天空の山城備中松山城@岡山1人旅

小泉です。

岡山のパワースポット1人旅へ熊山神社と熊山遺跡

岡山1人旅2日目。

朝5時に起床し向かった先は、高梁市にある備中松山城展望台。

絶景スポットにもなっている雲海をみるためです。

備中松山城は、現存する天守閣の中では最も標高の高い場所にあり、天空の山城とも言われています。

天空の城なんてドラクエの世界みたいですね。

備中松山城

写真で見ると、こんな感じ。

しかし、この日の天候だと雲海が見れる確率はかなり低いらしく。

それでも、せっかく岡山まで来たんだしと、早朝から1時間半近くかけて向かいました。

展望台の場所が、ナビに設定されていないため、近くまで行ってそこから探すことに。

サムハラ神社のときもそうでしたが、ネットの地図ではでてくるんですけど、カーナビには出てこないので道がわかんないですよね。

それでも、大きな看板ができていたのはありがたかったです。

山道を4キロほど登っていくと、駐車場に到着。

そこから展望台までは徒歩。

すると、景色が開けてきました。

こんな感じ。

期待はしていなかったけど、来て良かったですね。

スマホで写真を撮るには限界があるみたい。

写真は今ひとつでしたが、実際の景色はもうちょい良かったです。

雲海に出会えるのは、ほとんど運ですね。

そこからまた、ホテルへ戻り朝食を食べ空港へ。

飛行機の時間まで余裕があったので、途中の岡山後楽園へ。

庭園を見に行くのは足立美術館以来2回目。

岡山後楽園

遠くに見えるのが岡山城。

腫れていたら違って見えたのかもしれませんが、よくある普通の観光地だなと言う印象でした。

途中気になったのが、折れ曲がって伸びた木がたくさんあるエリア。

地場が悪いと、木がまっすぐ育たないのだそうです。

それで今ひとつに感じたのかもしれません。

そんなわけで、岡山1人旅を終えました。