ウェストの右側だけくびれを整える4つのトレーニング

人のカラダは左右対称ではありません。

そのため、みためにも左右差ができてしまいます。

特にくびれやウェスト周りに。

右側の方がくびれやすい。

理由は2つ。

1;内臓の配置
2:呼吸

まず1つめの理由は、内臓の配置が左右で違うから。

肝臓を始め、重たい臓器は右側に集中しています。

腎臓や肺など、左右にある臓器も右側の方が大きい。

2つめは呼吸。

また呼吸筋である横隔膜は、右側の方が左側より3.5倍厚い。

呼吸も左右で差が出やすい。

なので腹筋トレ前に、左右差を整えるエクササイズをしてます。

少しずつでも、くびれの左右差を整えよう。

と言うことで、この記事では、右側くびれの改善トレーニングを書いてきます。

ウェスト右側だけくびれ4つ理由

右側だけくびれ

右側だけくびれやすいのは、4つの左右差に理由があります。

・呼吸
・肋骨
・内臓
・腹筋

では、1つずつ改善トレーニングを見ていきましょう。

呼吸は右側がやりやすい

呼吸筋でもある、肋骨周りにある横隔膜。

右側の方が左側より、3.5倍厚い。

なので、呼吸するときも右側の方が動きやすいのです。

そのため、左右で異なる呼吸法を行っています。

肋骨の左側は開きやすい

肋骨周りは、左右非対称が顕著です。

写真のように触ってみると、左側の方が形がくっきりわかる。

これは、肋骨は左側の方が前方に出ているから。

左側の肋骨は、開いたまま固まっている。

そのため、呼吸で肋骨の左右差を改善します。

内臓は右側が重い

肋骨の右側には、肝臓があります。

肝臓は女性でも1.2キロある、大きな臓器。

対する左側の肋骨には、何もありません。

胃の位置は肋骨の少し上にありますから。

肝臓に対応する臓器は脾臓ですが、200グラムしかありません。

また、左右ある臓器も対象ではありません。

例えば肺。

右側には3つ部屋がありますが、左側には2つしか部屋がありません。

腹筋も右側が強い

筋肉は左右対称ですが、いざ働くとなると左右非対称に働くのです。

くびれを作る筋肉も、左右非対称に働きます。

そのため、カラダの中でくびれは最も左右差が出やすい。

ブログタイトルを「ダイエットとゆがみ解消」としているのは、こうしたカラダがもともと持っている非対称性を整えないと、ダイエットやボディメイクが難しいからなのです。

ウェスト右側だけくびれの矯正方法

右側だけくびれ

左右非対称なのであれば、負荷をかけることでよりゆがみが増えてしまうでしょう。

だからこそ、右側と左側を矯正してからトレーニングをします。

例えば、呼吸⇒腹筋みたいな感じです。

ほかにも、左右差を矯正するコンディショニングトレーニングも行いましょう。

それから腹筋のトレーニング。

ウェスト右側だけくびれの解消ストレッチ

バランスボールの上でダンベル持ってバンザイします。

そのまま身体を左右にねじります。

ダンベルを振って、肋骨を左右交互にストレッチ。

ボールの丸みをうまく利用します。

ダンベルは遠くへ。

少しずつねじりを大きめにしていきます。

ボールに身体を預けるように。

慣れてきたら左右差を感じながら。

今度はダンベルを顔の上に戻します。

対角線上にやると左右の肋骨にアプローチできます。

息を吸いながらバンザイ。

吐きながら下ろすを繰り返します。

やりづらい方を重点的に行いましょう。

左右差が少しでも埋まればOK。

ウェスト右側だけくびれの解消トレーニング

ウェスト右側だけくびれの解消トレーニングを2つ紹介します。

1つめがサイドベント。

ポイントは2つ。

・肘と膝を可能な限り近づけること。
・特に上半身をねじること。

腕と脚が5:5で動くこと。

脚の方が上げやすいのですが、腕を頑張るとくびれに効きやすいです。

2つめ。

1つめのトレーニングの応用ですが、カラダを捻りながら移動します。

左右差があるとまっすぐ進めないので、自分のカラダを知ることにもつながります。

くびれづくりに効果的なサプリは!?

くびれをつくるなら、まずはトレーニング。

サプリを飲んでも、骨格は変わりませんからね。

くびれは腹筋の中でも、腹斜筋をトレーニングすること。

普段あまり使わないので、弱い人が多いからです。

サプリはあくまでも、トレーニングをサポートするためもの。

飲んだからくびれができるサプリは、今までに見たことがありません。

なので、サプリに頼るよりも、まずはトレーニングをしましょう。

まとめ

右側だけくびれ

カラダは左右非対称です。

このことを念頭に入れて、コンディショニングをしましょう。

トレーニング前に整えること。

バランスよく筋肉をつけるなら、ゆがみ解消のコンディショニングアプローチも必要ですよ。

The following two tabs change content below.
国際ライセンスを持つパーソナルトレーナー。栃木県足利市で小泉ジを運営。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。体軸確保をコンセプトに、19キロのダイエット指導・腰痛や膝痛の改善・その他カラダの不調を整えた実績があります。東京のパーソナルジムに就職⇒独立⇒挫折⇒再就職⇒フリーランス。専門であるダイエット・筋トレ・ストレッチについて発信してます。 ⇒プロフィールはこちら