足利市体幹トレーニング!テニスで手打ちを改善する方法

体幹トレーニングをすると、エネルギーのロスを減らし、手打ちを改善することができます。

いくら筋肥大しても、そのまま競技に生かせるわけではありません。

筋力だけでは、競技パフォーマンスを向上させることはできない。

足利市テニス体幹

この記事では、パフォーマンスピラミッドの2階部分の、スペスフィックトレーニング(競技の特異性に基づいたトレーニング)について、お話ししていきます。

体幹の効果を左右するモノ

トレーニングの3大原則に、「特異性の原理」というものがあります。

カンタンに言うと、トレーニングしたこと「だけ」が上達すると言う意味です。

テニスがうまくなりたければ、テニスの練習をすることです。

ゴルフの練習をしても、テニスのスキルは上達しません。

足利市体幹プランク

こちらは、体幹トレーニングの代表とも言える、プランクという種目。

足利市テニス体幹

このトレーニングは、ベーシックトレーニングにはなりますが、テニスに上達には直接結びつきません。

その理由が、床に腕がついてカラダを支えている点です。

テニスのプレイ中に、地面に手がついたままプレーすることは、ほとんどありません。

いくら頑張っても、プランクが上達するだけ。

地面に手をついて、カラダを支えることがうまくなるだけなんです。

体幹だけでテニスは上達しない

体幹トレーニングは、スキルを支える土台に過ぎません。

体幹トレーニングだけを行ったグループと、技術練習だけを行ったグループで、どちらが競技能力が向上したかを試した実験があります。

体幹トレーニングのグループは、競技能力はあまり向上しなかったそうです。

練習に取り入れた、体幹トレーニングは上達したそうですが・・・。

トレーニングを頑張って土台がしっかりしても、最初は違和感を感じるのです。

パワー・スピード・可動域に、カラダが慣れていないためです。

サッカーの長友選手の、体幹トレーニングが話題になっていますね。

長友選手も体幹トレーニングだけで、パフォーマンスが向上したわけではないでしょう。

日々のチーム練習やスキル練習をしていることが、パフォーマンス向上につながっているのです。

体幹トレーニングは、あくまでもカラダの土台に過ぎないことを覚えておきましょう!

テニス動作をトレーニングする

テニスに多い動作と言えば、回旋動作(ねじる動作)です。

そもそも、人の動作は対角らせんに動きます。

対角らせんスパイラルムーブメント

左のお尻と右の背筋がつながっている。

筋トレや体幹トレーニングなどが、直線動作が多いためそればっかりやっていると、どうしても手打ちになりやすいのです。

手打ちの人は、力んでいて全身を連動して動かせていません。

これではテニスが上達しないばかりか、エネルギーロスも大きくケガのリスクが増えます。

テニス肘と言うのも、腕だけで力任せにスイングした結果、1番弱い肘が負担になるのです。

スイングのときにカラダが流れてしまうのも、対角らせんが連動していないために起こります。

動作の連動性を高める

足利市キネマティックチェーン

ちょっと雑な図ですが^_^;

動作の連動性を、鎖に例えて説明しますね。

どこか1つでも鎖が切れてしまうと、連動性は途切れてしまいます。

特に体幹部分が切れやすいために、補強する意味で体幹トレーニングを行うのです。

カラダの連動性を意識した体幹トレーニング。

力任せにやっても、うまくできません。

カラダの全面の連動性がポイントとなります。

応用編。

左右4回で1周してみましょう。

左右で違いがある方は、回旋(ねじり)の左右差がある可能性があります。

スイング動作向上の体幹

カラダを固めて1枚の板状に動くのではなく、ゆっくり1つ1つ丁寧にローリングしていくのがポイント。

筋肉で行うのではなく、あくまでも体幹「だけ」を使うエクササイズです。

手打ちの方は、おそらくうまくできないはず。

下半身の力を上半身に伝え、スィング動作でカラダが流れにくくなります。

テニス愛好家の方が、このエクササイズでパフォーマンスが、かなり向上したそうです。

コーチにも褒められたのだとか。

また四十肩の痛みが解消して、可動域も戻りつつあるそうです。

ぜひ、試してみてください。

まとめ

足利市テニス体幹

スキル練習もしないことには、テニスが上達しません。

しかし、スキルを生かすには、カラダの土台が大事。

パーソナルトレーニングは、カラダの土台をつくるトレーニング指導も行っています。

こういうトレーニングは嫌いな方が多いですが、ケガの予防や長く競技を行うためにも、是非取り入れてみてはいかがでしょうか?