観相家の水野南北に学ぶ粗食・小食主義!食べもので人は変わる

食に関する書籍は、50冊以上は読んでます。

ちょっと違った角度から食について学びたいと思い、手に取ったのが水野南北について書かれた書籍。

日本一の観相家といわれ「節食開運説」を唱えた人物である水野南北の終身録の現代版。

この時代に、すでに「粗食・小食」を提唱していた人がいたことに驚き。

糖質制限、カロリー制限、食に関してはいろんな考えがあるけど、そもそも論として現代人は、食べすぎなんじゃないかと思う。

まずは小食を。

江戸時代と言えば、今よりも粗食・小食だったはず。

栄養学でもない。

かといって、道学でもない。

著者の若井朝彦氏も述べていますが、内容が少し異端に感じます。

食事に関して、改めて考察するきっかけになったので記事にしました。

水野南北に学ぶ粗食・小食主義

この本を読んで真っ先に思ったのは、

「自分も含めて、現代人は食べ過ぎなのではないか?」

必要以上に食べすぎている。

それよりも、自分にとって最適な必要量がわかっていない。

欲望の赴くままに食べていては、ダイエットもうまくいかないですからね。

人相と吉凶

ちなみに、南北の自画像らしいです。

水野南北

あまりいい相貌ではなったようで。

生まれつきの顔の相で、人生が決まるらしいです。

しかし、百発百中ではなかった。

成功するはずの顔の相の人が平凡な人生に終わり、短命に終わる相の人が健康に寿命を全うできた。

顔だけでなく、体つきなども研究し、火葬場で遺体も研究して分かったのが、吉凶を決めるのは食事であると。

凶運の人は、内臓が汚く食も乱れていたそうです。

私は占いを信じていません。

未来は変えられるから。

その1つになるのが食事。

立身出世

この本で最も興味があったのがこの項。

「相貌の良し悪しに関係なく、食に楽しみを求める浅い心の者が出世するわけはない」

別の一説ですが、これも心に刺さりました。

内臓に蓄積した毒素をデトックスできると痩せやすくなります

水野南北の粗食・小食を実践してみる

一時期に比べると、食べる量は3分の1くらいまで減りました。

年々、小食にはなってきています。

水野南北が求めるレベルには、程遠いのでさらに粗食にしてみました。

内容はシンプルに、玄米と漬物のみ。

南北は、この食事を最低3年は続けろと説いています。

結論、現代人には無理です(笑)

修行レベルの食事

俗世を離れた仙人や、修行僧レベルの食事だなと。

お坊さんに修行について、お話を伺う機会がありました。

1年目は逃げ出す人がいるレベルできついそうです。

10キロ以上痩せるのがザラだけど、2年目以降になると太る人も出てくると。

そのレベルの人でも、3年続けるのはきついみたいですね。

とりあえず食べる量を減らす

飽食の現代において粗食をつづけることは、毎度誘惑に勝ち続けなくてはなりません。

情報を限りなくシャットアウトでもしない限り、ちょっと難しいかなと。

借金まみれだった20代の頃でもあれば、もしかしたらできたかもしれませんけど。

自分に合った食事の仕方を

もう1つ、南北はアルコールには寛容でした。

日本酒を1合までは、許容していたのです。

さらに、肉体労働の仕事の人は、活動量に応じて多めにとってもいいとも言ってます。

結局は、自分に合った食事をしようと言うことなのかなと結論付けました。

ただ、すぐにはそれがわからない。

何度か試してみて、自分に合う方法を見つけていくべき。

自分の場合

腹8分にすること。

以前にも糖質制限について書きましたが、腹8分を達成するための方法の1つ。

満腹まで食べると眠くなるし、頭の回転も悪くなる。

なので、そうならない食事の仕方を心がけています。

食事の仕方は、メンタル面にも影響しそうだなと感じます。

粗悪なものを食べれば、心が落ち着かない。

集中力や注意力も散漫になるし、仕事のパフォーマンスも落ちる。

自分の相貌についてはわかりませんが、食事で未来が変わるならやってみる価値はありそうですね。

まとめ

と言うことで、まとめます。

今回の記事は、観相家「水野南北」の食事についての考え方に触れました。

栄養学とは違った角度から、食事について考えるきっかけに。

ポイントは、食事は腹8分で済ませること。

飽食の現代では、ほとんどの方が食べ過ぎです。

必要以上に食べて、パフォーマンス下がってませんか?

コロナ太りを回避した体型維持の3つの習慣

The following two tabs change content below.
栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら