ゴルフスィングで腕の動きをよくして、手打ちを減らすための肩甲骨ストレッチ

小泉です。

肩甲骨は浮遊骨とも言われ、肋骨の上を滑るように動いています。

ゴルフ肩甲骨

肩甲骨が硬くて柔軟性がほしい場合「肩甲骨だけ」ではなく上半身全体の可動性を上げていくことが必要になります。

胸が開かずに猫背になってませんか?

特に胸郭の可動性は、どのスポーツにおいても重要。

胸郭が開かないと、猫背になりやすい。

肩甲骨が単体で動くわけではありませんよね。

どこか一分節単体で考えると、いわゆる手打ちになりやすい。

肩甲骨など上半身は、どれくらい動く?

足利市完全予約制のジム

上半身の可動性がどれくらいあるかは、このチェックでわかります。

左右の手がどれくらい近づくか?

痛みはあるのか?

必要なのが、可動性なのか安定性なのかも異なってきます。

本当にストレッチは必要?

可動域が狭いのは、単純にカラダが硬い場合もあります。

しかし、不安定性が強いとカラダが勝手に、可動域を抑制させてしまうことがあります。

ゴルフの上達に必要な体幹

この場合、必要なのは体幹(コア)、もしくは体幹(コア)と上肢の安定性。

肩コリ四十肩の原因

上肢をバンザイすると、体幹(コア)が抜けやすくなります。

足利市パーソナルトレーニング

上の図のような腹筋エクササイズは、カラダを丸めているときは働きます。

このエクササイズを繰り返すことにより、カラダを丸めているときは体幹(コア)が働くようになる。

格闘技でガードを固めたりといった状況でない限り、スポーツ動作は背中を伸ばして行うことがほとんどです。

トレーニングすれば、たしかに腹筋群は強くなる。

しかし、その強さは機能的なのか?

スポーツに生かせる強さなのか?

考察してみることが必要です。

その体幹トレで、ゴルフのスィングは上達する?

トレーニングには特異性の原理というものがあり、やったことのみしか上達しないと言う面があります。

では、ゴルフの特異性とは何でしょうか?

足利市ゴルフ

まず思う浮かぶのが回旋動作。

トレーニングにせよ、ストレッチにせよ、この回旋動作を伴うエクササイズを行っていますか?

足利市肩こり四十肩

肩甲骨を動かすとなった場合でも同じ。

足利市ストレッチ

直線的なストレッチ&トレーニングだけでなく、回旋動作もしくはゴルフ動作に近い動作でエクササイズをする方が、動きの幅も広がり競技力向上につながると考えています。

対角らせんスパイラルムーブメント

筋肉は対角らせん(矢印の方向)に動きます。

左の肩甲骨は、右の股関節と対応しています。

例をあげると、図のようなねじりを伴うストレッチ。

対角らせん

対角らせんにバランスを取る。

足利市体幹トレーニング

また全身をねじるエクササイズ。

これらはほんの一例ですが、その競技に必要な動作を鍛えることも必要なのではないでしょうか?

足利市テニス体幹

ゴルフのスィングに近い動作をトレーニングする

最後に、今回ご紹介したのはゴルフが上達するのではなく、あくまでもゴルフに必要な動作が上達するエクササイズです。

ゴルフが上達したければ、スキル練習は欠かせません。

上達した動作を、スキルに変換させることが必要です。

体幹トレーニングをやっても、その種目が上達するだけで直接ゴルフまでは上達しない。

肩甲骨の可動域が広がっても、スキルに転換できなければ意味がありません。

あくまでも土台作りなのです。

土台がしっかりしなければ、スキルは上達しないかいずれ頭打ちになるでしょう。

可動性・安定性・筋力・持久力・パワ-・・・。

パフォーマンストレーニング

歯車が1つでも止まれば、ゴルフパフォーマンスという全体の歯車も止まってしまう。

たしかに、スキル練習に比べると退屈かもしれません。

ですが、ケガなく一生ゴルフを楽しむためにも、こういったパフォーマンストレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか?

足利市パーソナルストレッチコースのご案内