肩こり・首のコリを解消するテニスボールストレッチ&呼吸

小泉です。

肩こり・首コリは、肩や首に原因がないことが多い。

つまり、肩を揉んでもストレッチをしても、またぶり返すことがあります。

なので、肩や首のコリに悩んでいるなら、肩・首以外のところにも目を向けてみましょう。

今日は、テニスボールを使ってできる、肩こり・首コリ解消のストレッチをご紹介します。

用意するのは、テニスボールが1つ。

時間は1カ所当たり、60~120秒行いましょう。

さまざまな姿勢で、肩こり・首コリの原因になりがちな、拘縮部分をほぐしていきます。

1:わきの下&腕のつけね。


横向きに寝て行います。

わきの下&腕のつけねは、たくさんの筋肉が集まるところ。

筋肉が拘縮すると、神経を圧迫してしまいます。

肩周りの動きがスッキリします。

ストレッチ後に、腕をぐるぐると回してみましょう。

2:鎖骨の下~胸の上

テニスボールストレッチ
鎖骨付近は、リンパが集まっているところ。

リンパは、下水管のようなモノで、カラダのいろんないらないモノが流れています。

筋肉がほぐれる、巻肩や顔のむくみの解消になります。

3:背骨・肩甲骨の間

スカートがサイズダウン
肩甲骨周りの拘縮も、肩や首のコリの原因になります。

特に上部胸椎と言われる、肩甲骨間の背骨をほぐすと、胸が開きやすくなりコリが解消します。

足利市パーソナルトレーニング
テニスボールでストレッチしづらければ、クッションや枕でも代用できます。

4:呼吸

池袋ダイエットバストアップ
胸郭と言われる肋骨の硬さも、コリの原因に。


呼吸が深くできないと、肩で息をしてしまう。

呼吸は1日に2万回していると言われています。

2万回も肩で息をしていたら、肩はコリますよね。

肩や首のコリは、根本から解消するのが基本です。

足利市ダイエット
背中を丸めて、呼吸をするのも効果的です。

深い呼吸のコツは、しっかり吐ききること。

吐けないから吸えない。

このように、肩や首のコリはセルフケアでも、十分対処できますよ。

こちらも参考に。

テニスボールを使うと、セルフケアでもゴッドハンドのような整体ストレッチができます。



きつくて履けなくなったデニムが履けるようになる!太もも痩せに効果があるテニスボールストレッチ



肩こりや四十肩は、肩や肩甲骨だけの問題ではありません。

The following two tabs change content below.
小泉 智明
2006年から、スポーツトレーナー&パーソナルトレーナーとして活動しています。 個別指導・集団指導含めて、これまでの指導人数は1000人以上。 従来の筋トレ・ストレッチだけではなく、ゆがみを解消してカラダに軸をつくる方法も発信しています。 ⇒プロフィールはこちら

*パーソナルトレーニング出張地域一覧

栃木県 足利市・佐野市・栃木市・小山市

群馬県 太田市・館林市・桐生市・みどり市・伊勢崎市・前橋市・高崎市・邑楽町・大泉町

埼玉県 熊谷市・羽生市・行田市

マンツーマンで専門のトレーナーから、ダイエット・ストレッチ・骨盤やカラダのゆがみ調整・体幹トレーニング・動作パターンの改善を受けられる完全予約制のパーソナルトレーニングジムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加