東京のパワースポットの明治神宮に一人旅してきました

小泉です。

パワースポットへ行くのが、ライフワークになっています。

何をするでもなく、そこで場のエネルギーを感じる。

「カラダのゆがみは、エネルギー体に起因する」

と言う考え方を支持しているので、カラダの軸を整えることが最大の目的なのです。

ただ、私自身はスピリチュアルに強いわけではありません。

エネルギーがあるかどうかではなく、「自分のカラダの状態がどうなのか?」に視点を持って行っています。

体軸が取れるかどうか?

感覚的なことなので、言葉で説明するのは難しいですが、誰しもパワーをもらえたり、元気になれる人・物があるはずです。

自分に取ってのそれが、神社仏閣なのです。

だから私が訪れた場所が、誰に対しても良いと言うつまりはありません。

そんなわけで「パワースポット」と言うテーマの1回目の場所は、やはり明治神宮。

いまは自分の中でタブーとなっている、神仏への願掛けをして願いが叶った場所だからです。

ある書籍で、

「神社仏閣は神々に感謝を捧げる場所で、願い事をするところではない」

という一節を読んでから、いまでは感謝のみのあっさりとした参拝になっています。

パワースポットと呼ばれる場所でも、観光地化してしまうことでそのパワーが落ちてしまうことがある。

人がたくさん訪れ願掛けをした結果、波動が落ちてしまうのです。

明治神宮も前ほどのエネルギーは感じなくなりました。

なので、最近はお礼参りとして参拝しています。

明治神宮

清正の井戸がテレビで放送されて賑わっていたころの写真。

独立当初は、ことあるごとに明治神宮で、商売繁盛をお祈りしてました。

勉強不足故の、恥ずかしい行為です。

しかし、その願いは叶いました。

神社に行って感謝の参拝をするのも、そういった理由があるからです。

明治神宮

清正の井戸へ続く道にある場所。

ここもエネルギーがもらえるので、好きな場所でした。

明治神宮

今年から始めた御朱印集めも、明治神宮の御朱印帳を購入。

パワースポットの中で、最も訪れている場所、明治神宮でした。