17キロの産後ダイエットに成功した体験談

産後ダイエットでは、3人のママさんが17キロダイエットされた方がいます。

まずは、こちらのツイートから。

産後ダイエットって普通分娩だったか、帝王切開だったかでトレーニング内容が変わってくる。

共通して言えるのは、腹直筋が離解して緩んでしまっていること。

改善エクササイズとして、クランチに注目してます。

男性がやると逆効果になる場合もありますが、女性には効果的な筋トレだなと改めて思う。

妊娠出産を経験すると、腹筋が緩みます。

これが後に、産後の体型の変化につながります。

理想を言うと、出産後すぐに運動できるといいのです。

ドローインのようなエクササイズなど。

ただほとんどのママは、自分のことより子供優先ですからね。

なかなか理想通りには行かない。

そこで、産後ダイエットに必要な腹筋運動について書いていきます。

  • 足利市でパーソナルトレーナーを探す方へ
  • ダイエットのビフォーアフター

    17キロビフォーアフター

    スカートぶかぶか

    17キロのダイエット体験談

    ・パーソナルトレーニングを始めて、どのような効果(変化)を感じますか?

    先生からの指導を受けて1年は経過しましたが体重、体脂肪の減少、身体の引き締まりを感じています。

    体重については69kg→52kgに、体脂肪は13%ダイエットしました。

    ・上記の中でもパーソナルトレーニングを始めてから、1番変化した点を教えてください。

    1番の変化は自身の身体に興味を持つようになった事です。

    たいして気にしていなかった体重や体脂肪、身体のラインなど変化が出てくると痩せる事や運動を、楽しく感じるようになりました。

    自分でもトレーニングや食事について積極的に調べ、自分の理想とする身体について考え行動するようになりました。

    今は下半身と腹筋を引き締める事に夢中です(笑)

    ・その他、私(小泉)に関する感想があれば教えてください。

    パーソナルトレーニングを始める前は短期で体重を落とす事を夢見ていました(笑)が、楽して痩せる方法など存在しないのです(笑)

    先生からの指導は週に1回ほどですが、そのパーソナルトレーニングの日が頑張ろうという気持ちを高めてくれる日でもあります。

    自宅でも出来るトレーニングばかりですし、自分に合ったトレーニングを組んでいただけます。

    かといって押し付けるような事はせず、私がやる気になるまで温かく見守ってくださり、必要なアドバイスや提案はして下さいます。

    産後ダイエットに必要な腹筋運動

    ポイントは、腹筋に効かせること。

    効かせるために段階を追うこと。

    回数や種目よりも、ちゃんと腹筋に刺激をあたえることが最優先になります。

    その人の状態によりますが、まずは小さな動きのエクササイズから始めると良いです。

    下腹部を意識する骨盤エクササイズ

    例えば、肋骨と骨盤を近づけるエクササイズ。

    下腹部って組織が柔らかいので、骨盤が動きにくいです。

    最初は仰向けで、骨盤だけ動かしても良いですね。

    肋骨を締める腹筋運動

    産後ダイエットの最初は、カンタンなエクササイズをたくさんやりましょう。

    こちらは、1種目1分ほど。

    引き締めるための腹筋運動

    最初は効いている感じがしてこないので、数多くやりましょう。

    腹筋運動の3つのポイント

    腹筋運動3つのポイント

    クランチと呼ばれる腹筋運動です。

    最初からできれば、これをやってもOK。

    ポイントが3つあります。

    1:上体を起こしすぎない
    2:内ももに力を入れる
    3:腕を伸ばす

    順番に解説していきます。

    上体を起こしすぎない

    写真のように肩が浮くぐらいで、十分腹筋に力は入ります。

    このときに、息を吐くこと。

    首が痛くなる場合は、腹筋が使えてない証拠です。

    何度やっても難しい場合は、先に紹介した予備エクササイズから始めましょう。

    内ももに力を入れる

    内ももにソフトギムと言う、ミニボールを挟んでいます。

    クッションとかでもOK。

    内ももと骨盤底筋を引き締めることができます。

    骨盤底筋を締めると、ぽっこりお腹の解消になります。

    内臓の位置が上がり、尿漏れの予防にもなる。

    1番は腹筋に力が入りやすくなるメリットがあります。

    腕を伸ばす

    腕を伸ばすと、肋骨が引き締まりやすくなります。

    女性は骨格的に、肋骨が開きやすいので意識したいポイントですね。

    1:上体を起こしすぎない
    2:内ももに力を入れる
    3:腕を伸ばす

    以上3点を意識することで、より引き締め効果の高い腹筋運動になりますよ^^

    まとめ

    産後ダイエットは、普通分娩か帝王切開かでメニューが変わります。

    産婦人科の先生曰く、産後は体型が戻りやすいので、出産後なるべく早くケアを始めて欲しいそうです。

    1年以上経過すると、元に戻すのが難しくなる。

    わかってはいても、環境的にできないことが多いなと感じます。

    私のところにいらっしゃる方は、ほとんどがこのケース。

    そこでカラダのつながりを意識したコンディショニングを取り入れて、腹筋に効かせられるよう心がけています。

    初回体験パーソナルトレーニングのご案内

    The following two tabs change content below.
    栃木県足利市五十部町でパーソナルジムをやってます。トレーナー歴14年で、指導人数は1000人以上。19キロのダイエット指導など、10キロ以上のダイエット指導多数。他にも腰痛や膝痛の改善につながるトレーニング指導実績があります。自身も17キロのダイエットや腰痛を改善した経験があります。体脂肪率は10%を12年維持。 ⇒プロフィールはこちら