膝の痛みを解消しながらダイエットに成功した事例

● 膝の痛みを解消しながらダイエットに成功した事例

小泉智明です。

膝の負担を減らしながら、ダイエットできます。

「自己流で運動して、膝が悪化したら不安・・・。」

そんな悩みを解決した事例を紹介します。

膝の機能改善と、ダイエットをいっしょに行いました。

ロコモティブシンドロームという運動器機能障害が起こると、足腰が弱くなったり膝に痛みが起こります。

あまり聞きなれないかもしれませんが、メタボや生活習慣病と大差なく発生します。

例えば2010年の国民生活基礎調査によると、要介護の原因で転倒・骨折が7.8%で第4位となっています。

年齢とともに回復が遅くなると、そのまま寝たきりになることも少なくありません。

私の個人的な考えですが、問題が起こってから対処するのではなく、問題が起こる前に予防するべきだと思っています。

ロコモティブシンドロームで起こりやすい、変形性膝関節障と診断され運動によって解消した方もいます。

月2回のパーソナルトレーニングですが、階段の登り降りがラクになり歩き方から変わりました。

症状が軽いうちに対処できたのが大きかったです。

膝痛の改善とダイエットに成功したお客様の事例

「じっとしているだけで痛かった膝が、長時間運動しても痛くなくなりました。」

年齢にかかわらず身体は変わります

お客様へのインタビュー記事です。

花井康子様(69才) お名前と年齢の掲載許可をいただいています

花井さまは、変形成膝関節症で歩くとき、階段の登り降りが大変だったそうです。

トレーニング前には、5年間整体や整骨など3人の治療家のもとを転々されたそうです。

思ったように痛みが解消しないため、運動しようとジムに入会されました。

・パーソナルトレーニングを始めようと思ったきっかけは何ですか?

膝の痛みから階段の登り降りや長時間歩くのが大変でした。せっかく運動するなら、ちゃんとした指導を受けたほうがいいと思い、パーソナルトレーニングを開始しました。

・私(小泉)から指導を受けてみていかがですか?

1つ1つのエクササイズが私に合っていてよかったです。

それにしっかりとカリキュラムをつくってくれるので、課題を1つ1つクリアしていくなかで、少しずつよくなっていくのを実感できました。

・トレーニングを始めてどのような変化(効果)を感じますか?

膝の痛みがよくなり階段の登り降りが楽になりました。

またダイエットできて身体のラインが変わりました。

顔周りやシャープになり、鎖骨がくっきりしてお腹も凹みました。

・上記の中でもトレーニングを始めてから、特に変化を感じるところを教えてください。

じっとして何もしてなくても痛かった膝が、いまでは長時間運動しても痛くなくなりました。

整骨院の先生にいい筋肉のつきかたをしていると誉められました。筋肉がついたのは実感しています。体力がついて疲れにくくなりました。家の片付けなんかも楽になりました。

朝起きるときも楽に起きれるなど、日々の生活にもあらわれてます

・これからパーソナルトレーニングを始めようとする方へアドバイスをお願いします。

人それぞれに合わせたカリキュラムをつくってくれるので、運動が苦手でも初歩からやってもらえますよ。

・その他、私の指導内容やトレーニングの感想があれば教えてください

コミュニケーションがとれるし、サッカーの話題で盛り上がるので楽しい。

あといつもほめてくださるのでやってて楽しくなります。

最初は、筋トレだけ教えてくれるのかと思ってました。

トレーナーなのに身体のゆがみをみてくれるのがうれしい。

ゆがみは自分じゃみれないですからね。身体のメンテナンスのために続けていきたいです。

膝の痛みの改善とダイエットできたトレーニング内容

花井康子さま(お名前の掲載許可をいただいています)が、行ったトレーニング内容を公開させていただきます。

整体や整骨院など治療院に通われていたとのことでした。

患部は被害者であると言いますが、膝の痛みが膝だけにあるのではありません。

治療家の方は、患部以外をみることはほとんどありませんので、全体をみてみることにしました。

患部は被害者である、では加害者はだれか?

まず注目したのが膝のとなりにある股関節と足関節。

たくさんの筋肉や関節があるので、アンバランスやゆがみが起こりやすいのです。

  • 外販拇趾からくる足指の機能低下
  • 足関節のゆがみ
  • 膝関節のねじれ
  • お尻の筋肉の弱化
  • それにともなう腿の外側の過緊張
  • 膝まわりの筋肉のアンバランス

この6点をポイントにあげました。

痛みのない動きを増やしていく

最初は膝の曲げ伸ばしにも痛みを伴いましたので、足指を動かす簡単なエクササイズから始めました。

簡単なエクササイズだから、効果がないわけではありません。

カリキュラムとしては、痛みを伴わずにできるものを1つか2つに絞って徹底的に行うというものでした。

この時点では、足指エクササイズとテニスボールを使ったストレッチでした。

トレーニング開始から1か月後

1ヶ月くらいすると、足指が動くようになりました。

それまで縮こまっていた足指が伸びるようにもなりました。

このときから少しずつ膝の痛みがやわらいできました。

このころから膝の曲げ伸ばしができる範囲で、マシンを使った筋トレも開始しました。

内側広筋の筋トレをメインに行いました。

膝周りの筋肉を鍛える内側広筋の筋トレ
● 膝周りの筋肉を鍛える内側広筋の筋トレ 小泉智明です。 内側広筋は、大腿四頭筋の1つ。 3つの広筋と直筋を合わせて、4つ筋肉で構成されています。 内側広筋だけをトレーニングする大きな理由が、他の3つの筋肉と機能が異なるからです。 内側広筋...

重さも1番軽い重さでしたが、かなりの神経を使いました。

トレーニング開始から3か月後

ペースとしては無理なく続けたいということで、月2回のペースでしたが3ヶ月ほどで痛みは解消されたそうです。

階段の登り降りが楽になったこと、膝をかばわなくても歩けること、長時間歩いても膝に痛みが出ないところまで回復しました。

トレーニングだけでなく身体のゆがみをみてくれ、カリキュラムを組み自分に合ったプログラムを提供してくれるのがお気に入りの理由だそうです。

足利市パーソナルトレーニングジム小泉智明(こいずみともあき)

栃木県足利市大前町765-1 シーラズハイツ203
営業時間:10:00~18:00(水曜定休)
TEL:08053736391
MAIL:ikaomot-imuziok@hotmail.co.jp

メニュー
料金表
お客様の声
問い合わせ
申し込み
完全予約制