接骨院にある電気治療に効果はあるのか?

潜在的なものも含めれば、大多数の方が「電磁波」の影響を受けています。

骨盤がゆがみますので、さまざまな不調の原因になります。

接骨院などの治療院で、電気をあてますよね。

肩こりや腰痛のメジャーポイント(主原因)が、「電磁波」だと逆効果になります。

ほぼすべての人がスマホを所持しています。

精密にできている医療機器や、航空機器の磁場が狂うくらい強烈な電磁波を出しています。

2分以上通話すると、電子レンジに頭を入れてるくらい電磁波を受けてしまうという指摘も。

接骨院の電気治療で効果がないケース

足利市接骨院

人のカラダには微弱な電流が流れています。

脳から各機関への指令を、電気信号としてとらえています。

この流れが停滞したり、磁場が狂うことでさまざまな不調の原因になる。

接骨院の検査結果にはまず出ないので、なかなか意識することが難しいかも知れません。

パソコンを1日使うと夕方には電磁波の影響が出る

カラダを調整しても、パソコンを1日使用すれば電磁波の影響を受けてしまいます。

スマホを持ち歩いても同じ。

電磁波の影響を受けると身体がゆがみます。

・腰椎3番と5番
・左側頭骨
・生殖器
・コーザル体

腰痛やめまい耳鳴りなどは、電磁波の影響であることが少なくありません。

電磁波が原因で慢性的に身体がゆがんでいると、現代社会で生活することは不可能に近い。

【電磁波への対処】トルマリンとゲルマニウム

そこで1つの対処法として、「トルマリン」と「ゲルマニウム」を両ポケットに入れるという方法をとっています。

これにより、カラダの磁場が安定します。

通常、スマホを手に持っただけで、カラダは抑制反応をします。

ところが、トルマリンとゲルマニウムを所持してるだけで、スマホの影響を受けなくなります。

これだけで、電磁波のストレスをかなり軽減できる。

試しにスマホを手にとって、筋反射をみると抑制弱します。

これは、スマホが「カラダにとってストレス」になるということ。

次に、トルマリンとゲルマニウムを両ポケットに入れて、同じようにチェックすると抑制反応は消えます。

カラダの電位を安定させる

足利市の接骨院の電気治療

トルマリンは、プラスとマイナスを。

ゲルマニウムは、マイナスの電子を出しています。

この2つがあると、カラダの電位が安定します。

スマホを調整する方法もありますが、すべての電化製品にやらないといけないので、現実的に不可能です。

だったら、自分のカラダを整えてしまう。

ゲルマニウムとトルマリンは、半永久的に使用できます。

接骨院で電気治療を受けるより、遙かに効果があります。

関連記事