股関節の前側のつまり痛みを解消するストレッチ

ストレッチ

股関節の前側が痛い原因は、股関節の位置が前にズレてることにあります。

正しく動かず、骨同士がぶつかってしまう。

股関節が前にズレる原因として、姿勢の悪さが挙げられます。

腸腰筋のストレッチで改善しない場合、別のアプローチが必要になります。

木を見て森も見る。

治療院だと、時間を取って森まで見てもらえない。

パーソナルトレーニングなら時間を取れるので、全体をみていくことができます。

この記事では、股関節の前側の痛みを取る方法を紹介していきます。

股関節の前側が痛い原因

股関節に問題があれば、治療院で治るはず。

もし回復が遅れているなら、他の原因を探っていきます。

ライフスタイルと股関節の痛み

椅子に座ってる時間が長いと、股関節の前が硬くなります。

カラダは椅子に座るような構造をしてないので、身体に負担がかかるのです。

立ち上がったり歩くだけでもいいので、まずはライフスタイルから見直しましょう。

姿勢と股関節の痛み

股関節や骨盤の位置を確認してます。

車に例えると、問題が部品か運転の仕方かを確認するためです。

股関節を正しいポジションへ

治療ではないので痛みを取ることが目的ではなく、部品や運転技術の修正を行います。

股関節を正しいポジションへ戻し、痛みのない動きをトレーニングする。

原因として多いのが、反り腰姿勢。

骨盤が前方へ傾いて、股関節の動きを悪くしている。

骨盤の傾きを正して、痛みに変化が出るかをみていきます。

股関節の前側のストレッチ

腰痛改善でも紹介した、多裂筋のストレッチです。

骨盤を後傾させる効果もあります。

ストレッチ後に痛みが軽減したら、骨盤のエクササイズを行います。

股関節が良くなったお客様の声

「変形性股関節症と診断され、階段に上るのがきつかったのが、トレーニング後に歩くのがラクです」

「トレーニングを始めてから、ダンスの時に気になってた、股関節や膝や足首の痛みが気にならなくなりました。」

まとめ

木も見て森も見る。

股関節だけ見て痛みが改善しないなら、全体をみて原因を探す。

時間がかかるアプローチなので、治療院だと難しいかもしれません。

パーソナルは時間をかけてマンツーマン指導できるのが強みなので、自分の身体を見直したい方に向いています。

悩んでいるなら、ぜひご相談ください。

股関節の痛みを解消できたシンボックスストレッチ
股関節が前方に押し出されて、そけい部につまりや痛みが出ます。 後ろ側が固いと、股関節が前に押し出されてしまう。 動きに制限が出るので、骨と骨がぶつかってつまりや痛みの原因に。 股関節の後ろを伸ばす、シンボックスストレッチを紹介します。 写真...