部分痩せはできる!筋肉のバランス整えて下半身痩せした3つの方法

足利市のパーソナルトレーナー小泉です。

部分痩せは可能か?

そもそもこの問いは間違っていて、

「なぜ部分的に太ってるのか?」

がスタートになります。

私も以前は、下半身が筋肉太りしてました。

デニムをウェストで合わせると太ももがきつい。

太ももに合わせるとウェストがユルユルな体型でした。

部分痩せ

筋トレにコンディショニングを取り入れ、筋肉のバランスを整えたらスキニーも履けるようになりました。

そんな自分の体験を交えながら、部分痩せできる方法について話していきます。

部分痩せできた3つのポイント

部分痩せするのは、筋肉のバランスを整えること。

ポイントは3つ。

・姿勢
・足首
・股関節

順に見ていきましょう。

猫背姿勢を整える

姿勢がよくなると、筋肉のバランスが整います。

私は猫背姿勢です。

サッカーをやっていたことや、近眼でモノを近くで見るクセがあったからです。

姿勢がよくなると、筋肉のバランスが整います。

やったエクササイズがコレ。

部分痩せ

1:うつぶせに寝る
2:腕をYに開く
3:上体と足を起こす
4:30秒キープ

背筋というより、背面すべてを鍛えることができます。

足首を整える

足首がゆがんでいる人って意外と多いんですよね。

まずはこのストレッチで、可動域を増やします。

もちろん、これだけでは不十分。

次にやるのがこちら。

部分痩せ

ミニボールを踏むエクササイズ。

足首の安定性を高めます。

と言うのも、私は右足首にねんざ癖があるからです。

左足に比べて弱いんですね。

2つのエクササイズで、可動域・安定性を整えていきます。

股関節を整える

筋トレ女性

スクワットをするときに、しっかりとしゃがめるか?

以前は、股関節が動かなくて、途中までしかしゃがめませんでした。

行ったのが、キャット&ドッグというエクササイズ。

ヨガやピラティスだと、キャット&カウとも言いますね。

それがこちら。

バランスボールを使ってもできます。

ボールの転がりを利用してできるので、こちらの方がやりやすいです。

部分痩せはできる

過去に自分ができたので断言できます。

そもそもが、下半身太りしてたのです。

スポーツは偏った動作の繰り返し。

筋肉の付き方にも、偏りが出ます。

辞めても偏った動作のクセはリセットされません。

正しく動かせるようになるには、整えるコンディショニングエクササイズが必要です。

特定のスポーツをやっていなくても、体型は崩れやすくなります。

姿勢・足首・股関節のいずれかに問題があれば。

部分痩せできたマイメニュー

私が下半身痩せして、部分痩せした方法を紹介します。

猫背姿勢を改善

まずは、猫背姿勢を整えました。

正しい筋トレフォームが取れないので、必ず指摘されたからです。

単純に背筋を鍛えればいいわけではありませんでした。

肩甲骨や背骨など、可動域を増やすことから始めました。

足首を改善

次に指摘されたのがスクワットフォーム。

正しいフォームでできず、原因が足首でした。

ねんざ癖があって、動きに制限があったのです。

ストレッチだけでは不十分で、かなりたくさんのエクササイズを行いました。

股関節を改善

カラダが硬かったで、股関節が動くようにしました。

目安として、前屈でつま先が触れればOK。

これは、単純にストレッチで改善しました。

スキニーも古着も履けるように

中学の頃から、リーバイスのデニムが好きでした。

1つ問題があって、細身なんですよね。

ウェストで合わせると、太ももがきつくて履けない。

太ももで合わせると、ベルトを締めてもズボンがずり落ちてくる。

好きなのに履けない。

と言うのが悩みだったのです。

整えて鍛える。

これを繰り返したことで、細身のパンツを履けるようになりました。

仕事柄ジャージでいることが多いので、私服を着ることはほとんどありませんけどね(笑)

まとめ

下半身の部分痩せのポイントは3つ。

・姿勢
・足首
・股関節

筋肉のバランスを整えること。

それから筋トレすると、バランスよく筋肉がつきます。

それを繰り返すと、体型が変わる。

筋トレだけでなく、身体を整えるコンディショニングを取り入れましょう。