丸くてプリッとした美尻になるための筋トレは、骨盤と股関節をどう動かすかがポイント

小泉です。

私はお尻が小さいです^_^;

骨盤が狭いからでしょうが、スポーツにはあまり向いてない体型かもしれません。

野球選手をスカウトする場合、技術的な面も大事ですが、お尻の大きさも良い選手になるかを判断する材料になるそうです。

お尻はクルマで言うアクセルの役割ですからね。

ヒップラインが垂れ下がってしまう理由は、アクセルを上手く使えてないからです。

美尻になるためのコツ

丸くてプリッとした美尻にするには、骨盤や股関節をどう動かすかがポイントになります。

スクワットのフォームが良くても、お尻に効かせることができなければ、美尻にはできません。

お尻に筋肉(大臀筋)は、2つの層からなります。

黒丸のところ。

ここを鍛えると、丸くてプリッとした美尻にできます。

美尻になるための筋トレ

足利市産後ダイエット

お尻を持ち上げるヒップリフト。

お尻全体で持ち上げるのですが、先ほどの図で示した黒丸の所。

座骨の上あたり、お尻の真ん中あたりになりますが、そこを支点に持ちあげること。

手で触りながらやると、1番わかりやすいです。

脳は動作に命令できても、筋肉に細かい指示を送れません。

だから、意識するところを手で触れると、脳がその場所に意識を向けやすくなります。

美尻になるためのスクワット

先ほどのヒップリフトが、丸くてプリッとした美尻にするエクササイズ。

スクワットは、ヒップラインをキュッと上げてくれるエクササイズです。

片足でやると、より効果的です。

ポイントはヒップリフト同様に、お尻で立ち上がること。

ほとんどの女性が、膝で持ち上げてしまっています。

だから、足が太くなるのです。

特に太ももの外側は、筋肉がつきやすいので要注意です。

美尻にできれば美脚にもなる

お尻の筋肉が緩いと、太ももの筋肉が太くなります。

逆に言えば、お尻を鍛えれば太ももの筋肉を使う必要がないので、美脚効果を高めてくれます。

本気で美脚を目指すなら、O脚やX脚なども改善しないといけませんが、少なくともいらない筋肉が落ちて太ももが細くなります。

まとめ

普段行っている筋トレも、ポイントを押されるだけで効き方が全然違います。

ほんのちょっとの差なんですけどね。

その差が積み重なれば、のちのち大きな差となってあらわれます。

ぜひ、試してみてくださいね^^

美尻&ヒップアップ効果のためのスクワットが、太ももの前にしか効かないワケとその改善策

The following two tabs change content below.
小泉 智明
足利・太田・桐生を中心に活動するパーソナルトレーナー。 ダイエットやストレッチや筋トレなどを、マンツーマンで指導を行っています。 ジムでの指導だけでなく出張指導も行っています。 ⇒プロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加