【初心者向け】カンタンにできる広背筋のストレッチ4選

小泉智明です。

広背筋は強すぎたり緊張すると、背骨の動きが反ったまま固まりやすくなります。

背骨はS字を保つことで、身体への衝撃を吸収しています。

反り腰姿勢になるとうまく衝撃吸収できず、筋肉で吸収してしまうなど、他の部位が代償してしまいます。

背骨で吸収できれば、身体の緊張を軽減できます。

その第1歩として、広背筋のストレッチをしていきましょう。

広背筋の硬さをチェック

仰向け(上向き)に寝て、腕をバンザイをします。

  1. 床に手が届かない
  2. 耳と腕の距離が離れてる
  3. 腰や背中にハリを感じる

あくまで目安ですが、どれか1つでも当てはまったら、広背筋が固いと判断できます。

広背筋のストレッチ4選

腕と骨盤を引っ張り合いっこをすると、広背筋はストレッチを感じやすくなります。

まず1つ目。

背中のストレッチ

カベに手を固定します。

お尻をカベから遠ざけるようにすると、広背筋がストレッチされます。

2つめ。

広背筋のストレッチ

伸ばした右手のてのひらを、左手で固定します。

右手から右のお尻を遠ざけるようにすると、背中の右側が伸びます。

わかりづらい場合は、動画でご確認ください。

3つめ。

次にハムストリングス(太ももの裏側)と一緒に。

足の小指側に、腕を内側にして手の指をひっかけます。

胸と太ももが離れないようにしながら、少しずつ膝を伸ばします。

4つめ。

他の記事でも紹介してますが、反り腰改善にとても重要なので、ここでも記載します。

腕を外に開くときに、腰が反りやすくなります。

骨盤を後傾して、腰が床から離れないようにすると、広背筋が緩みやすくなります。

呼吸が浅いと広背筋が代償して、息を吸うたびに過緊張を起こします。

これができると日常から、広背筋が固くなるのを防ぐことができます。

まとめ

広背筋が緩むと反り腰改善だけでなく、背中の痛みやハリ、腰痛改善にも効果的です。

すべてのストレッチに共通してますが、スムーズな呼吸ができるように伸ばしましょう。

呼吸が止まってしまうと逆効果になるので、気持ちよく伸ばすとよく伸びますよ。

反り腰が気になる方は、広背筋以外もストレッチすると、改善しやすくなりますよ。

反り腰改善パーソナルトレーニング【呼吸・ストレッチ・筋トレ】
● 反り腰改善パーソナルトレーニング!呼吸・ストレッチ・筋トレメニュー 小泉智明です。 筋肉のアンバランスが原因でなった、反り腰をする方法を紹介します。 筋肉には主働筋と拮抗筋と言う、関節を挟んだ表と裏の関係があります。 筋肉のバランスが崩...
足利市パーソナルトレーニングジム小泉智明(こいずみともあき)

栃木県足利市大前町765-1 シーラズハイツ203
営業時間:10:00~18:00(水曜定休)
TEL:08053736391

メニュー料金表
メルマガ
アクセス
お客様の声
申し込みフォーム
完全予約制