生理痛と月の満ち欠けの関係を考察する

以前に、「生理不順を改善したコンディショニング」と言う記事を書きました。

このときは、

・骨盤のゆがみ
・子宮卵巣へのメンタルストレス

をコンディショニングすることで解消しました。

他にも、子宮卵巣へのストレスの原因として、

・電磁波
・ジオパシックストレス

を挙げました。

ただすべての人に対処しきれてるとは言い切れず、コンディショニングには課題を残すところです。

生理痛で、トレーニングをキャンセルせざる得ないくらいに不調になる人がいる。

完璧に体軸が取れたと思っても、

・眠くなる
・お腹が痛い
・頭痛
・イライラ

などを訴える方もいます。

まだまだ調整が不十分なのかもしれません。

そこで今回は、

「人体は天体の影響を受けているのでは?」

と言う議題で、話を進めていきます。

生理痛と月の満ち欠けの関係

生理痛と月の満ち欠けの関係

月と言うのは、天体の月です。

子宮卵巣は、月の影響を受けています。

アメリカの医学博士アーノルド・L.リーバー氏によれば、月には人間の身体や精神に影響を及ぼす大きなチカラがあるのだといいます。

少なからず、月の影響があることは間違いありません。

満月と新月

満月の日は、吸収の能力が高まりやすい。

新月の日は、排出の能力が高まりやすい。

生理の前後で、体重が1~2キロ増減する方が少なくありません。

満月の日は、消化吸収能力が高まってしまう。

と同時に、身体のとってよくないものまで吸収してしまう。

おそらくこれが、生理中に起こる体調不良の原因です。

新月になるとデトックスする。

これを周期的に繰り返してると仮定できます。

生理周期は予想できるか?

月の満ち欠けをカラダに反射させれば、現在何日目かもわかるかもしれません。

実際に、生理不順のお客様に体軸調整後、

「何日で生理が来るか?」

と聞かれたときに、

「3日後に来ると反応してます。」

として、その日に「本当に生理が来た」と連絡があったことがあります。

月のエネルギーが反応する部位

月のエネルギーは生殖器、女性であれば卵巣に反応します。

他に反応するのが後頭骨。

頭蓋骨は骨盤と連動します。

これが仙骨ー後頭骨を流れる、脳脊髄液にも影響する。

つまり骨盤だけでなく、頭蓋骨の調整も必要になるのです。

頭蓋骨と骨盤

電磁波の影響を受けると、側頭骨がゆがみます。

これが、めまいや頭痛の原因になります。

調整をうけていなければ、100%電磁波の影響を受けてると言って間違いないです。

これは断言できます。

生理痛などの不調への対処

生理痛へのコンディショニング

話を戻します。

生理中の体調不良を改善するには、体軸確保が必要です。

いままでは、骨盤・子宮・卵巣に焦点を当てていました。

しかし、それだけでは十分な効果が得られない人もいる。

そこで、頭蓋骨や天体と言った他の部位からも、コンディショニングをしています。

ほとんどの人は、今までのアプローチで改善できました。

ただ完ぺきとは言えない。

電磁波への対処

カラダをホリスティックにみていくのであれば、身体の外にも目を向けないといけません。

当ジムでは、電磁波対策として以下のことを行っています。

・腰椎3番5番の調整
・舌骨の調整
・トルマリンとゲルマ二ム
・電磁波をハーモナイズする水
・前庭器官(三半規管の隣)の調整

IHやオール電化や5Gなどは、生理周期に確実に影響します。

これに月のエネルギーを調整して、解決をしていきます。

女性の方が複雑な構造をしています。

男性の私には、そのつらさを理解することが難しい。

とはいえ、不調の原因を減らし、生命体エネルギーを強化することは、これからあるべきトレーナーの姿だと考えています。

まとめ

生理痛コンディショニング

と言うことで、月の満ち欠けと生理に関する内容でした。

女性に対しては、1か月の周期に合わせたコンディショニングを課題の1つと考えています。

問題は自分に対してできないので、現場指導でノウハウを積み上げていきます。

この記事は、順次更新していきます。

生理不順を改善したコンディショニング

The following two tabs change content below.
栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら