胃の痛みの原因はどこに?意外な原因から痛みを解消した事例

横隔膜

胃に問題があれば、大胸筋鎖骨部が抑制弱化します。

胃と対応する横隔膜のチェックでもあります。

でも、このときに抑制はありませんでした。

違和感を感じたのは大腰筋の方。

と言うのも、横隔膜と大腰筋はつながっているから。

このように。

解剖実習をした人によると、この2つは強固にくっついてるそうです。

ムキムキの人が力任せにやっても離れないくらい。

実際に見てみたいけど、グロくて吐いちゃいそうなので躊躇してます^_^;

話戻しますが・・・。

チェックすると大腰筋弱化。

問題があるのは胃。

でも原因は大腰筋。

このように、問題箇所と原因が異なることは多くあります。

ではなぜ大腰筋は抑制したのか?

前橋市個別指導の出張ジム

さらにチェックを進めると、胸椎12番にゆがみがありました。

胸椎12番は、さきほどの横隔膜と大腰筋の付着部。

ほんのわずかなゆがみが、筋弱化や内臓の働きに関与します。

聞けば悪い姿勢で長時間運動したそうで。

椎骨に詰まりが出ちゃったんですね。

池袋ダイエット整体

簡単なストレッチで詰まりを解消。

大腰筋が回復したのも確認。

すると、胃の調子が即効でよくなりました。

もちろん、毎回即効性があるわけではありません。

体軸が整うと、自然治癒力が上がる。

回復が早くなるのです。

このように、カラダのつながりから問題を解決する。

私はパーソナルトレーナーは、医療の代わりにもなるし、クリエイターでもあると思っています。

充実した毎日を送るのは、健康体であることが大事。

カラダはアートである。

そういった創造性ある仕事を、今後も続けていきたい。

足利市パーソナルストレッチコースのご案内