プロティンダイエットに痩せる効果はない?

プロティンは「タンパク質」のことです。

決してダイエット効果を高めるモノではありません。

あくまでも、不足している「タンパク質」を補うためのもの。


この記事では、プロティンダイエットついての考察を書いています。

タンパク質の必要量は?


厚生労働省「日本人の食事摂取基準2015」によれば、一日あたりのタンパク質平均必要量は成人男性で50g、成人女性で40gと定義されています。

可能であれば成人男性は60g、成人女性は50g摂ることが推奨されています。

一般の人であれば、体重(g)分で事足ります。

私の場合で言えば、体重が55キロなので55グラム。

肉・魚が100グラム当たり、タンパク質が20~25グラム。

普通の食事で間に合う量です。

プロティンは必要か?


よく、

「プロティンを飲んだ方が良いですか?」

と聞かれることがありますが、ほとんどの人は必要ありません。

私も、トレーニング後かフットサルの後に、すぐ食事がとれないときにしか飲んでません。

普通に食事を取った方が、明らかに筋肉の材料になるからです。

たまに勘違いしている人がいますが、プロティンは筋肉増強剤ではありません。

それじゃ、ドーピングになってしまいますからね。

あくまでも、「タンパク質」という栄養素の1つ。

平均すると、「タンパク質」は不足している人が多いです。

特に女性に。

プロティンを進めるのは、そうした背景を利用した企業側のポジショントークだと考えています。

プロティンダイエットの効果は?


某企業が販売しているプロティンダイエット。

食事に置き換えることで、ダイエットできると謳う商品です。

プロティンとはタンパク質。

飲んだから痩せるわけではない。

ダイエット指導を長年していますが、それで痩せた人に出会ったことがありません。

単純に食べる量を減らせばいいだけの話しですからね。

プロティンのデメリット


プロティンは加工食品。

どうしても添加物が入ってしまう。

それが腎臓と膀胱にストレスになるのです。

大腰筋と多裂筋が抑制弱化します。

スクワットなどの、立つ・座る動作に影響する。

肝臓と腎臓は解毒作用があります。

肝臓には自浄作用がありますが、腎臓にはありません。

つまり、あらゆるストレスは腎臓に集まってくるのです。

腎臓と膀胱に焦点を合わせると、ほとんどの人に歪みの原因があります。

もちろん、メーカーによっても異なります。

自分の場合は、DNSというメーカーの商品を飲んでいます。

購入するときに、筋の反射でみています。

もちろん、これは人による。

自分がチェックした限りでは、DHCの商品は合わない人が多いです。

そんなことから、プロティンダイエットに効果はないと結論づけています。

プロティンを飲んででお腹を壊すワケ


プロティンは牛乳のタンパク質を原料にしている商品が多い。

乳製品にある人は要注意。

タンパク質の1回の摂取量は、20~30グラムとされています。

平均すると20グラム前後。

お腹が強ければ、30グラム以上取っても大丈夫な人もいます。

現に1回に60グラム取っている人もいますからね。

もし、プロティンを飲んでお腹を壊すのであれば、飲む量を減らしましょう。

プロティンを飲み過ぎてカラダを壊す


ボディビル雑誌を参考に、ビルダーの食事を真似したことがあります。

食事の間に、間食としてプロティンを飲んでいました。

以前、働いていた会社にウェイトリフターの選手がいました。

勤務中にもプロティンを飲んでいて、そこまでやらないと体をつくれないんだと話していました。

自分もその話に触発されて、起床後と、トレーニング前後、寝る前、計4回、プロティンを摂取していました。

体重の2倍のタンパク質を目的としていたのです。

筋肉を増やすなら、体重の2~3倍のタンパク質が必要と言われているからです。

当たり前ですが、カラダを壊しました。

そういう食事は、自分には向かないのです。

栄養士の方に相談したら、こっぴどく怒られましたからね。

また、ボディビルの日本ランカーの方のセミナーに参加したときに、

「体重の3倍のタンパク質を取っていたら、ある日夜中に腸閉塞になって救急車で運ばれた。」

とおっしゃっていました。

そんなことから、人それぞれに必要摂取量があって、それを超えると体調に影響することを学びました。

身をもって思い知るというやつですね。

少なくとも、私はボディビルという競技には向かないようです。

まとめ


特に女性に多いのですが、タンパク質が不足いている人が多い。

だからといって安易にプロティンに頼らず、まずは食事から摂取するようにしましょう。

一般の方であれば、普通の食事で事足りますから。

もし、プロティンを取るならば、自分に合う商品を選ぶこと。

メリットデメリットを考えて、食事を取るようにしましょう。

The following two tabs change content below.
小泉 智明
足利市でパーソナルジムをしています。 整体と筋トレを組み合わせて、2ヶ月で5キロのダイエットができます。これまでの指導人数は1000人以上。 フィットネス人口の裾野を広げるべく、主に運動が苦手な方を中心に指導。誰もが健康な人生を謳歌できる世の中にしたい。 そのために必要なダイエットや食事、ゆがみ解消法について発信しています。 ⇒プロフィールはこちら

申し込みや問い合わせはこちらから

小泉智明(こいずみともあき)

TEL:080-5373-6391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー料金
お客様の声
アクセス
申し込みフォーム
問い合わせフォーム

スポーツジム・フィットネスジム・ダイエットジム・トレーニングジム・ストレッチジム・肩こり・腰痛・整体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加