パーソナルトレーニングで肩こりと腰痛が改善できます

これまでパーソナルトレーニングで、肩こり・腰痛・姿勢改善の事例があります。

個々に合ったプログラムを行います。

そのために、見ているのは2つ。

・筋肉のバランス
・カラダの動き

なぜなら特定方向への運動の起こりやすさ、DSM(Directional Susceptibility to Movement)があるからです。

人は、皆ひとりひとりが個別に運動パターンを持っている。

さらに筋骨格系疼痛患者では、その運動パターンが誇張されている。(引用:Shirley sahrmann)

持続的な動きや静的な姿勢によって軟部組織が障害を受け、関係した関節が一定の解剖学的な方向だけに動く習慣をつけさせてしまう。

この関節の動きや動作の習慣が、頻繁に望ましくない方法で行われることによって、軟部組織に損傷を与えると考えられている。(引用:Shirley sahrmann)

ここで言いたいのは、患部は被害者である。

では加害者は?

と言うこと。

偏った動作の繰り返しが、痛みや不調の原因になります。

身体は一番抵抗の低い方法で一定の動作を生み出そうとする。

しかし、「低抵抗=質の良い動き」とは限らない。

問題箇所と、その原因が違うことはよくあります。

パーソナルトレーニングでも、コンディショニングと呼ばれる内容です。

やることは、大きく分けて2つ。

・トレーニング
・ストレッチ

鍛えると整える。

肩凝り・腰痛・姿勢が悪くなる原因に対処していきます。

この記事では、この3つの事例を交えながら書いていきます。

肩こりと腰痛が改善できるパーソナルトレーニング

足利市で肩こりと腰痛が治るジム

人は動くことを前提にした、カラダのつくりになっています。

つまり、「動作」に原因がある。

動作に問題があるなら、改善法はエクササイズすること。

肩こりの解消事例

肩こりの原因で多いのが呼吸。

呼吸が浅いと、肩で息をしてしまう。

過剰に動きすぎることが肩こりの原因に。

この場合、肩ではなく呼吸を改善していきます。

肩こりでマッサージに通ってる方へ!コリを揉まずに解消できた方法

腰痛の解消事例

腰痛の原因で多いのが股関節が硬いこと。

現代人は、座ってる時間が長い。

そのため、股関節が固まりやすいのです。

股関節痛を柔らかくするストレッチ

姿勢矯正の事例

姿勢は「筋力」ではなく「反射」で維持します。

人は常に動いているので、筋力で固めてしまうのは逆効果です。

だから、背筋を鍛えれば猫背が改善するわけではないのです。

猫背矯正は「筋力」ではなく「反射」で行う

接骨院と整体院との肩こり腰痛の対処の違い

足利市腰痛

人の動きを中心に見るのがパーソナルトレーニング。

それに対して、「接骨院」や「整体院」は静止状態を中心にみます。

肩凝り・腰痛・姿勢改善は、止まってる状態だけをみても効果がないのではと考えています。

自分が腰痛になったときに、接骨院や整体院にたくさん通いました。

症状は改善しませんでした。

整体後にエクササイズしないとゆがみはすぐ戻る

対処療法では改善しない

対処療法は、症状が出てるところをみます。

・肩凝り⇒肩~首回り
・腰痛⇒腰回り
・姿勢⇒背骨

パーソナルトレーニングでは、「なぜ問題が起きたのか?」を見ていきます。

症状が出ていないところも見る。

レントゲンなどの画像診断では、判断できませんからね。

診断名がつかない不調を改善する

病院などに行っても、診断名がつかない肩凝り腰痛はかなり多い。

原因がわからない・・・とされる症状。

ヘルニアや狭窄症のように、診断名がつけば完全に治療が先です。

そもそも、医療的判断はできませんので、これは完全に専門外です。

トレーニングより安静が優先。

しかし診断名がつかず、ただ悪化するのを待ってるだけなら、原因を探ってみるのも1つ。

治療が長引くならコンディショニング

私はサッカーをやっていた学生時代に、大きなケガを2度しました。

腰痛で3ヶ月以上、足首のねんざで半年以上かかりました。

今思えば、根本的な原因を改善できていなかったのが理由です。

もし自分がそのときの自分に会ったら、コンディショニングで回復を早めると思います。

診断名がつかないのに長々と治療するなら、もっとホリスティックに考えるべき。

回復を妨げている理由が必ずあるはずなので。

どれくらいで改善するか?

人によります。

ムーブメントキャパシティが個々で違うからです。

ムーブメントキャパシティの例を挙げると・・・。

・体軸
・モビリティ
・スタビリティ
・筋力

など。

動作パターンの習得には、反復運動の繰り返しで習得すること。

そのためには、ムーブメントキャパシティが大きくあることが必要。

これが小さい場合、動作パターン習得に時間がかかる。

キャパシティを少しずつ広げていくことで、肩凝り・腰痛・姿勢は改善していきます。

肩こり腰痛をコンディショニング

単に見栄えの良い筋肉と体脂肪の少ない身体を作るのではなく、「ファンクショナルムーブメント」、つまり機能的な”動き”をトレーニングすることがきわめて重要になる。(引用:Mark Verstegen 2004)

パーソナルトレーニングは、ダイエットやボディメイクだけを行うものではありません。

身体機能を高めること。

人は動くことを前提としています。

もしその動きに問題があったら?

不調の原因にもなるし、痩せにくくもなる。

正しい動作を教育することが、小泉ジムのパーソナルトレーニングなのです。

足利市ストレッチ専門ジムのゆがみ解消コース

The following two tabs change content below.
栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら