腰痛改善に特化した筋トレとストレッチコース

ストレッチ

これまでに、腰痛改善に成功した方は多数います。

・ヘルニア
・坐骨神経痛
・症状名がつかない腰痛

自分も人生で2度、腰痛を経験しました。

接骨院や整体やマッサージ店に行っても完治せず。

もちろん、腹筋背筋を鍛えても効果はありませんでした。

それもそのはず。

それらは、腰痛の原因への対処になっていなかったのです。

腰痛改善コースの特徴は、痛みの原因に対処すること。

痛みのある腰だけ見てても完治しません。

接骨院や整体やマッサージ店は、すべて腰への施術がメインでしたから。

腰痛の85%は原因がわからないとされていますが、カラダの状態を見れば個々に異なる原因がみつかります。

欧米ではすでにいくつかの研究でストレスと腰痛の因果関係が証明されています。

「腰痛の人は腹筋背筋は弱いが、腹筋背筋が弱いから腰痛になるわけではない。」

と言うエビデンスもあります。

そんなこともあって腰痛の改善方法は、かなり勉強していろいろと試しました。

そんな中、1つの共通点をみつけました。

それは「体軸が確保」されていないこと。

自然治癒力が高まらないのです。

身体にゆがみがあると、5つある腰椎のどこかに負担がかかってしまう。

・腰痛がどの動きで起こるのか?
・最も痛い動きや姿勢は何か?

それによって、解消法が異なってきます。

この記事では自然治癒力が高めて、腰痛を改善した事例をご紹介します。

腰痛改善コースの特徴

腰椎のどこに負担がかかっているか?

その原因は何か?

痛みが腰にあっても、腰以外をみます。

原因に対処しないと、症状は解消しないからです。

「疲労が溜まっても腰痛にならなくなりました。」

お客様から感想をいただきました。

最近、主人が『腰が痛い』って言わなくなったんです。以前は、疲労が溜まると腰が痛くなって、1時間以上かけて整体院に通ってたのに。先生が週に1回出張してくださるおかげです。

小泉ジムでは、このようなパーソナルトレーニングを出張サービスもしています。

時間がない、通うのが大変という方におすすめです。

腰痛の原因は腰ではない

かつて私も腰痛に悩まされたことがあります。

治療院や整体院に行ってもマッサージをするだけで、原因はわからず対処療法に終始していました。

そもそも、原因を探そうとしていたのかも疑問ですが(笑)

もし本当に腰に原因があれば、湿布やクスリで対処できるはず。

それができなければ、他の場所から探してみることです。

腰痛の対処事例

このクライアント様は、呼吸が原因でした。

呼吸するときの肋骨の動きに左右差がある。

筋肉や骨格は左右対称ですが、横隔膜や内臓は左右非対称です。

右の肋骨には、肝臓があります。

肝臓は1.2キロ~1.5キロ。

対して左の肋骨には、胃が上にありますが何もなく空洞になっています。

また、呼吸筋である横隔膜も左右で厚さが違い、右の方が左の3.5倍あるとされています。

呼吸は小泉ジムの必須エクササイズの1つですが、肋骨が開いたまま固まりなかなか動かない。

まずは、少しずつ固まりをほぐすところから始めました。

エクササイズはクスリであり治療にもなる

腰痛だからと言っても、ただ安静にしていればいいわけではありません。

急性の腰痛であれば、アイシングなど休養が必要なこともありますが、痛みが治まるまで安静にしているのは少し違うと考えています。

カラダに痛みがあると言うことは、必ずどこかに機能低下しているとこがある。

なのにずっと安静にしていたら、より機能低下してしまう。

呼吸が浅いと腰の負担になる

呼吸が浅いと反り腰になってしまう。

正しく呼吸ができないことへの代償動作です。

ほとんどの場合、この代償動作に本人が気づくことはありません。

間違った動作をすることで、カラダにわずかな負担がかかる。

それを1日に何回も繰り返すことで、微細損傷がやがて慢性的な痛みをともなうのです。

痛みを減らしていく

呼吸を含め正しい身体操作を覚えることで、少しずつ痛みを減らしていきます。

今日は10痛かったけど、トレーニング後は半分の5までになった。

と言う具合に。

最近では即効性のある効果を求めなくなりました。

と言うのも、仮に10あった腰痛が0になっても、腰痛の原因までは対処し切れてないからです。

再発を予防できるだけでの可動性や安定性はあるのか?

コレが重要だと考えているからです。

こうしたカラダのケアは、継続していくことで再発防止につながるのです。

腰痛の原因は?

実際に動いてもらい、どの動きで腰に痛みが出るかをみます。

特定の動作で痛みがでるなら、その動作を修正します。

筋肉を鍛える。

筋肉を柔らかくする。

と言うような、特定の筋肉にアプローチするのではなく、動きのパターンとしてみていきます。

キネマティックチェーン

1つの筋肉だけで、身体が動くわけではない。

カラダを1つの鎖(動きの連鎖)としてとらえます。

切れてしまった鎖を修正して、1つの鎖になるようにコンディショニングしていきます。

このように「体軸」と「動作」、2つの視点で腰痛を捉えていきます。

5つの腰痛改善エクササイズで自然治癒力を高める

では実際に、腰痛の改善事例をご紹介。

この事例では自然治癒力を高めるために、5つのエクササイズから改善をしました。

・体軸確保
・動作パターンの修正
・体幹トレーニング
・筋膜リリース
・ストレッチ

では見ていきましょう。

自然治癒力を高める体軸確保

自然治癒力を高めるには、ここがすごく重要です。

スイッチングしていて、呼吸がうまくできていない状態でした。

不調を訴える方の大半は、スイッチングしています。

カラダが理屈に合わない反応をするので、これでは通常のやり方では改善しません。

スイッチングへの対処が、他のジムや治療院と当ジムが大きく異なる点です。

そのためまずは、スィッチングを調整しました。

これだけで、自然治癒力はかなり高まります。

動作パターンの修正

後ろに反る動きで、最も腰に負担がかかる。

チェーンでみていくと、大臀筋が抑制弱化。

筋チェックで、お尻に力が入りづらいのを確認してもらいました。

カラダを反らせる動きが腰だけで反ってしまい、それが腰痛になっていたのです。

体幹トレーニング

まずは呼吸。

きちんと吐くことができず、リブフレアしていました。

肋骨が開いたまま固まり、腹直筋で呼吸している状態。

腰を反った状態で、呼吸をしている。

この呼吸を修正しました。

ストレッチ

痛いところを具体的に聞くと、お尻に近いところに痛みを感じているようでした。

そこで腰ではなく、お尻をストレッチ。

テニスボールを使った筋膜リリースで、トリガーポイントを確認。

梨状筋と中臀筋後部。

リリースの後に、何種類かストレッチも行いました。

コレクティブエクササイズ

ここから動きの修正です。

カラダを反る動きで痛みがあったので、反っても痛くないようにしていきます。

3面で行うダイナミックストレッチ。

自分で動いて、痛い動きを修正していきます。

運動後に、腰の痛みがだいぶ軽減したとおっしゃっていました。

体軸確保の目的は自然治癒力を高めること

自然治癒力を高めるには、体軸確保は絶対条件。

しかし目的は、腰痛の解消ではありません。

即効で痛みを取るのではなく、腰痛の原因への対処。

10あった痛みが5~6に減る。

これが目的です。

それを繰り返すことで、徐々に腰痛から回復していく。

自然治癒力が高まると、回復力が高まります。

正しい動きがわからなくても、間違ってる動きに気づける。

これが目的なのです。

自然治癒力で腰痛を根本から治す

即効で痛みを取っても、原因に対処しないとまた再発します。

治療院やリハビリの欠点は、症状が治ったら終わってしまうこと。

原因への対処は、ほとんどありません。

せっかく、時間をかけてマンツーマン指導ができるのです。

症状を抑えるだけでなく、原因に対処する。

自然治癒力を高めて、個々に解決法やセルフケアをご提案する。

エビデンスに沿っただけも画一的な方法ではなく、個々が抱える原因へ対処すること。

自然治癒力を高めてもらうのも、トレーナーの役目かなと思っています。

腰痛改善コースの料金

体験後、3つのコースか都度払いの中からお選びいただきます。

継続しやすいように、短発ではなくお得なコース(回数制)になっています。月額ではないので、期限はありません。

トレーニング時間は、どちらのコースも1回約50分となります。

コース 料金
40回 300,000円
12回 100,000円
5回 50,000円

 
1回目のときに、現金でお支払いください。振り込みをご希望の方には、別途お知らせいたします。

【特典】体験トレーニングを受けていただくと、各コース10000円引きになります。

コース終了後も、継続することができます。

コース 料金
40回 200,000円
12回 70,000円
6回 40,000円
都度払い 10,000円

短期の利用だけでなく、メンテナンスも含めた長期でのご利用を推奨しています。

申し込みはこちらから

    足利市パーソナルトレーニングジムとは 足利市五十部町にある住所非公開の、完全プライベートジム。 余計なものを排除して、トレーニングに集中できる環境を提供しています。 トレーニング未経験者や運動が苦手な方大歓...
    タイトルとURLをコピーしました