デスクワークが多い人専用のストレッチ3選【1日5分でOK】

小泉です。

ストレッチ指導をして12年。

マッサージのようなリラクゼーションではなく、動きに特化した実用的なストレッチをご提案。

腰痛や姿勢改善などの実績があります。

デスクワークを長時間してると、股関節周りが固まります。

股関節周りが、圧迫されるのが原因。

車の運転などで座ってる時間が長かった日は、1日の最後にこんなストレッチをしてます。

実際にストレッチの時間は、1~2分と短いです。

それをやるかやらないかで、その日の睡眠や翌日の疲労感に影響する。

この記事では、デスクワークに特化したストレッチをご紹介します。

読めばあなたに必要なストレッチがわかりますよ。

デスクワークで固まりやすい3つの筋肉をストレッチ

デスクワークで固まりやすいのは主に3つ。

・臀筋(お尻)
・股関節
・上部胸椎(背骨)

腰のデスクワークストレッチ

腰のデスクワークストレッチ

臀筋はさっき紹介したストレッチです。

とくに、お尻の上の方が固まりやすい。

腰痛や腰回りの疲れとして、感じやすい筋肉です。

ここをほぐすだけで、腰回りはだいぶラクになります。

股関節のデスクワークストレッチ

股関節のデスクワークストレッチ

股関節は、とくに前側ですね。

鼠径部が固まりやすい。

座る姿勢って、鼠径部が詰まる姿勢になるからです。

なので、このストレッチ。

足を前後に開いて、股関節をストレッチします。

背中のデスクワークストレッチ

背中のデスクワークストレッチ

最後は背中(背骨)。

人はモノを水平にみる癖があるので、猫背になりやすい。

そんなときは、ストレッチポールでストレッチ。

基本寝てるだけでOK。

補足:職場でストレッチするなら

デスクワークなど長時間椅子に座ってると、股関節周りが固まります。

オフィスなどでストレッチしにくいなら、立ち上がって、伸びをして、ちょっと歩くだけでも違います。

まず立つだけで、固まってた股関節がほぐれますからね。

どんなに意識しても、長時間座ってれば姿勢は悪くなるので息抜きは必要。

立ち上がって、背伸びするだけでも違います。

できれば、ちょっと歩くとさらに効果的。

もし、座ってて足が伸ばせるなら、このストレッチもおすすめ。

ポイントは、胸を張ること。

デスクワークは身体が固まりやすい

デスクワークをリラックスして行う人は、ほとんどいないはず。

・責任感
・集中
・緊張
・ストレス

など、精神状態は筋肉にも表れます。

よく「身体が硬い」と言う人がいますが、同時に緊張も強いのです。

脱力ができない。

メンタルと筋肉の関係

呼吸が浅い。

もしくは、呼吸が止まってませんか?

ストレッチ指導で最初に行うのが呼吸。

なぜなら呼吸が浅かったり止まると、ストレッチしても筋肉が伸びないからです。

ストレッチでも、筋膜リリースでも、呼吸が止まってる方が非常に多い。

これだと、かえって緊張が助長してしまう。

意外に思うかもしれませんが、伸びをしながら深呼吸するのが、1番のデスクワーク専用のストレッチになるのです。

まとめ

デスクワークストレッチ

デスクワークをすると、身体が縮こまります。

放っておくと、腰痛や肩・首の凝りの原因に。

その日の疲れは、その日のうちに解消。

実際には1~2分でできますから。

毎日の積み重ねが、仕事のパフォーマンスを高めてくれるのです。

The following two tabs change content below.
栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら