正月太りを1ヶ月でリセットする3つの方法

正月太りは、1ヶ月でリセットできます。

自分も一時的に増えた体重を、何度もリセットして体型をキープ。

今年37歳になりますが、体脂肪率10%を12年維持してます。

体重は中学2年の頃から変わっていません。

遺伝的には太りやすい方ですが、代謝が落ちないように筋トレをしてれば体型は維持できる。

この記事では、正月太りを1ヶ月で解消できる方法をご紹介します。

特に30歳過ぎて痩せづらくなった方は必見です。

正月太りを1ヶ月で解消する方法

結論は基礎代謝を上げること。

正月太り

筋トレで痩せやすいカラダにすれば、1ヶ月以内に元に戻せます。

年齢とともに筋肉が落ちて代謝も落ちます。

対策をしなければ、どんどん痩せなくなる。

基礎代謝上げるには、筋トレを習慣にすることです。

正月太りは予防できない!?

正月太りの予防は難しいので、どうリセットするかを意識した方が良いです。

正月休みになるといつも以上に、飲んだり食べる機会が増えますよね。

その証拠に、正月休みに体重増加する人が多い。

例えばこんなデータが。

全国15,514人から寄せられた回答を集計した結果、「太った」と実感した人が52%、「太ってない」が48%となり、全国平均で1.6kgの体重増加が明らかになりました。また、男女別で見ると、お正月で男性は1.7kg、女性は1.5kg増加しているという結果となっています。

世代別では、30〜50代では半分以上の方が体重が増加していました。
年齢が高くなるほど新陳代謝が衰えやすいと言われますが、調査からもその傾向が伺えます。(引用:Weathernews正月太り 全国平均1.6kg増の調査結果)

このことから正月太りは予防より、リセットすることを考えた方が良いです。

正月太りの解消方法

では本題に入ります。

これまでに連休中に、増えてしまった体重を戻したことがあります。

正月休みで一時的に増えた体重は、必ずリセットできます。

方法は3つ。

・プチ断食
・糖質制限
・パーソナルトレーニング

3日プチ断食で1、3キロ戻した方法

正月太りを、即効でリセットしたい人向け。

メリットは運動しなくていいことです。

やることは、食べる量を減らすこと。

このときは1日2回、茶碗1杯の玄米と漬け物のみ。

結構ツラかったけど、2~3日ならできます。

3日坊主という言葉もあるくらいですから。

正月太りをリセット

ポイントは回復食。

ドカ食いしたら意味がないので、消化の良い食べ物を少しずつ食べる量を増やしていきます。

私はおかゆにしました。

結果なんですが、排便がすごくてかなりデトックスになります。

いかにいらないものを出せるか?

下剤やサプリを飲むより、健康的です。

内臓を休ませることにもなりますから。

2週間で3キロ痩せたリセット方法

やることは糖質制限です。

減らすのは糖質だけでいいので、プチ断食よりは食べられる。

1週間の正月休みで増えた体重なら、1週間あればリセットできます。

2週間あれば、確実に戻せます。

中途半端にやると効果がないので、徹底して行います。

早ければ2週間かからないです。

1ヶ月で2、4キロリセットした方法

糖質制限がきつくて徹底できなかったときに、取り入れた方法です。

ポイントは、良質な油を取ること。

ココナッツオイルで淹れた、バターコーヒーを飲んでました。

時間はかかりますが、ストレスはかなり軽減できます。

糖質を徐々に減らすので、最初はなかなか体重が落ちません。

一気に減らすか、徐々に減らすかの違いです。

>>>ダイエットのモチベーションを維持する方法

パーソナルトレーニングで2ヶ月ダイエット

正月太りを解消する

プチ断食や糖質制限など、食事を変えても痩せない人向け。

筋トレの習慣がないと、食事だけでは痩せないこともあります。

そこで、パーソナルトレーニングを始めませんか?

ダイエットは、食事と筋トレの化学反応だと考えています。

食事×筋トレ。

両方やると、相乗効果があります。

運動経験がなくても、2ヶ月あれば痩せることはできます。

>>>今年の目標にダイエットを掲げた人にもオススメです。

2ヶ月で5キロ落としたダイエットの成功体験談

The following two tabs change content below.
栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら