体軸をコンディショニングしてトレーニングしたら、ゴルフスィングが向上して飛距離が伸びました。

小泉です。

お客様からメールが来ました^^

寒いですが先週も練習とコースに行って来ました。

両足親指がしっかり使えると体の軸がぶれないと気づきました。

今は力を抜いてスムーズに振る練習をしてます。

ゴルフスイングが良くなって、コースで以前よりは上手く打てるようになりましたよ。

先日のゴルフレッスンでアドレスの姿勢がスクワットの姿勢と同じだとわかった時は、びっくりしました。

ゴルフスィングに必要な動作は2つあります。

1つは回旋動作。

池袋パーソナルトレーニング
ジムなどの筋トレマシンでは、回旋動作に負荷をかけることが難しい。

なので、それようのエクササイズを行っています。

また、バランスも大事。

カラダには、回旋が必要な場所と、そうではない場所があります。

例えば、腰は回旋角度が2~3度しかなく、腰を回すとほとんどのケースで腰痛になります。

肋骨と骨盤はツイストしてはいけないのです。

・回旋可動域を増やすエクササイズ
・回旋を強化するエクササイズ
・回旋のバランスを取るエクササイズ


ゴルフの練習場や、ゴルフレッスンとは違った方法を行っています。

2つめは股関節。

太田市パーソナルトレーニング
あなたは正しくスクワットができるでしょうか?

股関節を曲げることができないと、腰や膝で代償する傾向があります。

ようするに、アドレスを取った時点で軸ブレしているため、いいスィングはできません。

必ず打球がスライスしてしまいます。

館林市ダイエット
下半身の力がボールに伝わらない。

ゆえに、ただ下半身を強化しても、スィングは変わらないのです。

下半身強化というと、太もも(大腿四頭筋)を強化したがります。

太もも(大腿四頭筋)は、膝の屈伸運動を伴うのでブレーキの役割が強い。

では、どこを強化するのか?

それは、お尻(大臀筋)。

お尻はアクセルの役割があるからです。

股関節メインでお尻でスィングするか、膝関節メインで太ももでスィングするか。

結果は一目瞭然でしょう。

細かいところを見ていけば、もっとたくさんあります。

ゴルフスィングの強化は、回旋動作と股関節のエクササイズが必要なのです。

The following two tabs change content below.
小泉 智明
トレーナー歴13年目、これまでの指導人数は1000人以上。 ダイエットやボディメイク、体軸コンディショニングを専門にしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルを趣味にしています。⇒プロフィールはこちら

足利市パーソナルジム小泉コンディショニングラボ

代表 小泉智明(こいずみともあき)

TEL:080-5373-6391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー料金表
パーソナルトレーニング初回体験コース
お客様の声
プロフィール
アクセス
メルマガ
お申し込みフォーム
問い合わせフォーム

*出張パーソナルトレーニング地域

足利市・佐野市・栃木市・太田市・館林市・桐生市・みどり市・伊勢崎市・前橋市など、栃木・群馬県内

ダイエット・ボディメイク・ストレッチ・体幹トレーニング・骨盤矯正をマンツーマンで行うパーソナルトレーニング専門のプライベートジムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加