劇的にではなく気がついたら腰痛が解消している。

「そういえば最近、腰が痛くないんです。気がついたら腰痛が解消してました。」

とご報告いただきました。

「劇的」にではなく、「気がついたら」ってのがポイント。

トレーナーのおかげではなく、自分で解消したってことですからね。

伊勢崎市個別指導の出張ジム

人は動くことを前提としている

人は寝ているときでも、呼吸をして心臓が動いています。

脳がいろんな情報を受け取って、カラダの各器官に命令を出している。

前橋 桐生ジム

以前は、姿勢チェックとかもやっていましたが、止まっている状態をいくら評価しても、問題解決に至らない。

ずっと同じ姿勢でいるわけではないですからね。

桐生市ダイエット

もちろん、ゆがみや姿勢も大事ですが、それだけでは不十分。

そのため、実際に動いてもらって「動作のパターン」も見ていきます。

1つの筋肉だけ鍛えても動作に直結しない

筋トレというと、1つの筋肉だけを鍛えるイメージがあるかもしれませんね。

自分も昔は、

「太ももの筋肉を鍛えればサッカーが上手くなる」

と思ってましたが、そうではありませんでした。

人の動作は、「ソロ活動」ではなく「グループ」で活動します。

トレーニングやストレッチするのであれば、必ず「グループ」で見ていかないと効果が出ません。

例えば呼吸が浅くて、反り腰になるひとがいるとします。

女性に多いのですけど、反り腰だと腹筋が弱くなります。

でも腹筋を鍛えても、反り腰も腰痛も改善しません。

なぜなら、原因は腹筋が弱いからではなく、呼吸が浅いことだからです。

腹筋を含めた「呼吸のパターン」の改善が、腰痛の解消につながります。

魚を与えるのではなく魚の釣り方を指導する

ほとんどのケースで腰痛は、日常動作が原因で起こります。

動作に問題があるのだから、解消は運動するしかありません。

パーソナルトレーニングは痛みを取るのではなく、痛くなる原因の対処法を指導すること。

魚を与えるのではなく、魚の釣り方を指導するのです。

反り腰

なぜ腰が痛いのか理由を探して、それをお伝えする。

あとは、やるかやらないかはその人次第です。

依存ではなく自立してもらう。

1から10までやってあげると、その人のためになりませんからね。

まとめ

動作は長年のクセになっていて、気がつかないことが多い。

微細損傷と言って、ほんのわずかな負担が積もり積もって痛みとなる。

長年のクセですから、劇的には改善しづらい。

気がついたら腰痛が解消しているのは、自分でカラダをケアできているからです。

劇的にではなくても、カラダは変わるのです。

ストレッチ&ゆがみ解消体軸コンディショニングコース

The following two tabs change content below.
小泉 智明
足利・太田・桐生を中心に活動するパーソナルトレーナー。 ダイエットやストレッチや筋トレなどを、マンツーマンで指導を行っています。 ジムでの指導だけでなく出張指導も行っています。 ⇒プロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加