朝だけ腰が痛いのはなぜ?毎朝痛かった腰の対処事例

● 朝だけ腰が痛いのはなぜ?毎朝痛かった腰の対処事例。

小泉です。

朝だけ腰が痛いのはなぜか?

こちらでは、実際に対処事例を書いていきます。

この方は腰だけでなく、あちこち痛いとおっしゃっていました。

呼吸が浅いことによる高閾値な状態。


このエクササイズは筋力を使わないのですが、高閾値な人はガチッと固めてしまいます。

なぜか、エクササイズ後に息が上がる。

これは、リラックスができないために、常に戦闘モードになっています。

脱力できないから、痛みに弱い状態だったんですね。

前橋市個別指導の出張ジム
チェックしたら尾骨にゆがみあり。

尾骨は自律神経と関わっている骨です。

呼吸は自律神経に介入できる、唯一のチャンネルと言われています。

呼吸が浅いと肋骨が開いてしまう、リブフレアと言う姿勢になります。

テレビに出始めの、オードリーの春日のような姿勢。

リブフレア
肋骨が開くと腹圧が弱いので、体幹が安定しないので腰が反りやすくなります。

また、肩甲骨を寄せるのも、最近では良くない姿勢と言われています。

肩甲骨をよせることでも、肋骨が開いてしまうのです。

このお客様は、肩甲骨を寄せるクセがあって、めっちゃ硬かった^_^;

グルートハム
腕を遠くに伸ばして、背骨と肩甲骨の間をストレッチ。

これらのアプローチで、だいぶ腰への負担が減ったそうです。

整形外科など病院で原因がわからないと言われたら、それは「腰が悪い」のではなく「腰に負担をかける動作」の問題です。

動作に問題があるのなら、解決方法はやはりエクササイズではないでしょうか?

子供を抱っこしてなった腱鞘炎と手首の痛みの解消事例。

The following two tabs change content below.
小泉 智明
トレーナー歴13年目、これまでの指導人数は1000人以上。 ダイエットやボディメイク、体軸コンディショニングを専門にしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルを趣味にしています。⇒プロフィールはこちら

足利市パーソナルジム小泉コンディショニングラボ

代表 小泉智明(こいずみともあき)

TEL:080-5373-6391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー料金表
パーソナルトレーニング初回体験コース
お客様の声
プロフィール
アクセス
メルマガ
お申し込みフォーム
問い合わせフォーム

*出張パーソナルトレーニング地域

足利市・佐野市・栃木市・太田市・館林市・桐生市・みどり市・伊勢崎市・前橋市など、栃木・群馬県内

ダイエット・ボディメイク・ストレッチ・体幹トレーニング・骨盤矯正をマンツーマンで行うパーソナルトレーニング専門のプライベートジムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加