆがみの原因にアプローチできていない。


足利市整体
骨盤リセットと言っても、骨盤「だけ」を整えてもダメ。

足利市整体院
骨盤はカラダの中心にあります。

上には背骨があり、下には股関節があります。

カラダはつながっている。

つまり骨盤「だけ」がゆがんでいるのではなく、連結している上半身や下半身にもゆがみの原因があるのです。

ゆがみの原因をメジャーポイントと言ったりもしますが、それを外すとせっかく整えたゆがみがあっさりと元に戻ってしまうんですね。

経験上、骨盤以外でゆがみやすいのが、背骨・頭・足・内臓・メンタルなど。

1カ所だけでなく、いろいろな角度からカラダはもみていくべきなのです。

2:動作のクセまでは改善できない。


どちらかと言えば、こっちの理由の方が重要です。

小泉コンディショニングラボ
人は個々に動作のクセがあります。

自然とやりやすい動作を選んでいるんですね。

それが正しいのかというと・・・。

脳は「やりやすいから」やっているのであって、「正しいかどうか」までは判断していません。

運動する大きな理由は、正しい動作を再学習すること。

骨盤リセットでゆがみが整っても、間違った動作まではリセットされないのです。

整体も同じ、姿勢が良くなっても同じ。

産後ダイエットを例に挙げます。

妊娠すると骨盤がゆるみます。

しかし、出産してもゆるんだ骨盤が元には戻らない。

別の例として、捻挫して足を引きづっていたとします。

捻挫が完治しても、クセづいてしまった足を引きづる動作はリセットされません。

もうおわかりと思いますが・・・。

骨盤がリセットされても動作にエラーがあれば、また骨盤はゆがんでしまう。

筋トレの目的は「筋肉をつけるだけ」ではありません。

やはり筋肉がついただけでは、動作までは改善できない。

筋肉を鍛えて、動作も鍛える。

私が考える筋トレは、「正しい動作を覚え、無意識にできるまで繰り返し行うもの」です。

そして覚えたことを忘れないように、定期的に継続すること。

それを実践して正しく伝えることが、私の仕事なのです。

まとめ


最近では、お医者様や看護師さん、エステティシャンに介護業界、マッサージ師さんなどが、運動に注目されています。

トレーナーを始めた10年前には、考えられなかったことです。

現状よりよくしたい、良くなった状態を維持したい・・。

目的はさまざまですが、ありがたいことにお客様が増えています。

上で筋トレは筋肉を鍛え、動作を鍛えると言いました。

それ以外にも、脳や神経系を活発にしてくれます。

毎日をエネルギッシュに充実させるためにも、カラダを動かしてみてはいかがでしょうか?

▼こちらも参考に。
整体に筋トレを組み合わせると、整体の効果が持続します。

The following two tabs change content below.
小泉 智明
トレーナー歴13年目、これまでの指導人数は1000人以上。 ダイエットやボディメイク、体軸コンディショニングを専門にしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルを趣味にしています。⇒プロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加