クラブW杯と日韓戦を観戦して

小泉です。

昨日は、サッカーの日韓戦とクラブW杯の決勝が、テレビ中継されていました。

熱い試合を2試合も観れて、お腹いっぱいの土曜の夜でした。

日韓戦は、写真のハリルホジッチのように、頭を抱えたくなる内容でした。

韓国は日本に嶽は絶対負けないというのが、テレビで観ててもわかるくらいプレーにあらわれてるんですよね。

日本はちょっと受けすぎな印象でした。

気持ちを前面に押し出してくるチームってあまり対戦経験がないせいか、ハリルホジッチの采配が無策な感じがしました。

日韓戦の背景をわかっていないのか?

外国人監督の良くない面がでた印象でした。

クラブW杯は、日韓戦を観た後だからか、かなり見応えがありました。

特に目を引いたのが、駆け引きのうまさ。

これって、人に教わって身につけたと言うより、多くの実戦経験から学んだモノなのでしょう。

日本人は技術で海外でも通用すると言われてますが、この駆け引きの部分がすごく苦手。

最終的に自分の武器になるのは、教わったことよりも経験から学んだモノなのかもしれませんね。

運動能力も、「理屈」で覚えるよりも「感覚」で覚えるモノ。

無意識レベルでできるようになるまで何度も繰り返すこと。

マルコムグラッドウェルの1万時間の法則にあるように、人が何かを覚えるには多くの時間をかけないとできるようにならないと言われています。

伊勢崎市パーソナルトレーニング

ですが、1万時間やらなくても覚える方法があります。

例えば、自分の誕生日って、絶対忘れないですよね。

1万回誕生日をしたわけではないのに。

何かを最短で学習するには、脳にどれだけインパクトを与えられるか?

そんな指導をできたらいいですね。