低気圧など気圧の変化に弱い人が、頭痛などの体調不良を緩和するストレッチ

小泉です。

私は雨男と言うこともあり、休みの日であれば、雨が降るのも風流だなと感じてしまいます(笑)

雨が降るとこの曲が聴きたくなる。



そんなことはさておき・・・。

自律神経について書いた記事が好評なようです。

少しでも誰かのお役に立っているのであれば幸いです。

自律神経の乱れによる、息苦しさやイライラを改善した事例とストレッチ



自分でできる自律神経を整えるツボ経絡と簡単なストレッチで体質改善する



今日はその続きで、低気圧や気圧の変化などで体調不良になってしまう人へ、セルフケアの方法をご紹介します。

これも前回、前々回の記事同様に、自律神経が関わっています。

特に、交感神経と副交感神経のバランスが崩れている人が多い。

交感神経が過剰になってませんか?


足利市ダイエット
交感神経過剰と言っても、イマイチピンとこないかもしれませんね。

運動っぽい言い方をすると、カラダが硬い人。

もちろん、生活習慣などに影響されるため、部分的に硬くなる筋肉はどうしたって出てきます。

しかし、全身が硬いというのは、ちょっと問題。

アドレナリンが過剰で、神経が過敏になっている状態。

くすぐりに弱かったり、カラダに触られることに敏感な人は特に注意が必要です。

交感神経が過剰になってる人の特徴


群馬県パーソナルトレーニング
筋膜リリースなどで、カラダをほぐすときに力が抜けない人。

脱力・リラックスができない人が、すごく多いように感じます。

小さいお子さんがいるママさんや、会社経営者など、毎日を多忙に過ごしている方ほど、交感神経が過剰になっています。

性格的にせっかちな人も、交感神経が過剰な傾向があります。

体幹が弱い人や、呼吸が浅い人もそう。

カラダがふらふらしたり、酸欠で倒れないように、カラダが必要以上にアドレナリンを分泌するのです。

アドレナリンは副腎という臓器から分泌します。

たくさんアドレナリンを出せば、副腎も疲れてしまう。

副腎は縫工筋という筋肉と関わりが強い。


縫工筋は、膝から骨盤にくっついている筋肉で、骨盤の安定性に関与しています。

骨盤が不安定になると、慢性的な疲労感やだるさや頭痛の原因になります。

交感神経と副交感神経のバランスを取るコンディショニング


栃木県パーソナルトレーニング
生活習慣を見直すことも大事なんですが、なかなかそうも行かない人も多いでしょう。

そんな方には、このアプローチ。

仙骨と後頭骨に手を置く。

ただそれだけです。

後頭骨は、後頭部でっぱりの部分。

仙骨は背骨の根っこで、お尻の真ん中にある関節です。

筋肉も脂肪もないので、すぐにみつかります。


この2つの関節に軽く触れながら、ゆっくり呼吸をするだけ。

副交感神経が働いてきて、脱力してきます。

人によっては、眠くなるかもしれませんね。

交感神経と副交感神経のバランスが取れてくると、体軸も安定してきます。

簡単なのでセルフケアとして、取り入れてみてください。

交感神経と副交感神経のバランスを取るストレッチ


交感神経過剰な人は、ふとしたときに呼吸が止まっていることが多い。

ストレッチではなくカラダを脱力させることで、交感神経と副交感神経のバランスを取るエクササイズをご紹介ます。

ここからが動画を交えながら。



どこにも力を入れず、ゆっくり行ってください。

やってみるとわかりますが、脱力するのは案外むずかしいもの。

これが簡単すぎるという方はこちら。



カラダをねじりながら、寝る方向と起きる方向を変えるエクササイズ。

これは、かなり体幹を使います。

でも力任せにやったら絶対にできない。

脱力系のエクササイズでも、中程度のエクササイズとなります。

次は上級編。

ローリングというソフトコア(体幹)を使ったエクササイズ。



寝返りするだけでなんですが、これも脱力して行います。

途中で動きが止まったり、速くなったりせず、一定のスピードでやりましょう。



腕から回るのは、非常に難易度が高い。

ご紹介したエクササイズが難しければ、海藻のようにただカラダをゆらすのでもOK



寝返りの応用エクササイズです。



横だけでなく縦にも。

まとめ


気圧の変化や低気圧で体調が崩れる方は、交感神経が過剰で神経が過敏になっています。

リラックスができない状態。

脱力するのも立派なエクササイズ。

呼吸と合わせて、自律神経を整えましょう!

自律神経失調症になる前に、不安・不眠・ストレスに効果的なストレッチ体操

The following two tabs change content below.
小泉 智明
足利市でパーソナルジムをしています。 整体と筋トレを組み合わせて、2ヶ月で5キロのダイエットができます。これまでの指導人数は1000人以上。 フィットネス人口の裾野を広げるべく、主に運動が苦手な方を中心に指導。誰もが健康な人生を謳歌できる世の中にしたい。 そのために必要なダイエットや食事、ゆがみ解消法について発信しています。 ⇒プロフィールはこちら

申し込みや問い合わせはこちらから

小泉智明(こいずみともあき)

TEL:080-5373-6391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー料金
お客様の声
アクセス
申し込みフォーム
問い合わせフォーム

スポーツジム・フィットネスジム・ダイエットジム・トレーニングジム・ストレッチジム・肩こり・腰痛・整体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加