登山初心者の1人旅!白山山頂で御来光を拝む

3年前に白山周辺の神社を参拝しました。

そのときは遙拝で済ませてしまった、白山比咩神社の奥宮。

その旅で、1番行きたかった場所なのでずっと心残りだったのです。

霊峰白山山頂にある奥宮は、そのときの自分では参拝する決心がつかなかったのです。

登山初心者が1人で行くには、難易度が高いように思えたのです。

「今年こそは白山山頂へ行って御来光を拝みたい!」

と年始に目標を立て白山に登拝することにしました。

とは言え、登山は今回が初めての超初心者。

私が通った白山山頂までのルートと時間、登山初心者の私が持っていた装備や服装について書いていきます。

登山に持って行った装備と服装

ネットで調べて一通りそろえました。

ザックは防水加工されているもので8000円くらいでした。

レインウェアも登山用のモノを購入しました。

コンビニで売ってるレインウェアでは、装備としては不十分です。

行きに雨が降ったのですが、結局レインウェアは使いませんでした。

たしかに、登山用でないとちょっときびしいかもです。

靴も購入。

運動靴でもいいかなあとは思いましたが、これも防水加工してあるモノで予備で靴紐も購入して持って行きました。

靴紐が切れることはほとんどないそうですが、何が起こるかわからないので念のため購入。

実際に登山した友人曰く、靴はなるべくいいものを購入した方がいいとアドバイスを受けました。

後は非常食。

カロリーメイトとブドウ糖のタブレットを購入。

あとは下着の替えと、防寒着ですかね。

装備はこんな感じ。

服装ですが動きやすい服装で行きました。

登山用ではないですが、レギンスだけ購入。

ハーフパンツの下に履いて、グローブも念のため着用。

そんな感じですかね。

登山経験者からみると、まだまだ装備が足りないでしょうが、これでも十分でした。

登山初心者が行くべき白山ルート

ここからは登山初心者のために、自分が登った1番距離の短いルートについてお話ししていきます。

金沢駅からレンタカーを借りて、まず目指すは登山口がある別当出合へ。

別当出合はナビに出てこないので、少し手前にある市ノ瀬ビジターセンターへ。

白山登山初心者山頂ルート

金沢駅から約2時間ほど。

ここで登山届を提出。

登山初心者の方は、忘れずに行いましょう。

ここから登山口がある別当出合を目指します。

白山登山口への道のり

土日祝日などは、ここでバスに乗り換えて別当出合を目指すそうです。

この日は平日だったので、マイカーで向かうことができました

距離にして6キロほど、20分くらいかけて1本道を進みます。

途中クルマがすれ違うのがやっとの道があり、対向車がくるとバックしないといけません。

駐車場着。

白山登山ルート

白山登山ルートは、別当出合~甚之助避難小屋~黒ボコ岩~室堂までの砂防新道ルート。

登山初心者が行くならこのルートが、1番の最短ルートです。

山小屋までが約6キロ、そこから山頂までは約1キロといった感じです。

私は12時に出発して3時半には、山小屋へ着きました。

知り合いが市ノ瀬から登ったらしいですが、自分が上ったルートの1、5倍。

疲労がハンパなかったらしいです。

栃木・群馬など関東から行くには、市ノ瀬の方が近いんですが、面倒でも金沢方面から言った方が良いです。

ここから砂防新道を通って室堂を目指します。

いざ白山山頂へ向けてスタート。

スタートは大きな吊り橋を渡ります。

*写真に写っているのは、前方を歩く登山者で私ではありません。

30分ほど歩いて、最初の休憩地点の中飯場。

体力に自信はあるけど、登山初心者なので休憩は多めに取りました。

トイレもあります。

ゴールまでの距離を教えてくれる看板は、行く道中でたくさんあります。

初心者にはうれしい。

あと何キロとなるので、かなり励みになる。

次の休憩地である、甚之助避難小屋を目指します。

次の目的地とゴールまでの距離を教えてくれる看板。

甚之助避難小屋に到着。

白山の天気は変わりやすいので雨具を忘れずに

ここで小雨が降ってきたので、装備を調えます。

登山初心者の方は、雨具を忘れないようにしましょう。

次に向かうは黒ボコ岩。

ここから、道が険しくなってきます。

霧がすごい。

白山の厳しさを思い知ることになります。

登山初心者には、ちょっと難易度が高かったかも。

途中、アミノバイタルとカロリーメイトで栄養補給。

かなり回復しました。

黒ボコ岩着

黒ボコ岩。

名所なんでしょうけど、疲れてくるとただの中継地点に。

険しい道を越えると、少し行くと歩きやすい道に。

足腰に優しい。

白山登拝道。

これが俗に言う高山植物か?

もうちょい。

負けないでもう少し。

室堂着

やっとの思いで、室堂に無事到着。

宿泊の受付を済ませます。

宿泊が6000円。

夕飯が1800円。

この日の夕飯。

はっきりいって美味しくありません。

1800円の価値なし。

しかし、山の上という厳しい状況と、売店がないことを考えるとやむなし。

環境によって価値がないものにも価値が出る。

ビジネスにおいても勉強になります。

12時半出発で15時半着。

到着すると、キレイな夕焼けと雲海が。

白山に来て本当によかった。

きつかった想いが報われる気がしました。

明朝、白山山頂で御前峰で御来光を拝めるのか?

この日の天気だと厳しいかと思ってましたが、希望が見えてきました。

2日目~白山山頂へ出発~

朝は4時半に起床して5時前に室堂を出発。

いよいよ、白山山頂を目指します。

この日のために購入したヘッドライトに、電池が入ってないことに気づき月明かりを頼りに登ります。

白山山頂へ到着

トラブルに見舞われながらも、無事白山山頂へ到着。

距離にして1.1キロ、時間は20分ほど。

室堂があんな小さくみえる。

そして念願の奥宮を参拝させていただきました。

そして御来光を待ちます。

日の出は雲とかぶって観ることができず。

太陽が昇るにつれて、御来光と対面です。

感動です。

今まで生きてきた中で、1番美しい景色でした。

山頂では、約1時間ほど滞在し下山しました。

下山は2時間ほどで、スタート地点へ戻ってこれました。

しかし、足を何度も滑らせ転倒してしまいました。

白山登山は日帰りで行けるか?

計5時間半ほどで山頂まで行って帰ってこれましたが、あくまでも結果論。

特に初めて行くのであれば、1泊するくらいの余裕があった方が良いですね。

後でいろいろ聞いたんですが、白山登山はやはり1泊は覚悟した方が良いみたいです。

特に私のような初心者は。

日帰りだと朝1で登らないと行けないですし。

でも次回は1日で行って帰ってきたい。

白山登山まとめ

今年の年始に、白山登山を目標にして、それが無事に達成できました。

後悔って、やってしまったことより、やらなかったことの方が圧倒的に多いらしい。

だから、興味を持ったことは、とにかくやってみる。

失敗して笑われたり白い目で見られることも多いけど、別にカッコつけたくて生きてるわけじゃないから気にしない。

さて、白山登頂もしたし、次は何をしようかな。