体軸確保で腰痛を解消する!自然治癒力を高めて原因を根本から改善

小泉です。

腰痛の85%は原因がわからないとされていますが、カラダの状態を見れば個々に異なる原因がみつかります。

腹筋背筋が弱いから、必ずしも腰痛になるわけではありません。

「腰痛の人は腹筋背筋は弱いが、腹筋背筋が弱いから腰痛になるわけではない。」

と言うエビデンスもあります。

自分も人生で2度、腰痛を経験しました。

接骨院や整体やマッサージ店に行っても腰痛は改善せず。

もちろん、腹筋背筋を鍛えても効果はありませんでした。

それもそのはず。

それらは、腰痛の原因への対処になっていなかったのです。

痛みのある腰だけ見てても、腰痛は改善しません。

接骨院や整体やマッサージ店は、すべて腰への施術がメインでしたから。

そんなこともあって腰痛の改善方法は、かなり勉強していろいろと試しました。

改善事例もたくさんあります。

そんな中、1つの共通点をみつけました。

それは「体軸が確保」されていないこと。

身体にゆがみがあると、5つある腰椎のどこかに負担がかかってしまう。

・腰痛がどの動きで起こるのか?
・最も痛い動きや姿勢は何か?

それによって、改善法が異なってきます。

この記事では、これまでに体軸確保で腰痛を改善した事例をご紹介します。

腰をみるのではなく体軸をみる

体軸確保腰痛チェック

腰椎のどこに負担がかかっているか?

その原因は何か?

痛みが腰にあっても、腰以外をみます。

原因に対処しないと、症状は解消しないからです。

どの動きで腰に痛みが出るか?

腰痛の動作チェック

実際に動いてもらい、どの動きで腰に痛みが出るかをみます。

特定の動作で痛みがでるなら、その動作を修正します。

筋肉を鍛える。

筋肉を柔らかくする。

と言うような、特定の筋肉にアプローチするのではなく、動きのパターンとしてみていきます。

キネマティックチェーン

キネマティックチェーン

1つの筋肉だけで、身体が動くわけではない。

カラダを1つの鎖(動きの連鎖)としてとらえます。

切れてしまった鎖を修正して、1つの鎖になるようにコンディショニングしていきます。

このように「体軸」と「動作」、2つの視点で腰痛を捉えていきます。

5つのステップで腰痛を改善した事例

では実際に、腰痛の改善事例をご紹介。

この事例では、5つのエクササイズから改善をしました。

・体軸確保
・動作パターンの修正
・体幹トレーニング
・筋膜リリース
・ストレッチ

では見ていきましょう。

体軸確保

ここがすごく重要です。

スイッチングしていて、呼吸がうまくできていない状態でした。

不調を訴える方の大半は、スイッチングしています。

カラダが理屈に合わない反応をするので、これでは通常のやり方では改善しません。

スイッチングへの対処が、他のジムや治療院とうちのジムが大きく異なる点です。

そのためまずは、スィッチングを調整しました。

関連記事

動作パターンの修正

後ろに反る動きで、最も腰に負担がかかる。

チェーンでみていくと、大臀筋が抑制弱化。

筋チェックで、お尻に力が入りづらいのを確認してもらいました。

カラダを反らせる動きが腰だけで反ってしまい、それが腰痛になっていたのです。

体幹トレーニング

まずは呼吸。

きちんと吐くことができず、リブフレアしていました。

肋骨が開いたまま固まり、腹直筋で呼吸している状態。

腰を反った状態で、呼吸をしている。

この呼吸を修正しました。

ストレッチ

痛いところを具体的に聞くと、お尻に近いところに痛みを感じているようでした。

そこで腰ではなく、お尻をストレッチ。

テニスボールを使った筋膜リリースで、トリガーポイントを確認。

梨状筋と中臀筋後部。

リリースの後に、何種類かストレッチも行いました。

関連記事

コレクティブエクササイズ

ここから動きの修正です。

カラダを反る動きで痛みがあったので、反っても痛くないようにしていきます。

ダイナミックストレッチ

3面で行うダイナミックストレッチ。

自分で動いて、痛い動きを修正していきます。

運動後に、腰の痛みがだいぶ軽減したとおっしゃっていました。

体軸確保の目的は自然治癒力を高めること

腰痛の改善には、体軸確保は絶対条件。

しかし目的は、腰痛の改善ではありません。

即効で痛みを取るのではなく、腰痛の原因への対処。

10あった痛みが5~6に減る。

これが目的です。

それを繰り返すことで、徐々に腰痛を改善していく。

自然治癒力が高まると、回復力が高まります。

正しい動きがわからなくても、間違ってる動きに気づける。

これが目的なのです。

腰痛を根本から改善する

腰痛を改善する

即効で痛みを取っても、原因を改善しないとまた再発します。

治療院やリハビリの欠点は、症状が治ったら終わってしまうこと。

原因への対処は、ほとんどありません。

せっかく、時間をかけてマンツーマン指導ができるのです。

症状を抑えるだけでなく、原因に対処する。

そして再発しないように、個々に改善法やセルフケアをご提案する。

エビデンスに沿っただけも画一的な方法ではなく、個々が抱える原因へ対処すること。

カラダへの意識を高めてもらうのも、トレーナーの役目かなと思っています。

関連記事