スマホやパソコンなどの電磁波が原因の腰痛に対処する方法

「ワイヤレス技術の第5世代移動通信(5G)の電磁波が人体に悪影響を及ぼす研究が無視されている」と、携帯電話の電磁波が及ぼす影響を研究してきた科学者が警告しています。(引用:5Gの電磁波が人体に与える影響について専門家が警告)

環境意識の高いヨーロッパでは「バウビオロギー(建築生物学)」と言う学問が生まれ、電磁波(エレクトロスモッグ)もその対象となっています。

そうした研究の基づき、各国ではさまざまなガイドラインが、建築基準の中に取り入れられています。

しかし日本では、電磁波の危険性に対する認識が十分ではありません。

電磁波の影響を受けると、骨盤や頭蓋がゆがみます。

それにより、以下のような症状が出ます。

・めまい
・頭痛
・耳鳴り
・動悸
・腰痛
・不眠
・生理不順

など。

慢性的な電磁波障害を受けると、スマホを持っただけで腰痛になります。

電磁波は、レントゲンなどの画像診断などではわかりません。

腰痛の85%は原因がわからないとされています。

しかし脚長差でゆがみをみると、ほぼ全ての人に電磁波障害があります。

この記事ではスマホやパソコンを使用しても、ゆがまない体軸の作り方について事例を交えて書いていきます。

これを読めば、腰痛の改善にもつながります。

電磁波が原因で腰痛になる

電磁波に影響を受けると、腰椎の3番と5番がゆがみます。

屈曲と回旋で腰に負担がかかる。

全ての電化製品に反応してしまうので、日常生活が逃げ場がなくなります。

さらに大臀筋・中臀筋・内転筋が抑制弱化するので、座ってる姿勢をきつくなる。

レントゲンも電磁波が強いので、病院に行っても改善しないのはこういう理由があるのです。

電磁波で体内の地場が狂う

脳から各器官への指令は、全て電気信号です。

人体にも磁場が形成されています。

電磁波障害を受けると、この磁場が狂ってしまう。

これにより身体には腰痛だけでなく、様々な体調不良が起きてしまいます。

電磁波をブロックする方法

最も効果があったのがトルマリンとゲルマニウムです。

画像はAMAZONより。

1000円ちょいと安価で手に入るのと、半永久的に使えます。

これをポケットに入れておくだけで、体内の狂った磁場を正常化してくれます。

名古屋で活躍されている、カリスマパーソナルトレーナーの中村さんもこのように言っています。

接骨院の電気治療は逆効果

接骨院など治療院に行くと、治療の1つとして電気をあてます。

電磁波障害が原因で、腰痛を引き起こしてる場合は逆効果になります。

接骨院にある電気治療に効果はあるのか?

オール電化やIHへの対処

電磁波は住環境の問題も多い。

オール電化やIHのキッチンだと、台所に行くたびにカラダがゆがみます。

これだと防ぎようがないので、トルマリンやゲルマニウムで対処するしかありません。

オール電化やIHのキッチンなどの電磁波でカラダがゆがみます。

電磁波への意識を高める

潜在的な問題も含めると、電磁波は全ての人に関わる問題です。

スマホやパソコンなど、生活必需品が身体にマイナスになる。

特に腰椎3番5番にストレスがかかります。

動作で言うと、屈曲と回旋で痛みが起きやすい。

現時点で最も効果のあった対処法は、ゲルマニウムとトルマリンです。

根本の原因を改善しないと、ストレッチなどをしてもたいした効果は得られません。

スマホ持った時点で、また腰椎に負担がかかる。

まずは体軸を確保すること。

スマホを持っても、ゆがまないように軸をつくる。

調整とトレーニング。

構造と機能の両方からみていくと、腰痛改善へとつながりますよ。

自然治癒力を高めて腰痛を根本から改善

The following two tabs change content below.
栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら