足利市ボディメイク!体重は減らすな!見た目痩を変えるなら体脂肪率を減らそう

● 「体脂肪率が減って、確実に痩せていることを実感できます。」

小泉です。

人には大なり小なり、変身願望があります。

足利市パーソナルトレ-ニング
今とは違う自分になりたい。

もっとスペックを上げたい。

どんな願望にせよ、どうなりたいかを具体的にする必要があります。

こんな感想をいただきました。

「体脂肪率が減って、確実に痩せていることを実感できます。体重が減ったわけではないのに不思議です^^」

見た目を変えるには、何を増やし何を減らすか?


私は23のころに勤めていたジムでは、お客様に指導する前に、自分の肉体改造することを義務づけられます。

研修の1つで、ジムのプログラムをまず自分が体験するのです。

足利市ジム
人のカラダを変えるには、まず自分のカラダを変えられないといけない。

そんな社訓があったわけです。

体型をみて減量組と増量組に分けられるのですが、私は増量組になりました。

10キロの増量を命じられたのです。

10キロの増量経験で、何を増やしたのか?


まぁ、きつかった^_^;

減量の方が、遙かにラクでした。

増量と言っても、ぐうたらするわけでありません。

もちろん、トレーニングをしての増量。

ぐうたらな生活をして、脂肪「だけ」を増量するのではなく、筋肉を増やして増量すること。

期間内に達成はできませんでしたが、当時61キロだった体重は71キロまで増量しました。

さすがに、筋肉だけで増量するのは難しいので、脂肪もいっしょに増やしましたけど。

見た目は、周りが驚くほどに変わりました。

持っていた服はピチピチで、久しぶりに会った友達はかなりビックリしてましたね(笑)

このように「何をどう増量するか?」がポイントになるのです。

なりたいカラダを具体的にイメージする


芸能人やモデルの写真でも良いのですが、具体的なイメージが大事です。

足利市スポーツトレーナー
それによって、ダイエット法が変わるから。

何を減らすか、どこを減らすか、どう減らすか。

スタートとゴールがはっきりしないと、道筋もはっきりしませんからね。

体重が減るだけでは、目標達成にならない?


体重は「筋肉」と「脂肪」の増減で変わります。

ほとんどの場合、増やしたいのは筋肉、減らしたいのは脂肪なのではないでしょうか?

みためを変えるなら「体脂肪率」を、カラダを一回り小さくするなら「体重」を減らすと良いです。

体重が減れば脂肪も減ると思われがちですが、そう都合よく脂肪「だけ」を減らすことはできません。

少なからず、筋肉も減ることになります。

筋肉が減れば代謝が落ちる。

つまり、リバウンドしやすくなるのです。

脂肪「だけ」を減らしたければ、体脂肪率を減らすこと。


体脂肪率は、文字通り脂肪の割合のこと。

足利市ダイエット
カラダにどれだけ脂肪があるか?ということです。

体脂肪率を減らすなら、最初は体重を減らしてはいけません。

足利市イケメントレーナー
体重が減っても、脂肪の割合は変わらない。

今のボディラインが、1周り小さくなるだけです。

だから、筋肉を増やし脂肪を減らす。

そうやって分母である体重を維持しつつ、分子の体脂肪を減らすのです。

筋肉は「鉄」、脂肪は「綿」に例えられます。

同じ重さでもみためが違うと言う例えです。

まとめ


ダイエット成功のポイントは2段階。

足利市ダイエット
1:体脂肪率を減らす(脂肪の割合を減らす)
2:体重を減らす(体を小さくする)


目標は、体重なのか?見た目なのか?

目標達成のために、何を減らすかが重要です。

まずは、なりたいカラダをイメージしましょう!

願望レベルでもかまいません。

思い描くことから、目標への道は始まるのです。

The following two tabs change content below.
小泉 智明
トレーナー歴13年目、これまでの指導人数は1000人以上。 ダイエットやボディメイク、体軸コンディショニングを専門にしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルを趣味にしています。⇒プロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加