シンスプリントへの対処事例!すねが痛くなる原因と解消するストレッチ

小泉です。

立つ・座る・歩く・・・。

日常動作で、すねが痛くなることはありませんか?

今日はその原因と、解消するストレッチをご紹介します。

わかりやすく言えば、すねの筋肉(前脛骨筋)とふくらはぎの筋肉のバランスが崩れていること。

前脛骨筋が硬い理由として、親指が硬いことがあげられます。

関節には2つの役割があります。

・可動性
・安定性

足の指で言うと、親指が可動性。

それ以外の4本は安定性。

前脛骨筋の停止部(付着部)が親指にあります。

親指が硬いと、すねが硬くなりやすい。

そんな理由から、足の親指をストレッチすることでこの問題に対処しました。

すねが痛くなる原因

理由は2つ。

1:足首が硬い。
2:背屈制限がある

背屈とは図のように動き。

立ってつま先を持ち上げたまま、ペンギンのように歩けますか?

10歩以上歩ければ合格です。

通常、足首が硬ければ背屈制限がありますが、足首の硬さに問題がなくても背屈制限は起こります。

それともう1つ。

片膝立ちで、前脚のすねの角度を測る。

40~44度傾けば正常。

携帯のアプリで計測するのもアリです。

ただ私は機械音痴で、ダウンロードできませんでした。

なので、次の方法を採用しています。

1:壁から10センチ(握り拳1つ分)離れたところに片膝立ちになる。
2:前脚の膝が、かかとを浮かせることなく壁にくっつくか?

膝が壁にくっつく角度が、だいたい40~44度なのです。

可動域制限を解消する

可動域に制限があると、脳に正確な情報が伝わらない。

だから、脳からの命令も不正確なものになります。

その「不正確な」命令を、正しいと思ってしまうために問題に気づかないことが多い。

まずは、テニスボールや器具を使って、足首周りをリリースします。

詳しいストレッチはこちらに。

ポイントは2つ。

1:つま先を正面に
2:かかとを床から離さない

動作は可動性の総和ではない

わかりやすく言うと、可動性があっても動作に反映されるとは限らない。

いくらストレッチを頑張っても、動かし方がわからなければ、同じことを繰り返すことになる。

痛みがなくなった時点で、治療やリハビリを辞めてしまうことがほとんど。

辞めてしまうことよりも、治療する側が終わりにしてしまうケースもあるようです。

でも、痛みがなくなる=動作が改善する・・・ではないのです。

可動性の改善で、すべての動作がリセットされるわけではない。

そんなカンタンに、人のカラダはリセットされません。

痛みが起こる根本の原因を放っておくと、再受傷率を高める原因となります。

同じところを何回もケガをする、それをかばって他のところが痛くなる。

痛みがなくなったから終わり・・・ではなく、また痛みが出ないように可動性と安定性を高め、動作を改善していくことが重要なのです。

そして、2度と不良動作に戻らないように、運動を継続していくこと。

まとめ

気持ちよくストレッチしておしまい・・・・。

それでは、問題を解決したことにはならない考えています。

痛みがない新しい動作を覚え育てていくこと。

痛みがない快適な生活のため、いっしょにカラダを育てていきませんか?

足のアーチの崩れが、痛みの原因やボディラインに影響します。