カラダのゆがみや姿勢は、意識して直すモノではありません。

小泉です。

初めてやるエクササイズなど、意識して集中しないとできません。

しかし、慣れてくればカラダは無意識にできるようになります。

スポーツでも日常動作でも、最終的には「無意識」レベルでできるまで、繰り返さないと行けないのです。

姿勢も同じ。

そもそも、正しい姿勢というのは定義しづらいのです。

正しい姿勢
正しい姿勢で検索して出てきたこの画像。

本当に正しいのでしょうか?

この辺は、割と曖昧のなりがちです。

なので、私は「体軸」と言う角度から、正しいかどうかを見るようにしています。

足利市ダイエット
カラダが安定しているか?

動きやすいか?

可動域・筋出力は適正か?

そんな角度から、正しい・正しくないを判断しています。

小泉先生、こんにちは。

前回教わったストレッチ、忘れないようにと思い、その日のうちにもう一度やってみたら、お尻の筋肉がつってしまい大変でした。

でも、そのあとは、立っている姿勢でもお尻に力を入れる事ができ、踵のいい位置にバランス良く立ってるんですよ🎵

私、いつもどちらかの足に重心を乗せて立ってることに気づいたんです。

お尻にギューっと力を入れると反り腰にならないし、お腹も引っ込むし、背筋も自然と伸びるし、肩は後ろにいくし、顎は引けるしでいい事ばっかり❗️

本当に嬉しい驚きでした✨

で、そのまま歩き出すと、すんなり歩けるような気がするんです。お陰さまで歩きの悩みが吹き飛びました。

ポイントは、可動性と安定性を元に戻すこと。

本来あるべき状態にする。

可動しないところを安定させる必要はない。

可動性と安定性はセットで考えるべき。

ですが、どちらか優先するとしたら、まずは可動性を高めること。

すなわちストレッチです。

ストレッチと言っても、こんなストレッチだけは行いません。

足利市個別指導ジム
この程度なら、その辺のジムのアルバイトでもできますから。

ストレッチはエクササイズとセットにするべきと考えています。

伸ばしたら動かす!

これを繰り返します。

例えば、ストレッチをして可動域が広がる。

足利市ストレッチ
たしかに、こういった静的(スタティック)なストレッチでも、可動域は広がります。

しかし、広がった可動域はそのままにしておくと、どうしていいかわからずまた元の長さに戻ってしまうのです。

静的なストレッチは完全に受け身ですから、脳には刺激が入りません。

極端なことを言うと、その場しのぎで何も学習していません。

おそらく、同じことを何度も繰り返すでしょう。

整体やマッサージの効果が一時的なのも、ざっくり言うとそんな理由からです。

国家資格を持っていようが、民間資格だろうがたいした違いはないでしょう。

エクササイズ後、カラダがいつもと違う感覚を感じるはずです。

言葉には説明できないかもしれませんが、いつもと何かが違う。

これが、新しい動作を学習した1つのサインとなります。

もちろん、この1回で終わりではなく、覚え立ての動作を育てていくこと。

運動を継続するには、そんな理由もあるのです。

初回体験コースのご案内。



The following two tabs change content below.
小泉 智明
栃木・群馬・埼玉・東京・神奈川などで、個別指導・集団指導含めて、これまでの指導人数は1000人以上。 10キロ以上のダイエット指導や、自立神経の乱れによる体調不良の改善など実績多数。 エステや美容室や介護施設やダンススクールなどの、他業種の方にも出張して運動指導をしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルをやるなど多趣味で充実した日々を過ごしています。 ⇒プロフィールはこちら

小泉コンディショニングラボ代表

小泉智明(こいずみともあき)

TEL:080-5373-6391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー料金
お客様の声
ジムに通うメリット
プロフィール
アクセス
メルマガ
お申し込みフォーム
問い合わせフォーム

*パーソナルトレーニング出張地域一覧

・栃木県

足利市・佐野市・栃木市・小山市・鹿沼市

・群馬県

太田市・館林市・桐生市・みどり市・伊勢崎市・前橋市

・埼玉県

熊谷市・羽生市・行田市

 

マンツーマンでプロのフィットネススポーツトレーナーから、ダイエット・ボディメイク・ストレッチ・筋膜リリース・コンディショニング・コアトレ・ファンクショナルトレーニング・体幹トレーニングを受けられる完全予約制のパーソナルトレーニング専門のプライベートジムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加