10分でできる骨盤リセットエクササイズ7選!ストレッチポールでゆがみ解消

ストレッチポールを使った、骨盤リセットのゆがみ解消エクササイズをご紹介します。

特徴は、即効で身体に変化が出せること。

・ゆがみ解消
・骨盤リセット
・可動域向上

生活習慣の影響で、身体は本来あるべき状態からは程遠い状態。

この記事では、ストレッチポールがあれば、誰でもできるカンタンエクササイズをご紹介します。

ストレッチポールで骨盤リセット

ストレッチポールを使うと、誰でもカンタンにゆがみ解消できます。

たった7つの簡単エクササイズで、骨盤を本来の正しい位置へ戻すことができる。

内容がこちら。

1:床磨き運動
2:肩甲骨運動
3:腕の外転運動
4:カエル運動
5:ワイパー運動
6:ゆらぎ運動
7:深呼吸

ストレッチポールを使った、7つのベーシックエクササイズをご紹介していきます。

床磨き運動

ストレッチポールで骨盤リセット

てのひらで床を磨くように、小さな円を描きます。

肩に力が入らないように、脱力して行います。

肩甲骨運動

ストレッチポールで骨盤リセット

天井に向かって、前ならへをします。

息を吸いながら腕を伸ばし、吐きながら下ろします。

肘は伸ばした状態をキープして、肩甲骨だけが動くようにしましょう。

腕の外転運動

ストレッチポールで骨盤リセット

腕を開いて閉じます。

息を吸いながら開き、吐きながら閉じます。

腕は床から離れないように。

肩に力が入らないよう、脱力して行います。

カエル運動

ストレッチポールで骨盤リセット

ガニ股姿勢で、最もラクに感じる位置を探します。

脚に力が入らないように行います。

ワイパー運動

ストレッチポールで骨盤リセットストレッチポールで骨盤リセット

車のワイパーみたいに、足を外内に動かします。

股関節に力が入らないように、なるべく小さく脱力して行います。

ゆらぎ運動

ストレッチポールで骨盤リセット

小さくゆらゆらと揺れます。

揺れながら、ゆがみを解消していきます。

深呼吸

ストレッチポールで骨盤リセット

最後は深呼吸。

ここまでの流れを、動画でまとめました。

骨盤リセットの補足

筋膜リリースの目的は、可動域を増やすこと。

研究でも報告されていますが、即効で関節可動域を広げる効果があります。

可動域も、本来のあるべき状態からほど遠い状態に。

骨盤リセットだけで足りないときの、補足としてご紹介していきます。

ストレッチポールを使った筋膜リリース3選

大腿筋膜張筋

筋膜リリース

股関節の可動域を制限しやすい筋肉の1つが大腿筋膜張筋。

組織自体が固くできていいます。

固まると、ももあげ(股関節屈曲)など、足が上がりにくくなります。

梨状筋

梨状筋ストレッチ

梨状筋とは、お尻の内側にある筋肉。

大臀筋や中臀筋だけでなく、股関節外旋の働きが鈍くなります。

これはテニスボールで行うと効果的。

ストレッチポールだと、ピンポイントでトリガーポイントをとらえられないので。

胸椎

胸椎のストレッチ

肩甲骨の間にある、上部胸椎のリリース。

これは動きが変わるというより、姿勢が変わります。

もちろん、肩回りの可動域も上がります。

上部胸椎はデスクワークなどで丸まったまま固まるので、可動性を出したい場所の1つです。

まとめ

と言うことで、今回はストレッチポールを使ったゆがみ解消方法をご紹介しました。

ポールに寝てるだけでいいので、ご紹介したエクササイズはどれも超カンタン。

骨盤リセットで、身体が本来の状態を取り戻すことができます。

ゆがみ解消だけでなく、姿勢や可動域も上がります。

カラダは、ライフスタイルに影響される。

なのでコンディショニングは大事。

この記事の内容なら、10分以内で完結しますからね。

ぜひ取り入れてみてくださいね。

オリジナルストレングスで身体をリセットさせる5つのエクササイズ

The following two tabs change content below.
栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら