糖質制限のダイエットするなら、「米」ではなく「パン」を減らしましょう!

腸に負担をかける食材は、体重を増やすので控えるようにしたい。

特に小麦。


美味しいですけどね。

ピザとかピザとか、それとピザに、ピザも美味しい。

でも・・・。

小麦は腸を汚す1番の食材です。

ダイエットの妨げにもなる。

小麦も全粒粉も同じ要注意食材


同じ理由で、パン粉や全粒粉も要注意。

小麦粉以上に、全粒粉は要注意。

一時期大丈夫と思って食べてたんですけど、なんか「違和感」があったのです。

後日、食事のセミナーで「全粒粉は小麦粉以上に腸を汚すよ~」って聞いて納得。

ほかにも、雑穀米も粗悪なものは、ほとんどが麦でカサ増ししているものがあります。

あわ、ひえ、きびなどは良質ですので、積極的に食べましょう。

カレーやシチューも小麦食品


あとは、「カレー」や「シチュー」のルウも要注意です。

小麦や脂のかたまりと言いいます。

クライアント様2名の方が、カレーのルウにストレス反応を示しました。

これらの食材は食べ過ぎると、

体重増加・老化の促進・肌トラブル・下痢・便秘・慢性疲労・集中力や体力の低下につながります。

あてはまる方は、食生活を見直してみてください。

小麦食品はあまりにも多い


日本で消費される小麦粉の約9割は、輸入の小麦に頼っています。


日清製粉のHPより

輸入するときにコンテナに虫がわくので、にクスリを大量にまいていると言われています。

小麦粉は加工食品ですから、どうしても内臓に負担をかける不純物が混じってしまう。

食べる量にもよるますが、ほとんどの人にアレルギーが出てしまう。

小麦でカラダがゆがむ


アレルギーと言わないまでも、筋反射でみると抑制反応を示すことが多い。

足利市筋の反射テスト
当然、脚長差が乱れて骨盤が歪む。


カラダが嫌がる食事を日々していることになります。

ストレスが蓄積していって、症状としてカラダに出てくることもあります。

私の場合ですが、パンを食べると確実にカラダが重たくなります。

気持ち悪くなる。

だから、パンを食べないようになりました。

糖質はアルコールと同じで、個々に「耐性」が違う


ビールをジョッキ10杯飲んでも酔わない人もいれば、グラス半分でへべれけになってしまう人もいる。

適正な量は、自分で見極める必要があるのです。

細かく見れば筋反射でみることもできます。

足利市筋の反射テスト
平均して60グラムに設定しています。

それで多くの人がダイエットに成功されていますから。

1日の食事のほとんどが、「糖質」と言う人も少なくありません。

いきなり、それらを変えることができなければ、小麦を使った食品から減らしていくのも1つ。

パン類・お菓子類・麺類・ビールなどなど。

ダイエットできて、カラダも健康になる。

内臓の負担も減るので、疲れにくいカラダになります。

最近、体力落ちたなって方は、まずは食事から見直していきましょう。

糖質制限の第1歩!まずは小麦を使った食品を減らそう。


私はほとんどパンを食べません。

と言うより、意識して食べないようにしています。

別に、パンが嫌いなわけではありません。

卵サンドとピザは大好きです。

好きなんですが、食べるとカラダが重くなるんですね。

以前から「何でだろうなー」って考えていたときに、出会ったのが「グルテンフリー」という言葉。

あなたも聞いたことはありませんか?

毎日食べているものに潜むアレルギーの影


グルテンフリーとは、ご存じない方に簡単に説明すると小麦アレルギーのこと。

小麦に含まれる「グルテン」という成分に、アレルギー反応がでるのです。

小麦は調理としてだけでなく、保存料としても使われているので、ほとんどの食材に使われています。

100パーセント防ぐことは不可能ですが、それでも小麦の多い食材を食べないことでもだいぶ違ってきます。

小麦には誰しもが、潜在的なアレルギーを持っている。


血液検査の結果にかかわらず、ほとんどの人に小麦に対する潜在的アレルギーがあります。

前橋市個別指導の出張ジム
どういうことか?

トレーニング前に、その日のゆがみをチェックするのですが、ある特定のゆがみを誘発することがわかりました。

小腸と腎臓です。

腎臓に関してですが、年齢とともに萎縮すること、解毒する臓器なのですが自浄作用がないので、疲れ果ててしまう。

以上のことから、それが原因でほとんどの人がなんらかの問題を抱えています。

腎臓自体に直接的問題がなくても、関連する大腰筋に影響がでやすい。

足利市大腰筋
大腰筋は立つ・座る・歩く・走る・登る・降りる、と言ったときに活動するので、動作中にも問題が出てきます。

脊柱と骨盤をつなぐ唯一の筋肉。

詳しくは、また項を改めてお話しします。

腸に負担をかける


小麦は小腸にも負担をかけます。

小腸は、栄養吸収の入り口。

負担がかかると、食欲をコントロールできなくなります。

過度な空腹状態になりやすく、どか食いしやすくなる。

ダイエットしたいときには、1番の問題になりますね。

先日、久しぶりにパンを食べたのですが、数時間後にはお腹に違和感を感じだして、ガマンできないくらいの空腹状態になりました。

普段あまり空腹を感じることはないのです。

やはり、パンを食べるときには、注意が必要だと改めて感じました。

いつものパンがあなたを殺す!


【チートデイ】

ダイエットが停滞しないように、その日だけ好きなモノを食べても良い日。

糖質制限やチートディってネットで調べると、カラダに良くないって言うサイトが結構あります。

というかね、何事にも「限度」ってあると思うんです。

その「限度」を超えれば、どんなことでもカラダには悪くなりますから。

自分に取っての「限度」を知らないと、限界を超えてしまってカラダに悪影響になる。

これって人それぞれなので、一概にこれが限界とは言えないのです。

私にとっては限界でも、あなたにとってはまだまだかもしれない。

その見極めって大事ですよ。

佐野市パーソナルトレーニング
自分の場合は筋反射で判断しています。

*筋反射・・・Oリングテストのことなんですが、権利の問題で「Oリング」とは言えないので、ここでは「筋反射」と表現しています。

で、チートディ。

ダイエットが良い感じに成功したので、イタリアンを食べに行きました。


久々のパスタは美味しかった。

問題はその後。

食後に強烈な眠気に襲われました。

感覚としてはお酒に酔った感じ。

やっぱパスタはダメだったか・・・

と思い筋反射テストすると、特に問題なし。

食べ過ぎか・・・。

筋反射とくに異常なし。

ん??????

もしやパンか?

筋反射抑制弱化。

あ~、やっぱパンか!!

小さいサイズのパンを食べただけですが、これが原因だったようです。

以前読んだ、「いつものパンがあなたを殺す」って本を思い出しました。


「いつものパン」があなたを殺す

結構、キャッチーなタイトルですが、まんざら大げさでもない。

高速道路で事故が起こるのって、食後のタイミングが多いそうです。

サービスエリアで糖質たっぷりの食事を取る。

血糖値が乱降下する。

そのタイミングで体脂肪がつきやすくなるのですが、もう1つ問題が起こります。

それは、強烈な眠気に襲われること。

脳がぼやけるんです。

一瞬の判断ミスが大きな事故につながる。

怖いですよね。

私は学生のころは、パンばかり食べてました。

「小泉、また菓子パン食ってるよ」

なんて言われるくらい。

そのせいか・・・

授業に集中できなかったり、体調に違和感を感じてました。

ちゃんと説明できないけど、何かがおかしい。

あと、キレやすい性格でしたね^_^;

ちょっとしたことでイライラして。

もしかしたらこのせいだったのかもしれない。

ダイエット目的の方に、糖質制限を進めています。

でも、「糖質をゼロにしろ」とは言っていない。

取り過ぎてカラダに負担になっている分は、減らしましょうとお話しています。

いま100の糖質を取っているけど、ホントは50で十分だとします。

とてことは50は余計なワケです。

パンが1個で足りるのに、欲張って2つ食べる。

その余計に食べた分が、体脂肪になりカラダに負担になる。

だから、「パン1個で足りるだろ」って話してるんです。

って言うと、

「いや、私って糖質食べないとダメな人なんですぅ~」

とか、

「糖質食べないと死んじゃう~」

って人まで。

クスリだってお酒だって、限度を超えれば体に毒になる。

カラダに良いものでも、どれだけ取ってもいいわけではない。

プロティンもそう。

以前に、プロティン飲み過ぎて体壊しましたから。

改めて思いましたね。

パンは食べないようにしようと。

限度は大事です。

食事のコントロールがカンタンになる。


ダイエットにおいて、「カンタン」と言う言葉を気安く使いたくはありませんが、ガマンすることはかなり減らせます。

お客様の感想にも多いのが、

「以前より食べる量が減った。」

「甘いものを食べたいと思わなくなった。」

「お菓子をつまんでも1つか2つでいいと思えるようになった。」

ダイエット中の食事というと、「ガマンすること」がイメージされるかもしれませんね。

我慢は改善ではないので、必ずどこかで反動が来ます。

リバウンド。

100パーセントリバウンドしない・・・なんてことはありえませんが、体重の増え幅が少なくなるので、戻すのも難しくなくなります。

ダイエット以外の効果も


ダイエット以外にも、体調の変化を感じる方もいます。

慢性的な疲労に悩んでいた方は、特に朝が起きられなかったそうです。

原因は前日の夕飯にうどんを食べることが多く、チェックするとうどんにストレス反応がありました。

足利市筋の反射テスト
うどんを想像してもらうと、筋の反射が落ちる。

他にも・・・。

頭痛に悩む別のお客様は、ストレスからお菓子をどか食いすることがあるそうです。

やはり筋の反射をみて合わない食材をピックアップして、控えた方が良いものをアドバイスさせていただきました。

ストレスを抱えやすい性格なので、お菓子を0にできたわけではありませんが、それでも以前と比べて頭痛がラクになったそうです。

グルテンフリーは、本当にグルテン0なのか!?


グルテンフリーの料理を食べてみましたが、小麦特有のストレス反応は否めません。

糖質0が本当に0でないように。

アルコール0が本当に0でないように。

あくまで0という表示をしているだけなのかもしれません。

食べすぎればカラダに良くないので注意しましょう。

さぁ、今日から糖質オフを始めよう!


糖質制限をするなら、米よりパンなどの小麦を減らしましょう。

1日でいいから小麦を、せめてパンを食べない日をつくってみてください。

健康的にダイエットするには、ガマンを重ねでもできません。

太る食生活から改善できること。

小麦を食べたくないと思えるようにすることで、ダイエットを加速できますよ^^

家族に八つ当たりしちゃいそうだから、食事制限なんてできないと思ってました。


「私、食事を制限するとイライラして、家族に八つ当たりしちゃいそうだから、絶対ムリだと思ってました。でも、全然ムリなく続けられて、5キロ痩せました。」

某ジムにあるような糖質制限は、脳にエネルギーがまわらなくなり、イライラしてしまいます。

だから、太らない糖質なら食べてもOKにしてます。

糖質と言っても、太りやすいものだけでなく、太りにくいものもあります。

太りにくい糖質は、食物繊維を含んでいます。

腸をキレイにするために、玄米やライ麦と言った繊維質を含む糖質をすすめています。

穀類に含まれる食物繊維は、整腸作用が強いのです。

便秘気味の方は、代謝が落ちるので痩せづらいのです。

便秘を解消するために、繊維質やミネラルを多く含む、デットクス効果の高いものを食べるのがおすすめです。

腸がきれいになると、過剰な食欲をおさえることができます。

たっぷり水を飲むとさらに効果的ですよ^^

The following two tabs change content below.
小泉 智明
足利市でパーソナルジムをしています。 2006年からトレーナーを始めて、これまでの指導人数は1000人以上。 フィットネス人口の裾野を広げるべく、主に運動が苦手な方を中心に指導。誰もが健康な人生を謳歌できる世の中にしたい。 そのために運動が苦手な人でもできる、エクササイズやダイエットについて発信しています。 ⇒プロフィールはこちら
申し込みや問い合わせはこちらから

小泉智明(こいずみともあき)

TEL:080-5373-6391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー料金
コンセプト
お客様の声
パーソナルトレーニングとは?
アクセス
申し込みフォーム
問い合わせフォーム

スポーツジム・フィットネスジム・ダイエットジム・トレーニングジム・ストレッチジム・肩こり・腰痛・整体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加