健康的にダイエットするなら、カロリーよりも糖質を減らそう

小泉です。

糖質制限については賛否あり、さまざまな議論がかわされています。

糖質制限はいいことでしょうか、それとも悪いことでしょうか。

私は、糖質は「ある程度」は制限するべきと考えています。

必ずしもゼロにすることはないけど、食べすぎてる分は制限する。

理由としては、私自身が体型管理しやすくなっただけでなく、体調も良くなったと感じるから。

体重で言うと、62~63キロあった体重が56~57キロに。

体脂肪率は、日々変動はありますが、7~10パーセントくらい。


体調面で言うと、

・疲れにくくなった
・食後に眠くならなくなった
・夕方以降にあっただるさがなくなった
・集中力が増した
・イライラしなくなった


自分としては、体調面や精神面での変化が大きい。

仕事のクォリティが高まりますからね。

ダイエットと言う視点だけで考えると、糖質制限しなくても痩せる方法はあるのかもしれません。

ただし、「今よりも体調が良くなってダイエットできる」となると、糖質を制限した方が良いと考えています。

糖質制限は、短期間でも目に見えて効果がでやすい!?

続いて、クライアント様の例です。

週1ペースで、1ヶ月半トレーニングをしてこの結果です。

ビフォー


アフター


Q.トレーニングしようと思ったきっかけは?

A.職場のボディメイクイベントに参加することになったから。

Q.小泉から指導を受けようと思った理由は?

A.私の体力とコンディションに合わせて進めてくれるから。

Q.トレーニングを始めて、どんな変化があった?

A.体調が良くなったのと、自然と食欲が減りカラダが軽くなった。

Q.特に変化を感じたことは?

A.カラダが薄くなってくびれができました!

Q.これからトレーニングを始める人に、アドバイスをお願いします。

A.ムリに一気に進めるのではなく、自分に合ったペースで少しずつがんばるのがいいと思います。

Q.小泉の指導に関する感想があればお願いします。

A.私が自分に甘い性格なので、のんびりペースだったけど、時間やトレーニングに融通を利かせてくれてありがとうございます。

お会いするたびにみためが変わっていくので、どんなことをやってるのかを聞いてみました。

すると、答えはすごくシンプルなモノでした。

「とりあえず、言われたことだけを頑張っている!」

まず、糖質を制限することを徹底してもらいました。

朝だけ糖質を取って、それ以降は糖質制限をしたそうです。

でも、週末は外食をするので、制限はちょいゆるめに。

このクライアント様の場合、いくつものことを同時進行するより、やることを決めてしまって、それを徹底してやる方が結果が出やすいと思ったんですね。

やるかやらないかを決めるのは、最終的に自分自身。

緩くてもいいから、とにかくやってみましょう!

糖質中毒になってませんか?

糖質を「マイルドドラッグ」と表現される、お医者さんもいらっしゃいます。

面白い表現だなと思うのですが、たしかにほとんどの方が糖質中毒に陥っているのです。

ところで、糖質「中毒」とはどれくらい摂取したらそうなるのでしょうか?

1日に180グラム以上摂取すると、糖質中毒になるそうです。

ご飯茶碗1杯(150グラムあたり)、糖質が55グラム。

つまり、1日3食ご飯食べたら、立派な糖質中毒なんです。

「普通」に食べてるだけで、糖質オーバーになっている

ダイエット目的の方に、

「糖質が多すぎなので、ちょっと減らしましょう」

と提案すると、怪訝そうな顔をされます。

それもそのはず。

普通だと思い込んでる量が、実は糖質を取り過ぎているとは思わないからでしょう。

糖質だけが、唯一太る食べ物である。

糖質を取り過ぎると、血糖値の乱高化が激しくなります。

空腹と満腹の差が大きくなるのです。

糖質は食べてすぐに満腹になるけど、時間がたつと空腹感がハンパなくなる。

私も学生時代はこんな状態だったので、昼食前の授業なんて空腹とイライラのピークで、ほとんど手につきませんでした。

学生時代の私を知る人からすると、あまりよく思わない人がいたかもしれません。

集中力やメンタルも、乱高化してしまう。

気分にムラが出やすくなります。

浮き沈みの激しい人や、いきなり怒り出す人、周りにいませんか?

このように血糖値のコントロールが、体脂肪を減らしたりダイエット効果を高めることになります。

脂肪は太らない?

食べたものが、そのまま消化吸収されるわけではありません。

例えば、コラーゲンを食事でとっても、ほとんどお肌に届くことはありません。

胃酸で分解され、別のモノに変わってしまうから。

同じ理由で、脂肪がそのまま体脂肪になるわけではありません。

糖質はそこまで食べる必要がない!?

糖質は「エネルギー源」であることに変わりはありません。

糖質は必要なエネルギーですが、その「エネルギー源」を体内で作れるとしたら?

わざわざ、外から取る必要はありませんよね。

糖新生と言って、人は体内で必要な「エネルギー源」を作ることができます。

私は糖質摂取を減らしていますが、空腹感は感じることはあっても以前のような、精神にくるほどではないし、エネルギーは足りないと感じることもありません。

だから、リバウンドすることがないのです。

カロリー制限は続かないし、リバウンドの元になる。

厚生労働省「国民健康・栄養調査報告」によると、日本人の肥満の割合は男性28.4%、女性18.7%となっています。

年代別にみると、男性では40歳代が36.5%と最も高く、次いで50歳代が33.2%となっています。

一方、女性は30歳代を除いて年齢が上がるにつれて肥満者の割合が高くなり、70歳以上で23.8%と最も高くなっています。(出典:http://www.jili.or.jp/lifeplan/rich/health/2.htmlより)

高度経済成長以降、日本人の摂取カロリーは減り続けて、近年は横ばいになっていますが、30代以降の肥満者の数は増え続けています。

このことからも、「カロリーよりも糖質を減らさないと、肥満の解消にはならないのではないか」、と考えています。

例を挙げると・・・。

他のジムでダイエットしたけど、リバウンドしてしまったので、またダイエットしたい・・・。

と言う要望が結構あります。

1~2キロの増量であれば、私もよくありますから仕方ない部分はあります。

私は毎朝体重を量っているので、なるべく56キロ台になるようにしています。

57まで増えてしまったら、その日に調節するという感じ。

ですが、ダイエット前の体重に戻ってしまった。

ひどいと、ダイエット前以上に体重が増えてしまった、と言う方も。

お話を伺うと、糖質制限をしていたようですが、同時に脂肪やカロリーまで制限してしまっていたようなんです。

これでは、もしダイエットできたとしても、一時的な効果にしかなりません。

なぜなら、脳がダメージを受けて、ストレスを感じてしまうから。

太る食生活から、太らない食生活へ。

脳はストレスを感じると、食べることで発散しようとします。

特に甘いもの。

これは、脳にとってすぐにエネルギーにできるから。

しかし、エネルギ供給は長くは続かない。

糖質は、エネルギーとして「瞬発力」はあるけど「持久力」がありません。

だから、足りないエネルギーを求めて、ずーっと糖質が欲しい状態が続くのです。

これって健康な状態でしょうか?

先に挙げた糖質が「マイルドドラッグ」と言われる原因がここにあります。

まとめ

健康的にダイエットしたいなら、カロリ-ではなく糖質を減らすこと。

カロリーを減らすと消耗しますが、糖質を減らすと元気になる。

筋トレをして糖質を減らす。

カラダの外側だけでなく、内側からも健康になる。

それが、今の時代に合ったダイエット方法なのではないでしょうか?

パーソナルトレーニング初回体験コース。

The following two tabs change content below.
小泉 智明
栃木・群馬・埼玉・東京・神奈川などで、個別指導・集団指導含めて、これまでの指導人数は1000人以上。 10キロ以上のダイエット指導や、自立神経の乱れによる体調不良の改善など実績多数。 エステや美容室や介護施設やダンススクールなどの、他業種の方にも出張して運動指導をしています。 プライベートでは、「自由気ままなライフスタイル」をテーマに、ふらっと1人旅に出たり、カフェで読書したり、フットサルをやるなど多趣味で充実した日々を過ごしています。 ⇒プロフィールはこちら

小泉コンディショニングラボ代表

小泉智明(こいずみともあき)

TEL:080-5373-6391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー料金
お客様の声
ジムに通うメリット
プロフィール
アクセス
メルマガ
お申し込みフォーム
問い合わせフォーム

*パーソナルトレーニング出張地域一覧

・栃木県

足利市・佐野市・栃木市・小山市・鹿沼市

・群馬県

太田市・館林市・桐生市・みどり市・伊勢崎市・前橋市

・埼玉県

熊谷市・羽生市・行田市

 

マンツーマンでプロのフィットネススポーツトレーナーから、ダイエット・ボディメイク・ストレッチ・筋膜リリース・コンディショニング・コアトレ・ファンクショナルトレーニング・体幹トレーニングを受けられる完全予約制のパーソナルトレーニング専門のプライベートジムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加