腰痛の予防と改善が両方できます【原因が分かれば腰痛は予測可能】

この記事でお伝えしたいのは、「腰痛は予測できる」と言うこと。

どういうことか?

腰痛の85%は、原因がわからないとされています。

しかし確実にわかっているのは、腰痛が外傷で起こることはほとんどありません。

車に例えると、自損事故が大半。

原因がはっきりとしないまでも、ある程度の予測は立てられるのです。

病院で診察せずに薬をもらう人はいないのに、トレーニングに関しては動きの適切な評価なしにトレーニングを始める人が多い。(Gray Cook)

要は、見切り発車する人が多いのです。

私の場合、Gray Cookが考案したFMS(Functional Movement Screen)と言う評価システムと、ホリスティックコンディショニングの考え方をベースに評価しています。

この際、評価の仕方はなんでもいいのです。

大事なのは、現状を知ること。

それが、「腰痛は予測できる」と言う主張につながっていきます。

腰痛の予防と改善が両方できる

腰痛予防と改善

腰痛の予防・・・痛みの原因にアプローチ

腰痛改善・・・痛みの閾値を減らすこと

*閾値・・・痛みを数値化したもの。マックスで痛いのを10として、現在がどれくらいかを評価してもらってます。

治療と運動療法の違い

治療のメリットは、痛みに直接アプローチできること。

腰痛の原因が腰にある場合、なんらかの病名が診断されます。

・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症
・坐骨神経痛

ただ問題は、病名が分からず原因不明とされる腰痛。

これは腰痛の原因が、腰以外にあるのです。

パーソナルトレーニングは、原因をホリスティック(包括的)に診ていきます。

治療院では保険点数に入らないので、行われないことが多い。

なので、「腰痛改善に、運動しましょう」と言われるのです。

実際には、何をしていいかわからない。

やみくもに運動して、悪化したらどうしよう。

こんな不安に対処するためにも、適切な評価が必要なのです。

腰痛の原因はどこに

これは、腰痛の数だけ原因はさまざま。

人によって異なります。

例を挙げると原因が、

・股関節
・骨盤
・体幹

によって、解決方法もさまざまなのです。

万人に共通した解決法があるわけではないので、個々に時間をかけてみていくことが大事だと考えています。

次から、腰痛の「予防」と「改善」の事例をみていきます。

腰痛の予防事例

腰痛予防

こちらの方は、椎間板ヘルニアの手術後に運動指導の事例です。

手術後と言うのは、いろんな面で不安がつきもの。

痛みが改善しても、

・再発への不安
・完全に痛みが消えたわけではない

など。

原因は姿勢と体幹

いろいろとチェックしていくと、原因は姿勢と体幹にありました。

腰痛になるような姿勢をしていたのです。

なぜそうなるか?

までみていくと、体幹が弱くいい姿勢をキープできなかったのです。

トレーニングで対処

最初は、トレーニングを正しいフォームで行うことができませんでした。

回数を重ねると、徐々に腰に不安がかからない状態を覚えてきたようで、負荷をかけても腰痛は感じなくなりました。

その事例と感想がこちら。

「1ヶ月で3kg減、50代で腰痛持ちですがダイエットできました。」

腰痛の改善事例

腰痛の予防と改善

この方は、5年以上患っていた腰痛が3か月で改善しました。

原因は脊柱でした。

普段の生活で、特定方向にしか動かしていないので、マイクロトラウマ(微細損傷)が起きていました。

間違った動作の繰り返しで、毎日少しずつ腰に負担がかかっていたのです。

それがあるとき爆発して、腰痛になってしまったのです。

腰痛改善プログラム

ヒトの体は、3面で動きます。

この方は、1つの面でしか正しく動くことができていませんでした。

まずは、正しくない状態を確認していただき少しずつ改善。

週2回のトレーニングで3か月後には、ほとんど腰痛は感じなくなっていました。

腰痛を適切に評価する

腰痛の予防と改善

パーソナルトレーニングでは、初回に体験トレーニングを受けていただいています。

目的は、現状を知ること。

・腰痛の原因
・腰痛が起こりそうな場面の予測

この2つから、プログラムを立てていきます。

何を評価するのか?

動作とゆがみの2つ。

動作パターンは、腰痛の予測を。

ゆがみは、腰痛の原因をみます。

いろいろなガイドラインや理論がありますが、教科書通りにいかないことがほとんど。

その方に合った、最適な改善法をご提案しています。

まとめ

腰痛の予防と改善

と言うことで、腰痛は予測できるというお話でした。

そのためには、まず現状を適切に評価すること。

今の自分を知ることですね。

意外に見切り発車で運動してしまうケースが多い。

過去の自分もそれで、かなり苦労しました。

現状が分かればトレーニング法だけでなく、普段気をつけるべきことも明確になります。

パーソナルトレーニングの時間だけでなく、やれることはありますからね。

腰痛は過去2回、大きなけがをしました。

その時のつらさが分かるので、なるべく多くの方のお役に立てたらなと思ってます。

ぜひご相談ください。

パーソナルトレーニングで肩こりと腰痛が改善できます

The following two tabs change content below.
栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら