お気に入りの洋服を着こなすみためを引き締めるダイエット

足利市のパーソナルトレーナー小泉智明です。

ダイエットできると、着る洋服の幅が増えます。

他の人と服がかぶらないので、自分なりのおしゃれを楽しむことができます。

身体が引き締まると、着られなくなった洋服をまた着ることができる。

あなたのお気に入りの洋服は、どういう服ですか?

その服を最近着ましたか?

もし、タンスの奥に眠っているのであれば、それをまた復活させられる。

洋服を替えるのではなく、自分の身体を変える。

この記事では、着たい洋服が似合う身体づくりをご紹介します。

身体を引き締める3つのコンディショニング

整えてから筋トレする。

筋トレが身体を引き締めるものなら、コンディショニングが身体を整えるもの。

そのために、3つのコンディショニングが必要です。

・ゆがみ
・姿勢
・動作

この3つが整うと、バランスよく筋肉がつきます。

ゆがみを解消して洋服が似合う体型に

スキニーデニムを、ウェストで合わせると太ももが入らない。

私はサッカーをやっていて、太ももの筋肉だけが発達していました。

リーバイスって細身なんですが、せっかく買ったのに脚が入らないのです。

逆に脚に合わせると、今度はウェストが緩すぎてベルトで止めておけない。

今はスキニーでも、どこもひっかかることなくするっと入ります。

どんなことをしたのか、ご紹介しますね。

姿勢を整えてバランスよく筋肉をつける

ゆがみを解消すると、筋肉をバランスよくつけることができます。

サッカーに限らず、スポーツは偏った動作の繰り返し。

特定の動作を強化するため、筋肉の付き方も偏ります。

それにプラスして、私は猫背姿勢なのも影響していました。

筋肉がつきやすい部位、筋肉が固まりやすい部位と出てきます。

それによって、身体の形が決まってくる。

まずはそれを解消することから始めました。

一時期筋トレをやらずに、コンディショニングをひたすらやってた時期もあります。

動作を整え引き締める

人は動くことを前提としています。

何かしら原因が見つかる。

もちろん、遺伝的な要素もあります。

ただどちらかと言えば、後天的な要素の方が大きい。

要するに、改善ができると言うこと。

そのため、毎回ゆがみや動作のバランスをチェックしています。

必要なストレッチや、トレーニングが人による。

私が個人指導に特化しているのは、それが理由でもあります。

コンディショニングで見た目を変える

17キロのダイエットをした方です。

見た目も引き締まっています。

体脂肪を減らし、ゆがみを解消する。

そこから、体重を減らしていく方が、理想の体型に近づきやすい。

女性の方がゆがみやすい傾向にあります。

骨盤の影響を受けやすいから。

だから、筋トレとゆがみ解消を組み合わせるのです。

体脂肪率を減らすダイエット<

体重だけでなく、体脂肪率も減らす。

見た目が引き締まりますからね。

体重だけを減らしても、今の体型が一回り小さくなるだけです。

体脂肪を減らすと、最初は体重は落ちません。

体重の増減は、ほとんど筋肉と脂肪で決まります。

ポイントは脂肪の割合を減らし、筋肉が減らないようにすること。

1キロ脂肪が減った分、1キロ筋肉を増やす。

体重はプラスマイナス0でも、体脂肪率は減るので引き締まる。

家庭用の体脂肪計は正確に計測できないので、できれば洋服を着て確認してみましょう。

ダイレクトに、身体の変化がわかりますよ。

2ヶ月で6キロ痩せることができました。

腰痛を解消しながら3キロのダイエット<

ダイエットしたいけど、ヘルニア手術後で運動が不安という方の事例です。

腰に負担をかけないように、トレーニングを進めました。

ポイントは「腰が痛い動き」を減らすこと。

動きの幅が広がれば、できる運動も増えますからね。

初期の段階では、いくつかエクササイズを抜粋して徹底的にやりました。

パーソナルトレーニングって、きつい運動をガツガツするイメージがあるみたいですね。

効果を出すためには、負荷をかけます。

その前にやるべきことがある。

ポイントは、負荷に耐えられる状態にすること。

崩れて不安定な場所に、負荷がかかれば壊れてしまう。

だから、まずは整えること。

土台をしっかりさせるんですね。

1ヶ月で3キロ痩せることができました。

どれくらいで効果が出るか?

個人差があります。

身もふたもないですが・・。

・現時点での状態がどうか?
・改善にどれくらいの頻度できるか?

そこに、ライフスタイルや性格なども関わってくると、一概にどれくらいってのは言えないのです。

期待を持たせて、適当なことを言いたくありませんからね。

以前は、期間でコースを区切ってました。

最近は、回数で区切ってます。

「2ヶ月で5キロ痩せる」

これが基本線ですが、「すべてが計画通りに行けば」と言うのが前提です。

それより効果が出る人もいれば、そうではない人もいる。

結果がなかなか出なくても、課題を淡々と継続できる人が目標を達成できます。

まとめ

整えるとトレーニングは、身体を引き締める両翼。

どちらが欠けても、目的を達成しづらくなる。

バランスよく筋肉をつけるには、整った土台が必要です。

見た目を変えるなら、体重以外の部分も変えていきましょう。