痛み止めを飲んで安静にしていれば腰痛は解消するのか?

小泉です。

腰痛の85%は、原因がわからないと言われています。

それゆえ、痛み止めを飲んで安静にして痛みが引くのを待つ、というのが治療院での一般的な対応なのです。

整体やマッサージで腰をほぐして、効果はどれくらい続きますか?

もし、今あげたもので痛みが取れないなら、腰以外にも目を向ける必要があります。

部分的ではなく、全体を見ていく


対角らせん
足利市ダイエット
足利市パーソナルトレーニング
可動性やバランスを見ていくテストです。

基本的にトレーニングメニューは、テストの結果をもとに組み立てていきます。

病院で診察なしにクスリを処方しないように、トレーニングもカラダの状態をみないで運動はさせません。

このとき、木を見て森を見ず、にならないようにしています。

腰が痛いから腰しかみないのではなく、腰が痛くなる原因はどこから来たのか?

それを広い範囲から探していきます。

病院やリハビリの問題


治療やリハビリを否定するわけではありませんが、1つの問題として”痛み”がなくなった時点で終了してしまうことがあげられます。

痛みがなくなっても、その原因になっている問題は解決してないことが多いのです。

そもそも、その問題を解決しようとしたかも疑問ではあります。

例えば、

・可動域制限や
・筋力強化
・バランス調整・
・動作パターンの改善
・不良姿勢の改善


など、これら根本的な問題を改善しなければ、同じことを何度も繰り返すことになります。

もちろん、個人に割ける時間に限りがあるのは、仕方ないことだと思います。

なるべくたくさんの人を、救わなければいけないのですから。

量より質。

こういった事情を補うべく、パーソナルトレーニングのような、個人に時間を割くサービスも必要なのではないでしょうか?

最近では運動が必要だと感じた患者様を、治療家の方からの紹介もいただいています。

こういった自分たちの弱点を、ほかのもので補い合える関係性をつくるのも課題の1つとして考えています。

まとめ


安静にしても痛み止めを飲んでも、カラダの問題が解決するわけではありません。

動作パターンは解消しないし、姿勢も変わらない。

自分のカラダを知り、その解決法を知る。

病院でも治療院でもなく、自分のカラダを自分でケアする。

そんな考え方も、選択肢の1つに加えてはいかがでしょうか?

ゆがみ解消ストレッチ&ボディメンテナンスコース

The following two tabs change content below.
小泉 智明
トレーナー歴13年目、これまでの指導人数は1000人以上。 ダイエットやボディメイク、体軸コンディショニングを専門にしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルを趣味にしています。⇒プロフィールはこちら

足利市パーソナルジム小泉コンディショニングラボ

代表 小泉智明(こいずみともあき)

TEL:080-5373-6391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー料金表
パーソナルトレーニング初回体験コース
お客様の声
プロフィール
アクセス
メルマガ
お申し込みフォーム
問い合わせフォーム

*出張パーソナルトレーニング地域

足利市・佐野市・栃木市・太田市・館林市・桐生市・みどり市・伊勢崎市・前橋市など、栃木・群馬県内

ダイエット・ボディメイク・ストレッチ・体幹トレーニング・骨盤矯正をマンツーマンで行うパーソナルトレーニング専門のプライベートジムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加