姿勢を良くするのに筋力は必要か!?

小泉です。

反り腰
姿勢は悪いよりは良い方が絶対にいい。

みためが良いだけでなく、動作の負荷が減り動きの効率が良くなります。

気持ちの面でも変化があるでしょう。

では、正しい姿勢とはなんなのでしょうか?

前橋 桐生ジム
頭の位置や肩の高さ、骨盤の高さに足の長さ・・・・。

見るべき場所は無数にあります。

ですが・・・。

そもそも人は絶えず動いている。

寝ているときでさえ呼吸はしますし、ときどき寝返りをすることもあります。

なので、静止している状態を改善しても、良い姿勢は作ることはできません。

そこで・・・。

良い姿勢をつくるために、正しく動けているのか?

と言う点をみていきましょう。

筋力=動作でない。

「姿勢を良くするには、どこをトレーニングしたら良いか?」

そんな疑問をもったかもしれませんね。

ここで勘違いしてほしくないのは、筋力=動作ではないということです。

つまり、筋トレをいくらやっても、それだけで動作までは改善しません。

スクワットをやれば、スクワットの動作は上達する。

腕立てをやれば、腕立ては上手になる。

体幹トレーニングをやれば・・。

というように、特異性の原理に基づけば、やった動作は上達するが、そうでないものはかわらないのです。

スクワットをやって下半身が強化されても、走るスピードが上がるわけではありません。

腕立てをやって上半身が強くなっても、速いボールが投げられるわけではありません。

もちろん、筋トレで弱い部分を鍛えるのは必要です。

ただ、筋肉を鍛えて終わりではなく、動作も鍛えるようにしましょう。

筋トレの2つデメリット

筋トレは筋肉を強くするメリットがある反面、トレーニングする上で大きなデメリット2つがあります。

1つは、単純な動作であること。

もう1つは、不自然な動作であること。

では、順に説明していきます。

マシントレは、動きが単純な動作である

ほとんどの一般的なスポーツジムは、マシンによる筋トレを指導します。

メリットとしては、安全に行えることにあります。

ほとんどのマシンは、一定方向にしか動きません。


図はネットで拾ったもの。

レッグプレスという下半身をトレーニングする器具。

座った状態で足を曲げ伸ばしします。

前後方向にしか動かないので、スクワットよりもカンタンにトレーニングできます。

そのため、そばに指導者がいなくても、安全にトレーニングできます。

マシンというのは、”トレーニング指導”と言うより”運動器具の使い方を教える”という感じです。

説明書を覚えれば、誰でも指導はできます。

ただ、先ほども言いましたが、マシンは一定方向にしか動きませんから、単純な動きになりやすい。

それに加え、座った状態でカラダを固定させて行うモノが多いのです。

足利市テニス体幹
そのため、モビリティ(可動性)やスタビリティ(安定性)といった、フィジカルベースになるモノが不足していても、なんとなく行えてしまうのです。

それから、スポーツジムというのは、ほとんどがアルバイトスタッフでまかなっています。

バーベルやダンベルと言ったフリーウェイトは、専門的な知識の他に自分も実践してないと指導は難しいのです。

そのため、教育に時間がかかるので、マシン指導が好まれる傾向があるように感じます。

もちろん、マシンが意味がないわけでありません。

マシンのような単純な動作から、複雑な動作に漸進していくステップも必要なのです。

マシントレは、不自然な動作である


先ほどのレッグプレスを例に挙げて説明していきます。

図のように、座った状態で力を発揮する場面は、日常でもスポーツでもほとんどありません。

またカラダが固定されているので、安定性をほとんど必要としない。

これは、かなり不自然なこと。

動作というのは、中心が安定されるから末端が動くのです。

安定しなければカラダがが壊れてしまうので、可動性も筋出力も壊れないように抑制してしまう。

カラダというのは使わなければ、どんどん衰えていきます。

抑制された状態が続けば、本来の可動性や筋出力も失われていく。

と言っても、動作じたいに負荷はかかっているので、動かした場所の筋肉はつきます。

でもそれは、みせかけだけの「使えない筋肉」となってしまうのです。

脳を鍛えプログラミングを変える

では、姿勢はどうやってコントロールしているのでしょうか?

筋肉や体幹ももちろんですが、腱や関節や内臓も関わってきます。

ようするに、カラダ全体で姿勢をよくしているのです。

動作を鍛えるというのは、脳と全身の連携を高くすることなのです。

連携がスムーズならば、コントロールもしやすくなる。

神経系のトレーニングとも言われますが、動きの幅(キャパシティ)が広がります。

あなたのキャパがどれくらいあるかで、トレーニング内容は変わってくるのです。

ダイエットにも効果的

いままで使ってないところを刺激するので、代謝が上がりやすくなります。

そのトレーニングを上手にできなくても、キャパシティは広がりますから。

だから、運動が得意不得意は関係なくて、あなたの動きの幅がどれくらいあるのか?

それによって、メニューは異なります。

エクササイズができないかより、動きの幅を広げていくことがまず大事なのです。

まとめ

姿勢と一言で言っても、実にたくさんの要素を含んでいます。

猫背だから背筋を鍛えれば良いとか、そんな単純なことではありません。

何度も言いますが、動きの幅を広げること。

すぐに姿勢が良くならなくても、気がついたら良くなっていた。

そうなったら無意識レベルなわけです。

その方が忘れないし疲れない。

そんなカラダ作りをあなたも体験してみませんか?

The following two tabs change content below.
小泉 智明
2006年から、スポーツトレーナー&パーソナルトレーナーとして活動しています。 個別指導・集団指導含めて、これまでの指導人数は1000人以上。 従来の筋トレ・ストレッチだけではなく、ゆがみを解消してカラダに軸をつくる方法も発信しています。 ⇒プロフィールはこちら

*パーソナルトレーニング出張地域一覧

栃木県 足利市・佐野市・栃木市・小山市

群馬県 太田市・館林市・桐生市・みどり市・伊勢崎市・前橋市・高崎市・邑楽町・大泉町

埼玉県 熊谷市・羽生市・行田市

マンツーマンで専門のトレーナーから、ダイエット・ストレッチ・骨盤やカラダのゆがみ調整・体幹トレーニング・動作パターンの改善を受けられる完全予約制のパーソナルトレーニングジムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加