獨鈷山鏑射寺へ!今空海様のお寺を訪ねる@兵庫県のパワースポット

今回の旅は、「祈りが守る國アラヒトガミの霊力をふたたび」(保江邦夫・著)を読んだことに始まります。

そこに中村公隆阿闍梨の話が出てきます。

阿闍梨は安倍総理をはじめ多くの政治家や実業家に頼られていて、彼らは外交判断や政治判断、あるいは経営判断を迫られたときなど重要な指針や予言を仰ぐために訪ねてくると言うことでした。

日本にはほんの数名、大きな法力を持つお坊様がいらっしゃいます。(本文より引用)

これを読んだときに阿闍梨にお会いすることはできなくても、阿闍梨が開いたとされる鏑射寺に行ってみたいと思ったのです。

関ヶ原の戦いで軍事参謀に天海と言う僧がいた話や、サッカーワールドカップやオリンピックに呪術師を帯同させている国があるという話を思い出しました。

都市伝説的ではありますが、本物の霊力を持つ人間が関わっている出来事は、本当にあるのかもしれません。

と言うことで、獨鈷山鏑射寺へ。

あたりまえですが、阿闍梨にお会いすることはできませんでした。

獨鈷山鏑射寺

まずは中庭。

手入れが行き届いているからか、全体的にすごくきれいな印象でした。

四国八十八か所霊場。

西国三十三か所霊場。

獨鈷山鏑射寺

四国八十八か所めぐりは、1度行ってみたいと思っていて一時期熱心に調べていたことがありました。

日程の問題でいまだ実現していませんが、死ぬまでに訪れてみたい場所の1つです。

獨鈷山鏑射寺

中庭もきれい。

獨鈷山鏑射寺

本殿。

無事にたどり着き、参拝させていただけたことに感謝をささげました。

稀に、参拝を歓迎されてない人をみたことがあるからです。

それは、九州にある幣立神宮を訪れた時の話。

本殿へ向かう長い階段があるのですが、私の前を歩いてた人が階段から滑落して頭を打って、救急車で運ばれていくのを目にしたからです。

それは、鳥居をくぐる少し手前でした。

参拝を受け入れてもらえないと、直前でも追い返されるのかもしれません。

なので毎回無事に参拝させていただけると、こうして感謝をささげるようにしています。

獨鈷山鏑射寺

三重塔。

獨鈷山鏑射寺

護摩堂。

獨鈷山鏑射寺

毎月28日に護摩供が行われてるそう。

今度は、その日に伺いたいと強く思いました。

獨鈷山鏑射寺

獨鈷山鏑射寺

この後、弁天堂へ。

こうして参拝させていただくと、おこがましいですが・・・ものすごくいいお寺だなと改めて思いました。

もう1度来たい。

できれば護摩供の日に。

帰りに護摩木に名前を書いて置いてきました。

せめて、自分のエネルギー体だけでも、護摩供に参加できるように。

The following two tabs change content below.
栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら