丹田で冬太りを解消する、カラダがポカポカ温まるダイエット

● 丹田で冬太りを解消する、カラダがポカポカ温まるダイエット

小泉です。

コーヒーが好きすぎて、豆から引いて飲んでいます。

朝が苦手なんですが、コーヒーを淹れる楽しみがあるので苦になりません。

缶コーヒーと並べられでも、味の違いがわかる自信はありませんが(笑)

でも自分で淹れたコーヒーは格別ですね。

今日はカラダが温まるようなセルフケアをご紹介します。



冬はカラダがこわばりやすい


寒くなると、身体の節々が痛くなった経験はありませんか?

季節の変わり目は、自律神経が乱れやすい。

特に交感神経が過剰になり、カラダがこわばってしまいます。

からだがこわばると呼吸が浅くなり、カラダが痛みに対して敏感になるのです。

カラダが冷えているせいもありますね。

テニスボールストレッチ
テニスボールストレッチなどで筋膜をリリースしても、なかなかほぐれてくれません。

丹田を意識してカラダを整える


丹田とはおへその少し下にある場所で、カラダの中心にあります。

丹田 インナーモード
丹は「血液」を、田は「育てる」を意味しています。

なので「命を育む場所」と言われています。

人によっては、「インナモード」や「体軸」、「ハラ感覚」なんて表現をされています。

意味はすべて同じ。

丹田を意識する方法


実際に丹田というものがあるわけではないので、意識するのは難しいかもしれません。

あくまで想像力が大事になります。

ざっくりでいいので、おへその下に手を当ててみて呼吸をゆっくりしてみましょう。

最初はうまく動かないかもしれませんが、少しづつ丹田が動くようになります。

そうするとカラダのこわばりが和らいでくる感覚が得られますよ。

ちなみに私は運転中や人混みで、よく丹田を意識します。

平常心を保てるのでおすすめです。

丹田が意識できるとカラダが温まる


呼吸が慣れてくると、丹田が活性化しできます。

産後ボディメイク
力みが取れて、カラダがす~っとラクになりますよ。

すると血流が良くなり、お腹や手の先や下半身がポカポカしてきます。

思わず暖房を切りたくなるくらい。

その状態でカラダを動かすと、カラダがスムーズに動いて軽くなるんですね。

代謝アップ、消費カロリーもアップしてきますよ。

寒いとこたつで丸くなりたくなるので、この冬は丹田意識を高めて寒さに負けないようにしたい。

寒いからと言って、こたつで丸くなってばかりいられませんからね。

まとめ


寒くてカラダを動かしたくない方は、おへその下に手のひらを当ててみましょう。

その状態で深く深呼吸を数回。

血液が全身に流れてくるようなイメージがしてきます。

寒さを乗り越えるだけでなく、健康的で女子力をあげてみませんか?

年末年始に体重が増えてしまったら、こんな方法で正月太りを解消してみましょう。

The following two tabs change content below.
小泉 智明
トレーナー歴13年目、これまでの指導人数は1000人以上。 ダイエットやボディメイク、体軸コンディショニングを専門にしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルを趣味にしています。⇒プロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加