他のダイエットジムと比べて、うちのジムが痩せるのに時間がかかるワケ

小泉です。

ダイエットとは、生活習慣の改善だと考えています。

食事だけでなく、睡眠やストレスコントロールなど、不規則な生活や暴飲暴食につながる原因を、いっしょに改善していく。

トレーナーが痩せさせるのではありません。

クライアント様が、各自課題に取り組んでいくこと。

トレーナーはサポートするのに過ぎません。

自身のダイエットやクライアント様の成功事例がたくさんあるので、エビデンスを踏まえていろいろなアドバイスはできます。

しかし最終的には、やるやらないを決めるのはクライアント様自身なのです。

ダイエット開始前より、リバウンドしないために

ダイエットに成功したけど、ダイエットする前よりリバウンドしてしまった・・・・。

こんな悩みを持つ方が、最近増えています。

私の経験上、過度な食事制限をすれば、短期間でもダイエットは可能です。

特に女性の場合、それがストレスとなり生理周期やホルモンバランスに、影響が出ることも少なくありません。

極端なことを言うと、自分のカラダを痛めつけながらダイエットをしているわけです。

そんな過度なストレス状態ですが、1~2ヶ月の短期間なら耐えられるというのが理屈なのです。

辞めれば当然元に戻ります。

残念ながら、根本的な解決にはなっていませんから。

育児ストレス解消法

雨漏りがしている状況で、床を拭き続けるばかりで、原因になっている屋根に一切目を向けないようなモノです。

ジムを辞めるとリバウンドするから、ダイエット成功後もジムに通いなさいと言うことなのです。

まぁ、ビジネス的にはリピートしていただけるので、それはそれでありかもしれません。

それだと、ジムの利益にはなっても、クライアント様のためにはなっていないのです。

制限ではなく改善を

そんなことがあってから、ダイエットに関して考えを改めるようになりました。

短期間で●●キロ痩せます・・・。

みたいなのは、インパクトがあるし集客にも役立ちます。

トレーナーとして優秀であると、評価にもつながるでしょう。

うちのジムでは、まず第1に太る原因の改善から始めます。

ムリしてダイエットしても、必ずリバウンドすることがわかっているからです。

太りにくいカラダ、リバウンドしにくいカラダにすること。

「同じように食べても、以前より体重が増えなくなった・・・」

と言う状態にします。

そこから、痩せていくのです。

制限するだけなら今からでもできますが、改善には時間がかかります。

ダイエット中にイライラするのは、正しいダイエットなのか?

以前、働いていたジムでは、トレーナー全員がダイエットプログラムを体験します。

自分ができないことを、お客様に提供するわけにはいきませんからね。

糖質・脂質を完全カットする、かなり極端なやり方でした。

そのため、女性トレーナーはかなりヒステリックになる人が多い。

私が目の前でボールペンを落としただけで、烈火のごとく怒られたことがあります。

女性にあそこまで怒られたのは、後にも先にもそのときくらいです。

ダイエットプログラムが終了すると、女性トレーナ陣はケーキバイキングへと行くのです。

そのとき思いましたね。

これは、正しいやり方なのかと。

そんなわけで、時間がかかっても生活習慣や考え方を改めてもらうようにしています。

もしかすると、それが私がトレーナーとしての評価が低い理由の1つなのかもしれませんが、長い目で見たときにはこのやり方がいいのだと思っています。

依存ではなく自立を

最終的なゴールとしては、自分で体型をコントロールできるようになること。

トレーニング面やメンテナンス目的、モチベーションの維持など、自立できていることが前提であれば、リピートしていただくのはありです。

しかし、依存の関係になるのは違うと考えています。

まぁ、ほとんどのケースで、ジム側が依存させる方向に持って行くのですが・・・。

売上げの確保になるので、非常に効率が良いですが、クライアント様のためにはなりません。

こちらとしても、24時間体制で見ているわけにも行かないので、自分で頑張る部分が必要になるわけです。

まとめ

ダイエットは、食事を含めた生活習慣の改善。

何かを制限して痩せても、長い目で見たら成功とは言えないことも多くあります。

制限ではなく改善を、依存ではなく自立を。

短期的な目標だけでなく、長期的にも考えられると、健康的にダイエットできますよ^^