ゆがみ解消は、筋肉や骨盤ではなく脳が決めている!?

小泉です。

人には固有に、動作の特徴があります。

これは、普段の生活習慣の影響が多い。

例えば、座っている時間が長ければ、股関節が硬くなりやすいなど。


ただ、筋肉単体をトレーニング&ストレッチをしても、効果が不十分になることある。

なぜなら、脳は筋肉に命令しているのではなく、動作に命令しているに過ぎないから。

と言うことは、動作を鍛えて脳からの入力を変えることが、エクササイズの目的となります。

たしかに、筋トレをすれば筋肉は大きくなります。

でもそれだけで強くなるわけでもなければ、動作が変わるわけでもありません。

動作が変われば、みためも変わってきます。

目的が、ダイエットであれ健康目的であれ、筋肉ばかりに目を向けるのではなく、動作にも目を向けていくとカラダに変化を感じることができます。


The following two tabs change content below.
小泉 智明
トレーナー歴13年目、これまでの指導人数は1000人以上。 ダイエットやボディメイク、体軸コンディショニングを専門にしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルを趣味にしています。⇒プロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加