ジオパシックストレスと腰痛!自宅や職場が体調不良の原因になる

小泉です。

日本では古くからエネルギーレベルの低い場所を「ケガレチ」と呼んでいました。

その場所では商売はうまくいかず、災害や事故が多く、病に苦しむ人が多く、動物や作物もよく育ちません。

ジオパシックストレスが人体に与える影響を、医学的に検証したデータがあります。

ウィーン大学のオットーベルクスマン博士が、オーストリア経済省の住宅建築研究基金の助成金助成金を受けて実施した調査によると・・・。

3人のダウザーが見つけた、刺激帯と非刺激帯に15分間とどまり血液検査や自律神経など16項目を検査します。

そのうち14項目で明らかな変化が現れました。

いくつか例を挙げます。

・心拍数の増加
・血液量の変化(心臓への負担)
・呼吸数、脈拍数の変化(自律神経の乱れ)
・筋肉電位の変化(肩凝り、頭痛)
・免疫系の変化(アレルギー性疾患の危険性)
・カルシウムの上昇(高血圧リスク)
・血液中の亜鉛の増加(発育不良、免疫力の低下)
・ゼロトニンの極端な減少(脳内ホルモンへの影響)

シューマッハ夫人がダウザーに依頼して、夫の不眠を突き止めたという話もあります。

調査の結果、ベッドの真下に水脈があることが判明。

水脈は身体や精神に悪影響を及ぼすマイナス波動を発しています。

ベッドの位置を水脈が反応するエリアからずらしたところ、シューマッハは熟睡することができたそうです。

ジオパシックストレスと体軸のゆがみ

ダウジングを使わなくても、脚長差からジオパシックストレスを受けているかをチェックすることができます。

・腰椎3番5番変異
・大臀筋、中臀筋、内転筋の抑制弱化
・生殖器の機能低下
・対象となる場所をイメージすると全身が抑制弱化

電磁波同様に腰椎に負担がかかるので、腰痛の原因になります。

スマホやパソコンなどの電磁波が原因の腰痛に対処する方法

自宅や職場が腰痛の原因になる

ジオパシックストレスは、そこら中にあります。

通り過ぎる程度なら、問題はありません。

やっかいなのは自宅や職場など、長時間とどまる場所が該当する場合。

その場所では商売はうまくいかず、災害や事故が多く、病に苦しむ人が多く、動物や作物もよく育ちません。

敏感な方なら、感覚的に違和感を感じるかも知れません。

木がまっすぐ成長しないとか、猫のたまり場になるなど、いくつか特徴があります。

ジオパシックストレスへの対処

基本は結界を張って対処します。

自宅なら問題なく対処できます。

厄介なのは、職場のような不特定多数の人が訪れる場所。

調整を受けてない人は体軸が乱れているので、結界を張っても内側から破られてしまうのです。

この場合は以下の対処法をおすすめしています。

50円、10円、5円、1円を両ポケットに入れること。

ジオパシックストレスは、水脈や断層帯など4つに分けられます。

各ストレスを硬貨が吸収してくれる。

100%は対処しきれませんが、何もしないよりはマシです。

【対処事例】職場編

某職場の受付エリアが、該当していました。

受付には2人で業務をこなすそうですが、相方になる人がことごとく体調不良になるそうです。

腰痛で長期休養する人が多く、世間話から職場の写真を見せてもらいました。

クライアントはいつも同じ場所に立っているそうですが、相方が立っているエリアがまさにストレスゾーンでした。

職場ですからそこにずっととどまるわけです。

それで身体がゆがみ、腰痛になっていたのです。

クライアントの立っているエリアは、該当してません。

イメージでチェックしても、筋反射は落ちませんでした。

ストレスゾーンの話をして、影響を受けないようにポケットに硬貨を入れてもらっています。

ズボンの両ポケット、上着にもあれば上着にも。

仕事中だけでも硬貨を入れておくだけで、かなり影響を防げます。

いまのところ、体調には問題は起きていません。

このように自分が仕事をするエリアだけが、ピンポイントで反応することがあります。

場所を変えられるのであれば、移動することも解決策の1つ。

見えないものを科学する

欧米では健康に対するリスクファクターとして、ジオパシックストレスを住宅建築のガイドラインに盛り込もうという働きもあります。

それに対して日本では、電磁波を始め目に見えない問題に対して無頓着であるという指摘もあります。

やがて病気大国として、医療費の増大になることも危惧されている。

体軸という視点で身体を見ると、影響を受けていることはわかります。

まだ体調に影響してなくても、未然に防ぐことができる。

パーソナルトレーナーは、未病の段階で病気を防ぐことも役割として求められると考えています。

未病の段階で対処すれば、医療費は大幅に下がりますからね。

ただトレーニング指導するだけでなく、ライフコーディネーターとして生活習慣の改善もアドバイスしています。

原因のわからない慢性的な腰痛に悩むなら、住環境に目を向けてはいかがでしょうか?

そんなコンディショニングも行っています。

土地のエネルギーが原因で身体がゆがむジオパシックストレス

The following two tabs change content below.
栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら