ゴルフの飛距離アップのための下半身強化

小泉です。

ゴルフ愛好家の方で、飛距離をアップしたいという方は多いですね。

この記事では、飛距離アップのための下半身強化についてお話しします。

ゴルフの動作は、回旋動作がメインとなる

ゴルフに限らずスイング動作は、回旋動作を伴います。

下半身強化をするなら、まずそのことを頭に入れましょう。

例えば、下半身強化にスクワットをするとします。

スクワットはキングオブエクササイズと言われていますので、下半身に限らず全身の筋力強化に役立ちます。

ここで注意すべきことが、ただ下半身を強化しても飛距離は伸びません。

筋肉というのは、やった動作にのみ反応するという、特異性の原理があります。

つまり、スクワットをやっただけでは下半身は強化できても、スイング動作までは変わらないのです。

特定の筋肉のみを強化しただけでは、動作までは強化されません。

たしかに、スクワット動作はうまくなるでしょうし、重量や回数も増えるでしょう。

しかし、それだけでは飛距離は伸びないのです。

筋トレ種目は、ほとんどが直線動作

スクワットに限らず、筋トレのほとんどは直線動作です。

飛距離を伸ばすには、回旋動作を強化しなくてはなりません。

力任せにクラブを振り回しても、飛距離アップにはつながりませんからね。

また、スイングには微妙なコーディネーション能力が求められるので、スキルの強化も重要になります。

トレーニングピラミッド

もちろん、スキルの土台になる部分の強化も必要となります。

池袋パーソナルトレーニング

その前に、可動域はどれくらい動きますか?

カラダは、可動しないなら固定しなくても良いと考えます。

またパワーは、重さ×動いた距離で表されるので、可動域の大きさも飛距離につながるのです。

回旋する関節と、回旋しない関節

可動域は筋肉だけでなく、関節の動きも関与します。

関節には、可動と安定という2つの役割があります。

回旋動作で言うと、足首と股関節は回旋します。

膝は回旋をしません。

仮に足首や股関節の回旋可動域が狭いと、飛距離が出ないだけでなく、膝で代償して膝の痛みの原因になることがあります。

回旋を多くする関節は、上から頸椎・胸椎・手関節・股関節・足関節。

回旋をあまりしない関節は、腰椎・肘・膝。

回旋が少ない関節があると、必ず他の関節で代償をします。

ゴルフの飛距離を伸ばすには、絶対的な筋力は必要です。

そのために、パワーを発揮できる状態であるか?

筋トレやスキル練習と平行して、最低限の運動能力の向上も見ていかなくてはなりません。

・可動域はあるのか?
・それをコントロールさせる安定性はあるのか?
・負荷をかけても大丈夫か?
・トレーニングフォームは適切か?
・左右差は?
・痛みは?
・軸は取れているか?

見るべきところは、たくさんあります。

トレーニングピラミッド

スキルを生かすための土台をしっかりとつくっていきましょう!

The following two tabs change content below.
小泉 智明
足利・太田・桐生を中心に活動するパーソナルトレーナー。 ダイエットやストレッチや筋トレなどを、マンツーマンで指導を行っています。 ジムでの指導だけでなく出張指導も行っています。 ⇒プロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加