そけい部や股関節の痛みを解消するストレッチ

小泉です。

我々現代人は、イスに座る生活が多くなったと言われています。

その影響で、股関節の筋肉を酷使しているのです。

特に大腰筋。

股関節の詰まり
腰椎から骨盤~股関節へと付着しています。

「足腰が弱い」

「足腰が鍛える」

と言うときなどは、この大腰筋のことを指しています。

日常での主な働きは、歩く・立つ・座る・昇るなどで使われる。

イスに座っているときは、常にもも上げをしているのと同じ状態なので、大腰筋が硬くなりやすい。



体勢が違うだけで、使っている筋肉は同じ。

筋肉はゴムに例えられますが、短縮してしまうのでストレッチが必要なのです。

もも上げする筋肉(股関節屈筋)は、全部で4つあります。

その4つが均等に働いてくれれば、股関節に詰まりや痛みは起きにくい。

でも、そんな都合良くは行かないのが、人間のカラダなのです。

その中でも、代表的なストレッチをご紹介。


1:脚を前後に開く。
2:後ろのお尻をキュッと締める。

こうすると、太もものつけねがストレッチされます。

ポイントはお尻を締めること。

股関節を持ち上げる筋肉と、お尻は対の関係にあります。

そもそも、股関節の問題は、お尻(大臀筋)が緩むことで起こります。


一方を緩ませるだけでなく、もう一方を締めること。

このバランスを整えることが、再発を抑える方法の1つになります。

人が二足歩行をするようになった背景には、お尻の筋肉が発達したからだとされています。


もし、お尻の筋肉が緩んでしまったら?

必ずカラダのどこかに、ひずみがでます。

人のカラダはできない動作を、他で補う性質があります。

いわゆる代償動作、ごまかしの動作のこと。

通常、代償動作に気づくことは、ほとんどありません。

伊勢崎市パーソナルトレーニング
まぁ、「なんとなくバランス悪いな」など違和感レベルでは、感じるかもしれませんが。

その代償を改善していくのも、トレーニングの目的となります。

脳はカラダに負担がかからない動作ではなく、自分にとって都合のいい動作を選択します。

だからよけいに、自分では気づかないのかもしれません。

筋トレはカラダに負荷をかけること。

バランスの悪い部分に負荷をかければ、さらにバランスは悪化します。


最初は水滴が垂れる程度の微細なダメージも、同じところにしたたることで、いずれ石に穴を空けるほどの大きなダメージとなってしまう。

病院に行く人を減らしたい。

そのためには、違和感レベルで対処すること。

トレーニングは自分でもできます。

そんな方法を世に広められたらいいですね^^

初回体験コースのご案内。

The following two tabs change content below.
小泉 智明
トレーナー歴13年目、これまでの指導人数は1000人以上。 ダイエットやボディメイク、体軸コンディショニングを専門にしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルを趣味にしています。⇒プロフィールはこちら

足利市パーソナルジム小泉コンディショニングラボ

代表 小泉智明(こいずみともあき)

TEL:080-5373-6391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー料金表
パーソナルトレーニング初回体験コース
お客様の声
プロフィール
アクセス
メルマガ
お申し込みフォーム
問い合わせフォーム

*出張パーソナルトレーニング地域

足利市・佐野市・栃木市・太田市・館林市・桐生市・みどり市・伊勢崎市・前橋市など、栃木・群馬県内

ダイエット・ボディメイク・ストレッチ・体幹トレーニング・骨盤矯正をマンツーマンで行うパーソナルトレーニング専門のプライベートジムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加