太田市ストレッチコースで歪みの解消と動きやすさが向上します。

太田市でパーソナルストレッチをしている小泉です。

筋トレ・ダイエットだけでなく、ストレッチの個別指導&集団指導も行っています。

足利市ストレッチ
産後ママさん向けに。

桐生市ダイエット
企業様に訪問して。


エステサロン様向けに。


健康作りも目的としたクラス。

太田市ストレッチ
介護施設様にて。

足利市ストレッチ
もちろん個別指導も。

ストレッチの目的は、動きやすいカラダにすること。

柔軟性を上げることではありません。

身体のパーツを取り替えたみたいに軽くなりました。


先日、体験コースを受けた方からこんな感想をいただきました。

「身体のパーツを取り替えたみたいに軽くなりました。」

筋トレでつけた筋肉は使えない、なんて言葉を耳にします。

学生時代も、

筋トレしたほうがいいのか?

しないほうがいいのか?

迷った経験があります。

筋トレをすると、カラダは軽くなることが多いです。

もちろん、正しく行うことが大事ですが。

正しく行う・・・と言うより、目的に合った必要なエクササイズをするということです。

筋肉単体をトレーニングすることも必要ですが、動作のパターンをトレーニングすることも必要です。

点ではなく流れも考えること。

だから、このエクササイズをすれば●●になる、と言うものではありません。

カラダのバランスが整ってくると、姿勢がよくなり痩せやすくなりますよ^^

なにより、見た目がかわりますから。

着られなくなった洋服が、また着れるようになります。

そして、着たいけど似合わないと思っていた洋服が、着こなすことができますよ。

「スッキリして帰りました。」


コイズミトモアキwithBのもう1人のBBAお姉さんの感想です。

太田市ダイエット
Facebookから抜粋。

昨日は久々のトレーニングへ!!

相棒のじゅりつぁんと2人で早めに合流して、lunchしてからのナルメンの小泉氏のトレーニングにいにました!!

最近骨盤周りから太ももにかけて太ってズボンが入らなくなったりで悩んでたので、小泉氏に相談して重点的にトレーニングしてもらいました。

臀部に筋肉がないらしくたるんでる感じだったのかな??

バランスボールにのってのトレーニング、頭で理解してても体がついていけず、怒られ、馬鹿にされ…

しょーがないじゃん!うごかないんだもの(笑)

って私の心の叫び…

鬼なトレーニングしながらでも、同級生の会話が弾み楽しいトレーニングになりました!!

強制ヤラセも途中であったけどさ(笑)

じゅりつぁんとも久々にゆっくり話して、お互い少しスッキリして帰りました。

もっとゆっくり遊んでいられたらなぁってつくづく思う。

じゅり!!ストレスフリーになってよかったね♡

ナルメン!!昨日はスパルタトレーニングありがとうございました。お蔭さまで太もも筋肉痛です。

また来月も3人でトレーニングできたらいいな♡

足利市パーソナルトレーニング
スタート当初、触るだけであちこち痛かったのが、いまでは負荷をかけてトレーニングできるようになりました。

少しは役に立てているのでしょうね。

30過ぎたり出産後や環境の変化により、体調にも変化が起きやすい。

毎日ではなくても、定期的なカラダのケアやトレーニングは必要ですね。

効果的なストレッチのやり方


ストレッチをするときに、「柔軟性」ではなく「可動域」を広くすることを目的としています。

柔軟性と可動域。

似ている表現ですが、一体何が違うのでしょうか?

まず安定性があるか?

と言う点がポイントになります。

安定性がなければ、関節がゆるくなり新たな問題の原因になります。

柔軟性だけでは、体は変わらない


柔軟性は安定性に欠け、可動域は安定性がある、と定義づけています。

動きやすさを考える場合、「安定性があるか?」と言う点が大事。

関節が不安定だと、動きすぎることをカラダが嫌がります。

自分が支えきれないからなんですね。

だから意図的にカラダを硬くして、動ける範囲を限定してしまう。

これが、カラダが硬くなる原因。

カラダが硬いのは、いわば防衛本能が働いた結果なのです。

マッサージなど揉んでも良くならないのも当然。

この場合、マッサージが悪いのではない。

原因の対処にベストな方法ではなかったと言うこと。

硬いのが悪いのではなく、硬くさせてしまう原因が問題なのです。

筋力が低下したわけではない!?


同じ理由で出力も落ちます。

関節が不安定な状態で、筋力を発揮しようとすると土台の部分が壊れてしまう。

だから意図的に力が出ないように、抑制をしてしまう。

カヌーで大砲を撃つ。

そんな表現をしたりもします。

土台が安定しないのに大きな力を出せば、自分自身も壊れてしまうことの例えです。

本当に体力だけでの問題か!?


40を過ぎて体力が落ちたと言う方が増えています。

たしかに、若いころのようにとは行かないかもしれません。

ただ、年齢の問題だけとは限らないのです。

リラックスできない。

30~40代は、働き盛りで重要な仕事を任されたり、仕事に責任が出てくるころです。

常にアドレナリン全開で、力が入りっぱなし。

もちろん、仕事中はいいのです。

ですが、仕事終わりや寝る前など、ONとOFFの切り替えができていますか?

力みと安定性は違う



力んでいることと、安定していることはまったく違います。

写真のような安定性を高めるエクササイズは、力んでいたら5秒ともたないでしょう。

安定性は筋力ではなく、カラダの軸で取ります。

軸は持久力があるので、疲れにくい。

筋力は瞬発力はあっても、持久力はない。

疲れやすさとは、ストレスや環境の問題も大きく関わってきます。

力みグセを解消する脱力エクササイズ。


メンタルとカラダはリンクしています。

ストレッチ指導をしていて思うのが、筋肉を伸ばす従来のストレッチだけでは問題解決に至らないこと。

前屈
たしかに、筋肉が縮んでいる場合には有効です。

しかし、緊張が強すぎる場合には、ストレッチがうまくかからない。

原因としては、呼吸が浅いこと。

なぜ呼吸が浅くなるのかというと、メンタル的なことが大きいのです。

仕事が忙しかったり睡眠不足だったり、慢性的なメンタルストレスを抱えていたり。

そこで、ストレッチの一環として呼吸や、脱力のエクササイズを指導しています。

足利市体幹トレーニング
ポイントは、どこにも力を入れないこと。

インナーだけでゆっくりと動き続けること。



脱力って意外と難しいのです。

形になるまで、私も8ヶ月くらいかかりました。

どうしてもアウターで動かしたくなる。

脱力できると血圧も安定してきます。

カラダが緩むので、気持ちもラクになります。

さきほどのバカ親も、少しはまともになるでしょう。

メンタルが先か、カラダが先か。

いずれにせよ、血圧だけでなく、睡眠やホルモンバランスにまで影響します。

忙しい人ほどオンとオフを使い分けたい。

そんなストレッチを指導しています。

呼吸が浅くいとストレッチ効果が出ない!?


力みが強くてカラダが不安定な人は、呼吸が浅い人が多いです。

呼吸の回数が多く、肩で息をしている印象です。

全速力で走ると息切れしますよね。

そんな呼吸で、1日過ごしている方がすごく多い。

たしかに、疲れやすいのもうなずけます。

ストレッチ指導では、リラックスできる呼吸の仕方も指導しています。

即効性が高いので、これだけでも違いを実感できます。

まとめ


ストレッチは気持ちよさも大事ですが、動きやすさを高めることも大事。

カラダはつながっている。

1つの問題が他のところに連鎖するのです。

ドミノ倒しに似ている。

1つが崩れると、遠く離れたところにまで影響する。

そのドミノの1個目が、呼吸であることが多いのです。

まずは呼吸から、自分でカラダを整えてみませんか?

足利市ストレッチコース!カラダを整え肩こり腰痛を改善する

The following two tabs change content below.
小泉 智明
足利市でパーソナルジムをしています。 2006年からトレーナーを始めて、これまでの指導人数は1000人以上。 フィットネス人口の裾野を広げるべく、主に運動が苦手な方を中心に指導。誰もが健康な人生を謳歌できる世の中にしたい。 そのために運動が苦手な人でもできる、エクササイズやダイエットについて発信しています。 ⇒プロフィールはこちら
申し込みや問い合わせはこちらから

小泉智明(こいずみともあき)

TEL:080-5373-6391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー料金
コンセプト
お客様の声
パーソナルトレーニングとは?
アクセス
申し込みフォーム
問い合わせフォーム

スポーツジム・フィットネスジム・ダイエットジム・トレーニングジム・ストレッチジム・肩こり・腰痛・整体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加