ダンスのパフォーマンス向上のための体幹を鍛える方法

小泉です。

社交ダンス・エアロビクス・ZUMBA・・・。

ダンスの種類は違えど、パフォーマンス向上させるために共通している点が2つあります。

1:反り腰姿勢の改善
2:呼吸&体幹の強化


この記事では、その改善方法をご紹介します。

スポーツ動作は偏った動作の繰り返し

ダンスの種類に関係なく、ほとんどの方が骨盤が前傾して反り腰姿勢になっています。


一言で言うと、カラダの前側が長くなっていて、後ろ側が短くなっている。

競技特性なので、仕方ない部分はありますけどね。

ちなみに、サッカーだと骨盤後傾で、猫背でがに股でO脚の人が多いです。

反り腰の逆パターン。

私もその1人。

スポーツは偏った動作の繰り返しなので、姿勢や特定方向への動きやすさが強調されてしまう。

ダンスは競技の特性上、「機能的な動作」「正しい動作」よりも、「魅せる」と言う部分を優先するらしいです。

エアロビクス
例えば、エアロビクス。

足の甲を伸ばしたまま、もも上げする動作。


通常だとつま先を持ち上げるのですが、それだと「みため」がキレイではないという理由で、このような動作をするのだそうです。

カラダの構造上あり得ない動作

反り腰姿勢のデメリット


骨盤はやや前傾しているのが望ましいですが、過度に前傾するとカラダに悪影響を及ぼすことになります。

カンタンに言うと、前後のバランスが崩れています。

腰背部が硬く、体幹&腹筋&お尻が弱い。

柔軟性はあっても安定性に欠け、腰痛の原因になります。

また、太ももやふくらはぎの筋肉を過度に使いすぎる傾向にあります。

反り腰姿勢の改善エクササイズ

反り腰の改善方法はいくつかありますが、ほとんどの人に共通しているのが呼吸が浅いこと。

反り腰姿勢の人は、肋骨が開いているのできちんと吐ききれません。

吐く量が少なければ、吸う量も少なくなります。

呼吸の回数が増えますので、ちょっとした過呼吸状態になる。

カラダは不安定になりますので、この状態でエクササイズをするのはかなりきつく感じるはずです。

今大丈夫でも、カラダに蓄積した微細損傷の影響をうけることとなるでしょう。

ここでは、基本となる呼吸エクササイズを2つご紹介します。

まず1つめ。

足利市ダイエット
反り腰姿勢の人は、仰向けで寝ると腰が浮いてしまします。

そのため、写真のような姿勢を取っていただきます。

腰が床にくっつくことを確認したら、まずしっかりと息を吐ききる。

呼吸を深くして回数を減らすことが目的です。

2つめは。

足利市ダイエット
よつばいで背中を丸めた姿勢で呼吸をします。

反り腰姿勢の人は、カラダの前方だけで呼吸をしてしまいがち。

こうすると肋骨が開きっぱなしになり、呼吸のたびに腰が反ってしまうのです。

なので、腰背部を使って呼吸をすること。

これは呼吸のストレッチにもなります。

呼吸に関して詳しく知りたければ、こちらを参考にしてください。

呼吸もストレッチである。



まとめ

体幹が安定すると、可動域が増えて動作がスムーズになります。

ムリがない動作になるので、カラダへの負担や疲労も軽減できる。

体力が落ちたと感じるのは、年齢のせいよりも「ムダな動作」が多いように感じます。

呼吸はすべての動作の基本。

今1度、見直してみてはいかがでしょうか?


The following two tabs change content below.
小泉 智明
トレーナー歴13年目、これまでの指導人数は1000人以上。 ダイエットやボディメイク、体軸コンディショニングを専門にしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルを趣味にしています。⇒プロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加